横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市の新築注文住宅打ち合わせ|てきよろ?!

 
逗子市の新築注文住宅打ち合わせ|てきよろ?!
この記事を書いている人 - WRITER -

こういう所で私はかなり後悔をしたりする事になります。
なんで若い時に『もう少し勉強をする方向に行けなかったのか・・・』
実は中尾建築工房のスタッフは、みんな結構な学歴を持っています。
専門的な大学卒なスタッフも居れば、かなり高名な海外の大学院卒のスタッフも居るし、某経済学部(?)のスタッフも居るくらいです。
だからぶっちゃけると、私自身の学歴を言うのが、恥ずかしくなる時があるんですね。。
でも基本的には隠すの嫌いなので、正直に言います。
私は高校までは行きました。
場所的には、roseyさんが建てた近くにあった県立高校に行きました。
でもなんと言うか、校長先生との考え方の違いからか、私は学校に行けなくなってしまったのです。。



いわゆる高校中退らしいです・・・

まぁそれはそれでおいておいて(笑)
後は想像に御任せいたします。
だからと言う訳では無いのですが、たまーに仕事をしている上で、分からない読み方の文言とかがあったりするんですね。。
でもそれは事務所の中で、普通に会話されたりします。
ただ、立場的に一応社長なので、知ったかぶりしたりもします(笑)

ところが!

tekiyoro.jpg
ここの文言に『適宜』という文字があります。
私的には断熱の後にこの文字が有りましたので『これは。。。私の知らない断熱材の名前なのか。。そんな新型の断熱材が出たのを知らなかった・・・』と思ったのです。。
しかもこういった時に、学歴の無さからでる『やっべぇ〜、これは誰に聞けばいいんだ?!』と言う事になります。
これ、書いたのは設計の武藤です。
なんだよ『適宜』って。。。
私一人で一時間ほど考えても。。
『グラスウールじゃないし、ロックウールでも無い様なぁ。。セルロース?!いやいや、て言うか聞いた事もない言葉なんだけど。。』と思いつつ、それなりの立場である訳で中々聞く事も出来ないんですね。
『これはてきよろって読むのか?!でも聞いた事も無いし。。』
でもどんだけ考えても、分からないものは分かりません。
なのであまりにも分かんなかったので、武藤に聞きました。
そしたら。。

『なんだ〜、。むずかしい言葉使うなよ〜!!』

って感じでした(笑)
様はよきに計らえって事らしいです。
大工の修業時代は、自分なりに一生懸命やって来たつもりでした。
でもこんな所で言葉の壁に。。
しかも40歳になってから、言葉の壁にぶつかるとは思ってもいませんでした。。。
と言う事で!
スタッフのみなさん、出来れば私になにか伝える時には『中学校2年生レベルまで設定を落として頂けると、ひじょーに助かります!』
はぁー、家の事だけは分かるんだけどなぁ。。
もうちょっと勉強しておけば良かったかなぁ。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. もりたけ より:

    なはははははは(笑)
    分からんモンは聞くしかありませんな。
    工房サマ、したら誕生日には漢字ドリルをお贈りしまっせ!!!!
    オイラも勉強はさっぱりでしたが(…まぁ、今でも)
    漢字だけは得意でしたよ~ん♪
    『夜露死苦』見たいな!?!?(爆)
    良いお盆休みを~!!!!

  2. 中尾建築工房 より:

    もりたけさん☆
    ですよね。。
    もう笑うしかありませんって。。
    私もそっち系の漢字だったら人並み以上に知っているかもしれません!
    昔、馬堀海岸の防波堤には、良くお世話になったもんねぇ。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です