横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

内装の巾木を検討する

 
内装の巾木を検討する
この記事を書いている人 - WRITER -

これは人によって、様々な考え方があるかと思うのですが、巾木と言う存在を皆さんは御存知でしょうか?
床と壁の接する部分に取り付ける横の木の事を巾木と言います。
この巾木、普通は壁から1cmほど出っ張る形状が一般的なんです。
situnai-turahabaki.jpg
これは西洋建築でも、和風建築でも共通しているモノになるのですが、やはりどちらにしても壁から出っ張っている存在です。
私も職人さんだった(一応今でも出来る。。と思う)頃には、普通に巾木は壁から出っ張るモノだと思っていましたので、なんにも気にする事なく取り付けておりました。
ところが建築業界の常識とは別に考えてみると、家の掃除をしている時に、ふと思う事があります。
建築業界のルールに不思議と違和感を感じるのですが、巾木の上ってホコリが溜まったりするんですよね・・
まーそこを掃除機で吸い込んでしまえば、どうって事はないのでしょうけど、忙しいと掃除も億劫になってしまったりもしますよね。
そこでちょっと考えてみたのが。。


ツラ巾木と言う形です。
ちなみに私が勝手につけた呼び方ですんで、くれぐれも誤解されないで頂ければと思います・・
巾木の役割は床と壁の見切りをするだけではなくて、掃除機などの先端がぶつかってしまっても、へこまない様に付けられています。
なので巾木自体は無くしてしまう事は出来ないのですが、巾木と壁との段差を無くす事は出来るんじゃないかと。。
さて、どうするかって言うと、やっぱりこういった時には元大工です。
図面なんか造るよりも、実際に造ってしまった方のが間違いなく早い!
と言う事でさっそく造ってみたりしましたー☆
situnai-turahabaki2.jpg
ちょっと寝っ転がっている形になりますけど、サンプルの壁下地と床、そしてツラ巾木を造ってみました。
こんな形で上手く出来るのかなぁ・・・
壁の珪藻土を塗ってみて、ツラ巾木自体はホワイトの自然塗料で塗装をしました。
situnai-turahabaki3.jpg
たいていは床の方に色をあわせて巾木を塗装したりするんですけど、今回は壁の白さに合わせてホワイトのオールペイントタイプでの塗装です。
こうすると、より天井が高く見えたりとか、床のカラーリングが強調されたりします。
situnai-turahabaki4.jpg
横から見た感じでは、壁とツラ巾木との段差はほとんどありません。
こうする事で、巾木の上にかかってくるホコリくらいは凌げるかなぁ・・って感じです。
ちょっと普通の作り方に比べて手間暇のかかる作業になってしまいます。
外壁面の部分ではファイヤーストップ対策もしなくてはなりませんし、下地処理の部分と施工方法が全く通常の取り付け方に比べて変わってしまいます。
でも、こんな作り方をするのも、割りと有りかもしれませんね!
休みの日の掃除ほど嫌なものはないですもんねぇ・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です