横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市津久井浜|地鎮祭☆

 
横須賀市津久井浜|地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2012年10月19日の建築吉日に横須賀市は津久井浜にて地鎮祭を執り行いました!
yokosuka-tukuihama-jichinsai-a.jpg
地鎮祭と言えば、神様に天から降りて来て頂く行事でもありますので、私たちも朝から準備に余念がありません。
不備があったら、それこそ神様に失礼ですからね。
そして今日も恒例の如く、神主様と一緒に地鎮祭の準備をしておりました。
そして神主様の着替えも終わり、残るは主役であるオーナー様だけを待っていたのです。
その待ち時間で更新したのがこちらのフェイスブック記事なんです。
かなり風吹いてるなー、これは沖に出て行ったら結構シケてるっぽいなーなんて事を考えていたり、徒歩一分も掛からず海に行けてしまう土地なので、家からも普通に海が見えてしまったりします。
と言う事は塩害も半端無い訳ですね。
でもそういった塩害の対策もきちんと適切な措置を取るので、家のメンテナンス的には、まずは安心。
ところが開始時間になっても、主役であるオーナー様は一向に現地に現れません。
こっちの方がよっぽど心配になって来ます。
『あれ、おかしいな•••
今日は建築吉日だけれども、先勝の日。
先勝だけに、午前中しか駄目だからねって事を伝えて、開始時間を11時にしたはずなんだけどなぁ。。』
ケータイに電話しても繋がらないし。。
そして数分後。。


すみません!午前11時を、午後1時からと勘違いしてましたぁ•••(大汗)


神様に来て頂ける大事な日だけれど、遅刻しちゃったか•••
そう言えば、今までに地鎮祭に遅刻した方って、そうそういなかったよねぇ。。
あ、でも約5年ぐらい前に一組だけ遅刻した方居たかな。。
約5年ぶりの地鎮祭遅刻でございます••

とまぁ、そんな訳で準備が終わって、黄昏れてしまっている神主さん(笑)
yokosuka-tukuihama-jichinsai-a2.jpg
でも、これでようやくメンバーが揃ったので、早速地鎮祭を執り行いました!
今回の計画地は、元々一つだった敷地を4分割に分けての分譲型土地販売となりました。
横須賀市の津久井浜と言えば、ウィンドサーフィンのメッカでもあります。
対岸の千葉から吹き抜ける風は半端ないからですね。
それだけに塩害も半端ではありません。
ではどの様な塩害の予防をしているかと言えば、屋根や外壁はもちろんの事、軒先廻りも全てガルバリウムで巻き込むようになっています!
中尾建築工房で建てるガルバリウムの家は、全て一枚板で覆って行くので、継ぎ目がほとんどありません。
それだけに外壁の裏側に潮が入り込むのもかなり防げますし、沿岸独特の吹き上げに関しても、きちんと対策を施してあります。
そんな家の建つ横須賀市津久井浜の家地鎮祭も無事執り行われまして、この後近隣の方にご挨拶の品々を持って工事のご挨拶に伺わさせて頂きました。
まー、予想外の出来事はありましたけど、なんとか無事終了!
所がやっぱり後ろめたい気持ちがオーナー様にもあるのでしょう••
最後には神主様ツールをオーナー自ら率先して、片付けております。
yokosuka-tukuihama-jichinsai-a3.jpg
これには神主様も思わず笑っておられました(笑)
こうして着工前の大事な行事を迎えられた訳です!
割とスムーズに済んだ打ち合せでしたが!
工事の終わりには大変な難関が待ち受けているかもね!
知らないぞー、やるしかないぞー、ここからはやさしい中尾さんから鬼教官中尾に変わっちゃうかもよー(笑)

そんなハプニングのあった地鎮祭ではありましたが、ひとまず地鎮祭を乗り越えました!
勘違いで焦っていたお二人ではありましたが、まずはおめでとーございます!
face-book-iine!.jpg
フェイスブックに参加されている方は、よろしければ中尾建築工房のホームページ上にある所に戻って頂いて、画像に書いてある『いいね!』部分を押して頂けると嬉しいです!
励みになりますっ!
参加されていない方『私には無理かな・・・』と言わずに、とりあえず登録して『いいね!』部分を押して下さい!
『だめね( ̄∩ ̄#』と思った方も、押す場所はおんなじボタンになりまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 津久井のA より:

    後ろめたいどころか...今迄の人生での「やっちまったなアタシベスト3」位に入る焦りようでした( ゚д゚)
    すみませんでしたぁぁぁぁ!!
    心なしか、写真も神妙に頭下げるというより、うなだれてる感じやし(´Д` )
    年明けには教官に怒られないように頑張りますー( ̄^ ̄)ゞ

  2. 中尾建築工房 より:

    ベスト3ですか(笑)
    半帽の事も瀬戸からしっかり聞きましたよー(大笑)
    そのうちにどっかで書いちゃおっかな〜(・ω・)/

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です