横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市|ごろりうたた寝ハウスが取材を受けました!

 
横浜市|ごろりうたた寝ハウスが取材を受けました!
この記事を書いている人 - WRITER -

今日も一日、暑かったですね〜
今日は打ち合わせもそこそこに、ごろりうたた寝ハウスの取材に同席をしておりました!
かれこれお引き渡しを終えてから、半年程でしょうかねぇ。。
大きな吹き抜けのある、明るいリビングが印象的なお宅です!
そして中尾建築工房ではお約束のような、無垢材と珪藻土で仕上げた家でもありますので、空気がとてもいい感じのお宅ですね☆
そんな取材風景はと言うと。。


IMG_6719.jpg
普段とま〜ったく変わらない感じ(笑)で、お二人がお話をしています!
ま〜、でもこだわった家なんですね、このうたた寝ハウスは。
吹き抜けの向こうには、国産の唐松無垢材が張りつめられた天井や、今はもう見えなくなってしまった青森ひばだったり、キッチンのカウンターには栗の無垢材をチョイスしてみたり、座卓には杉の4面無節の無垢材が使われていたりで・・・
まぁ、なんとも無垢材がいっぱいなお宅な訳です!
IMG_6729.jpg
階段廻りもぜ〜んぶ無垢材で造った唐松の階段です。
こうした取材の時に、私の中で最近はやっている事があります。
実はこの取材時ってけっこう暇なんですね。
やる事無いし、ただそこに居て、聞かれた事に答える程度なので、居なくてもいいんじゃないかと思う事も多々あります・・・
でもせっかく来ている訳なので、何かをしていた方が気がまぎれます。
と言う事で間を持て余している私は包丁研ぎなどをしております(笑)
やっぱ元大工だもんね〜
研ぎモノとか削りモノやらせたら、相当やる事やる訳なんです!!
現場は退きましたが、この手の作業をやらせたら結構自信あります(笑)
現役の時なんかは正月休みの時は毎日研ぎ物していたくらいですからね。
ノミとかちょっとでも切れないと、我慢出来ないタイプだったもので。。

そんな訳でごろりうたた寝ハウスの取材&撮影時は、ほぼ半分くらいの時間で包丁研ぎなどをしてました!
今回、撮影されたごろりうたた寝ハウスは次号の神奈川の注文住宅に掲載されるそうです!
ん〜でも発売日聞いたけど、忘れちゃった・・・
IMG_6732.jpg
光触媒を施された外壁材と一風変わったガルバリウムの屋根が、ごろりうたた寝ハウスのポイントでもありますね〜☆
オーナーのMさん、今日は朝からの取材お疲れさまでした〜
発売される日が今から楽しみですね!!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です