横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市ハイランド|ドイツ天然素材の珪藻土を外壁に塗る!

 
横須賀市ハイランド|ドイツ天然素材の珪藻土を外壁に塗る!
この記事を書いている人 - WRITER -

これ、中尾建築工房のオーナー様の中には、ちょっとばっかし興味を持っていらっしゃる方も多い事でしょうね。
ちょっと前に、こんな事をブログで書いた事があります。
この珪藻土についての能書きは、リンク先をご覧になって頂ければと思いま〜す。
さて、この外壁を中尾建築工房として初となるお宅は、横須賀市ハイランドに建つ『お洒落な家』になります!
なんだかこの『初』って、中尾建築工房のオーナーの皆様って、好きですよね(笑)
当然、初になりますから、メーカー側からも、現場を見たいと言う事、そして私たちの意向を知ってもらう為に、現場で打ち合わせを行いました。
yokosukashi-hailand-oshare-gaiheki-keisoudo.jpg
現場は東京ガスの工事部隊が道路を占有しておりまして、古いガスを撤去しつつ、新しいガス管に入れ替えてくれておりました。
このガス管て言うのは、上下水道とは違って、ガス本管が道路に入ってさえいれば、新たな土地にガス管を引き込む料金は掛かりません。
以前に複数の工務店さんに見積りを依頼していた方が居たのですが、その際の見積りにはガス管引き込み工事代金で何十万円って項目がありました。
結局、その方は中尾建築工房で家を建てたのですが、やっぱりガスの引込み工事にお金は掛かりませんでした。
なので、工務店さんを探されていて、購入される土地にガスが引き込まれていない場合、かつ前面道路にガスの本管が埋設されている場合は、見積りのこういった部分も気をつけた方がよろしいかと思います。
ガスの引込み工事の場合、基本的にはお金は掛かりませんので。
ガスの話はさておき、現地では既に左官職人さんがネタを撹拌して、骨材の調整を行っておりました。


yokosukashi-hailand-oshare-gaiheki-keisoudo2.jpg
紙袋を持ちつつ、ジーパンにパーカーを着た女性が珪藻土メーカーの中尾建築工房担当者になります。
なんでも、今日は自分も触るつもりで来ているらしく、汚れても良い服装で来たんだそうです(笑)
ガッツありますよね、ここを終えてから海老名の現場にも行くらしいのですが、着替え無しの電車移動。。
なかなか見上げた根性の持ち主かもしれません。
私が珪藻土の開発をしていた旧前任者(かれこれ10年くらい前)の方は、やっぱり素材に対して熱かったんです。
でも、その方が居なくなってからと言うもの、後の担当者はどうも仲良くなれません。
おそらく熱さの違いだったんでしょうね。。
会話が噛み合ない気がしてたのです。
あまりにも会話が噛み合ないので『担当者変えないんだったら、中尾建築工房では取り扱いはしない!』って言い切っちゃった事もありましたからね。
そして今回から女性の担当者になったのですが、以前の男性に比べてガッツある。
やっぱりモノを扱う人は、熱さが同じでないと駄目っすよね。
そんな外壁に扱う珪藻土、職人さんに何度も骨材の量や大きさを変えてもらいまして、試し塗りを行いました。
でも、どうも私の意図する感じではないのです。
そこで、現場には無い骨材を注文して、新たに塗ってもらう事にしました。
これなら意図しているパターンと表情が出せるので、骨材変更で対応する事になりました!
yokosukashi-hailand-oshare-gaiheki-keisoudo3.jpg
ただ、私的には、外壁色をホワイトで仕上げる方には、お勧め出来るかなって感じなんです。
何故かと言えば、着色する場合、珪藻土が色の顔料を吸ってしまう事が間違い無くありますので、思っている色にはならないって事。
なのではっきりとした色を入れたいと思われる方は、従来の通りに塗り壁で対応します。
そしてホワイト系で、かつ自然素材にこだわりたいって方には、こちらの外壁にも使える珪藻土をお勧めするかもしれませんね!
こうして横須賀市ハイランドに建つお洒落な家には、自然素材の珪藻土外壁が採用されております。
見学をご希望の方は、直接私に言って頂ければ、ご案内させて頂きますよ〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です