横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

リフォーム案件悩み中•••

 
  2018/12/05
リフォーム案件悩み中•••
この記事を書いている人 - WRITER -

チラシ広告でリフォームの販促チラシなどが良く入っているかと思います。
中尾建築工房はそういったリフォームのチラシを入れる事はないのですが、なぜか依頼は割と多くあったりします。
今回、ご依頼を受けている方の案件で、少々悩んでいる部分があります。
それは何かって言えば、断熱。。
リフォーム工事と言っても一戸建ての住宅ではなくて、共同住宅の案件です。
今回、御依頼を頂いている共同住宅は、躯体のコンクリートがそのまま内装に使われている物件で、しかも角物件になります。
そうすると、外気の温度の影響をもろに受ける建物なんですよね。
こういった建物が、新建材で内装を模様替えするのであれば、ガスファンヒーターをバンバン使って頂ければって事で、冬の寒さの悩みは解消されるんです。
でも、中尾建築工房に依頼をされている訳ですから、当然自然素材を使用したいとの事。。
こういった組み合わせが一番難しいんですよね。
なにが難しいかって言うと、読んで字のごとく、きちんと断熱をしない事には、夏場の無垢材の縮みや、冬場のヒーターによる伸縮を防げないって事になるんです。
仮に予算の都合があって、あらゆる工事を削除してしまうと、あんまり永くは。。
そこに住もうとは思わなくなるかと思うんですよね。。。
いずれは賃貸にして、自邸は別にするってバブリーな事であれば、特には問題もないかと思いますが•••

今日も色々と断熱の為に断熱材を入れる為に壁をふかすか、もしくは断熱塗料でカバー出来るかをメーカーと検討し、いろいろと打ち合わせを行いましたが。。
はっきりとした答えは出ず•••
ん〜、なんとかびっくり価格が出ない様にしたいのですが、大切な予算を無駄にさせる訳にもいきません。
今週末あたりには、見積もり打ち合わせをしたかったのですが。。
yokosukashi-manshon-riform.jpg


週の半ばくらいまで、お時間かかるかもしれません。。
でもその代わりに、せっかくお金をかけたのに、効果がなかったと言われない様にする為にも、もう少々私にお時間を頂きたいと思います。。
ん〜、難しいな••
負けないけどな。。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です