横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

赤ペン先生みたい

 
赤ペン先生みたい
この記事を書いている人 - WRITER -

昔、そのむか〜しは。。
私の方が学校の先生にたくさんの赤ペンを頂いている立場だったんですけどね・・・
こういった仕事をしていると、結構書類上のチェックをする事が多いんです。
構造面や設備機器も入念にチェックはしておりますが、やっぱりプレカット(構造の組み方)などは結構気になる所でもあるんですね。。
ある意味、中尾建築工房のオーナー様の中では『中尾建築工房の家はやっぱりごん太だな!』って言われる方もいらっしゃる位、構造の組み方や材質にはこだわりがあります。
そうすると、工場で加工に入る前にいろんな角度を見ながらチェックを入れます。
柱の位置や壁の仕上がりは納まる様になっているかな・・とか。
梁の材成は正しく配置されて、大きさにも組み方にも問題は無いかな・・とか。


やっぱりこのあたりは元大工なので、中尾建築工房の場合は設計が終わった段階で私か高橋がプレカットのチェックを行っています。
CA3F0118.jpg
そうするとたいていの場合、初回はこんな感じで赤ペン先生になってしまうんです。。。
これもダメ〜
あれもダメ〜
こうしなきゃダメ〜みたいな(笑)
ん〜工場泣かせではあるものの、やっぱり上棟の時に感動するような躯体でないといけませんし、後で手違いがってもいけません。
なので必ずこういった作業は行う様にしている訳ですね。
でないととんでもない事になっちゃいますからね。。。
さてと一軒のお宅は終わったから、次のお宅の図面チェックやるか〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です