横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

武藤退職のご報告

 
武藤退職のご報告
この記事を書いている人 - WRITER -

え〜っと、おそらく中尾建築工房のオーナー様であれば、割と皆さんご存知なスタッフだったと思います。
実はすでに武藤は秋田の方に引っ越しをしておりまして、お手紙をくれる位、落ち着いた様なんですね。
この退職の話は、今年に入ってすぐの一月に、私は相談をされました。
退職の理由はあんまり詳しくは書けないんですけど、そうゆう理由であればと私は一切止めませんでした。
いや〜、逆の立場で私が武藤と同じ立場であれば、私に同じ決断が出来るのか?
そう考えると、私には出来なかった決断です。
彼はとにかく設計と言う仕事が大好きな男でして、飯を喰っていても、風呂に入っていても、寝てても設計、設計、設計と言うのはオーバーですけど、それに近い位に設計の仕事が大好きです。
それを分かっているだけに、新たな道を進む姿を見ているのは忍びないのですが。
こればっかりは本人が選んだ道ですんで、私は気持ち良く送り出したんです。
ぶっちゃけた話、痛いと言えば、痛い。
でも、それは中尾建築工房の都合であって、本人がせっかく固めた意思を揺さぶるのも嫌ですしね。
そして武藤の出した決断は間違ってないですし、私も今後彼がぶつかるであろう課題に対して答えを持つ人間です。
なので、なにか壁にぶつかった時には『遠慮なく俺に相談して来いよ!』と言いまして、送り出させて頂きました。
武藤本人が在籍中に担当させて頂きましたオーナー様には、武藤の方から直接ご連絡をしております。
武藤が担当をしていないオーナー様は、たまたま知っている方も居るとは思いますけど、改めてこちらでご報告とさせて頂きたいです。
では、はじけてしまった送別会の画像でもアップさせて頂きましょうかね(笑)
まず送別会のお店を決めるのは、武藤に相談をしました。

『なぁ、武っちゃん。
送別会はどこでやろっか?』
武藤
『あ〜、あそこ良く無いですか?
イカの活造りのお店。。』

『じゃぁ、そこで!』
そして送別会当日はこんな感じ
koubou-mutou-taishoku.jpg


ここは大船にある海鮮のお店になります。
あんまりこういったお店を利用する事が無い中尾建築工房なのですが、こういった時には奮発しますよね!
そして中尾建築工房に来てからと言うもの、武藤もだい〜ぶキャラが変わって来たと思いました。
初めの頃は設計、設計、って感じでしたけど、今ではオーナー様とも、職人さんとも、かなり打ち解けて、そして信頼される様になったと思います。
その結果は、こうして中尾建築工房のスタッフらしい、お茶目加減に現れているかと思うんですよね。
koubou-mutou-taishoku2.jpg
どうでしょう!
イカの活造り、一気喰いです(笑)
笑わせる精神、盛りだくさんって所が良いですよね。
で、彼がこれからどの道に進むかって言うと、一応秋田に言っても建築関係の仕事です。
設計が無くなる訳ではないけど、中尾建築工房の様な形態とは違って、彼にとってはあんまり面白い系では無い事。
それでもその道に進む事を決意した武藤には、これから先たくさんの不安と難題にぶつかってもらいたいと思っています。
ガチでぶつかれば、それを乗り越えるか、乗り越えないか。
バックレてしまえば楽かもしれない。
でもバックれる事なくブツかって、難題をクリア出来れば、それは自分自身の力になる。
自分自身の糧になってくれるんですよね。
だいたい、私だってここまで来るのに、そ〜と〜たくさんの難題をクリアして、ここまで歩いて来た人ですから、難題をクリアする大切さは充分に分かっていますしね。
こうしてなんだかんだと二軒目に行ったみたいですけど。。
なぜか、私的には記憶が。。。無い•••

いやいや、部分的にはあるんだけど、二軒目に着地した時は覚えてないんだよなぁ。。
気がついたら西井が目の前で飲んでいたのは覚えているんだけど、後は大船駅でバイバイした記憶くらいしか残ってないんだよなぁ。。
やっぱこれは年齢のせいもあるんだろうか•••
と言う事で、私の記憶がぶっ飛ぶ前に撮影したスタッフ画像。
koubou-mutou-taishoku3.jpg
経理のお姉さんは、どうしても外せない用事があったので、不参加でした•••
それにしても、ちょっとここらで若いスタッフも新たに入って頂いた方が良いかもしれませんね(笑)

こうして秋田へと、新たな旅立ちをした武藤ですが、秋田で元気にやってくれているだろうと思います。
手紙、ありがとうな!
武っちゃんも、秋田で頑張れよ〜

源泉、税理士事務所から送る段取りになっているよ〜


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です