横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市港南区港南台|解体終了確認・地縄張り!

 
横浜市港南区港南台|解体終了確認・地縄張り!
この記事を書いている人 - WRITER -

あっ、いたたたた・・・
腿の辺りとふくらはぎの辺りが非常に重たい・・・
別に親父だからって事ではありませんし、無理をしたって事では無いですからね(笑)
実は昨日、横浜市は港南区港南台にて、解体作業をしていて、予定通りに解体を終えたお宅の地縄を張りました。
『地縄ってなに?』
と言われる方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明しますとね。。
様は家の建つ位置を白いロープ的なモノで表す事を指すんです。
たいていのお宅の場合、地縄を張った段階では小さく感じます。
そして基礎工事の時も小さく感じ、上棟する時点で大きく感じます。
そして工事が進むに連れて、リアルサイズになるという傾向が強いんですね。
その基礎工事の前に、家の大きさを張り出す事で、配置の確認をしたり、土地の大きさが登記簿上よりも大きくなっていたり、小さくなっていたりを測ったりします。


では、そんな作業をした後に、なぜ筋肉痛になっているのかって事ですが・・・
雨と雪の影響で、掘り起こした土が柔らかくなっていて、一歩間違えると30センチ以上も足が埋まってしまいます・・
そこから足を抜け出すのが大変なんですよねぇ・・
『泥沼ですか?!』と聞きたくなるくらい、足が何度も埋まってしまいました・・・

でも、そこはやはり元大工です。
その場では、土の圧力にも負けず、ハマっても力技で足を土から抜き出しました!
でもその結果が、本日夕方くらいからの筋肉痛・・
ちょっと微妙な痛みではありますけど、昨日は2時間程度で敷地の実測と地縄張りを終える事が出来ました!
yokohamashi-kounanku-kounandai-zinawa.jpg
もう言い飽きた感の多い、土地のサイズと建物サイズではありますが、やっぱりでっかい家なんですよねぇ・・
目一杯引いて撮影しているにも関わらず、土地も建物も画像の中に収まりきりません。。
しかも、なぜか二重に地縄を張っている訳とは。。
ここで言ったら、つまらないので当然言いませんが(笑)

そして地縄張りも地盤調査も終えていますので、後は調査の結果を待つばかり!
明日かな〜
それとも月曜日かな〜

取り急ぎ調査結果が出たら、速攻でお電話させて頂きますねー☆
それにしてもどんどん筋肉痛が激しくなって来ました・・
今日はパテックスを6枚程度貼って、早めに就寝したいと思います・・

あっ、いたたたた・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です