横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市逗子|招き入れる家お引き渡し☆

 
逗子市逗子|招き入れる家お引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

なんと言いますか、はっきり言って超特急並みのスピードで新築注文住宅の家造りが終わった感たっぷりのお宅でしたね(笑)
だって中尾建築工房と家造りをするって話になったのは、去年の9月頃でした。
そんでもって2月末には引き渡しでしょ?!
プランニング期間とか建築確認申請期間とか、さらには工事期間も、もろもろ含めて全部で半年(笑)
しかもフラット35だった事もありますので、ほんっと厳しいスケジュールのお宅だったんだなぁって感じ。。
まるで建て売り住宅並のスピードで家造りが終わってしまった感じなんです。
たしか以前にも残り半年で家を建ててって言われて建てた家はありました。
でもその家は建物のサイズも20坪台ですからなんとかなった。
でもこっちの家は施行面積的にも35〜6坪位ありますから。。
はっきり言って中尾建築工房スタッフもよく頑張ったかと思います。
西井が設計を担当して、プランを造り、申請を行っている段階で、私がデザイン面や仕様面を確定させつつ、工程表もなども造りました。
その段階の早業があったからこそ、無理な工事にならない様な工程が出来ていたので、なんとかなった感じですかね。
そんな超ちょっぱやペースで建ち上がった招き入れる家。
外観はこの様な感じの家になっておりま〜す☆
zushishi-zushi-k-ohikiwatashi.jpg
なんと言いますか、イケメンの家って感じがしません?!
オールOK自画自賛(笑)
ではでは、いつもの感じで〜
2014年2月28日に逗子市逗子にて招き入れる家のお引き渡しを無事行わせて頂きました!
まぁ、前文でどれほど短期間だったのかって言う事は書かさせて頂きましたけど、ではそんなにシンプルな家かと言えばそうでもなくないですか?
私的には適材適所にウッドラインを入れておりまして、シンプルの中にまとまった印象を持っています。
て言うか、ある意味私の趣味も入っているんですけどね(笑)
この家で一番脳みそを使った場所と言えば。。
そうだな〜
やっぱりここかな。。


zushishi-zushi-k-ohikiwatashi2.jpg
これ、全てレッドシダーで造った玄関の庇なのですが、斜めに下ってくる屋根を支える方杖(ほうづえ)や桁(けた)が一切ありません。
でも、この屋根はきれいに浮いています。
意匠的に余計な支えを無くしたかったんです。
その方がすっきりと見えるし、方杖や桁があったりすると、それに伝わって、外壁に付着する汚れとかが出て来てしまいます。
それは玄関って事もありますし、絶対に出したくなかったので、こんな感じのデザインになりました!
なんだか『スーっとなってる!』って感じの地味に見えて、レベルの高い造作を行いました。
おそらくプロが見れば『これ、どうやって浮かしているんだろう•••』となるレベルの造作仕事になるのですが、そりゃ〜やっぱり私も元大工ですから色々と考える訳なんです。
しかも考える事大好き仕事人間ですから、人と同じ事はやりません。
では、どうやってこのバランス関係を成立させているのかって言うと。。
これは中尾建築工房スタイルとして主流にしていきたいので、やり方はちょっくら教えられません(笑)
とまぁ、割と半年しか無い期間で造ったとは思えない逗子市逗子の招き入れる家。
中身は割とシンプルな造りにしておりますし、これから少しずつご主人が手を入れていく家とも言えます。
でも家族の成長と共に、箱さえきちんとあれば。。
後はなんだかんだ言っても、なんとかなっちゃうんだよね!
そんな訳で、またご近所にご近所さんが出来ました!
逗子市逗子のオーナー様が、土地を購入された時から中尾建築工房にたどり着くまでの半年間。
中尾建築工房に訪れてから引き渡しまで半年間。
なんとか僕らに出会った事で、最初の無駄だった時間は取り返す事が出来た•••かな。。(笑)
ひとまず、竣工おめでと〜ございま〜す☆
いや〜、ホントは昨日ブログを更新しようかと思ってたんです。
でもね、無事引き渡す事が出来て、安心しちゃったのか、キーボード打ちながら、そのままダイニングテーブルでパソコン触りつつ撃沈してしまったんです•••

まー私もまぁまぁおっさんですし、この辺りはご勘弁を(笑)
竣工する家もあれば、これから着工する家もある!
明日は本日執り行わせて頂きました、地鎮祭のブログになりま〜す☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です