横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市金沢区『母の家』+『ばーちゃんを隣に感じる家族団欒の家』二棟連続のお引き渡し☆

 
横浜市金沢区『母の家』+『ばーちゃんを隣に感じる家族団欒の家』二棟連続のお引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はやっぱり雨だった・・
天気予報だと、たしか曇だったはずなんだけど、以前から決まっていた引き渡しの日になると、なぜか雨に・・
すでに着工前に行った起工式の時から思ってはいたものの、やっぱり雨だった・・
まぁ、梅雨時って事もありますけれども、今回は同じ敷地に建つ家でしたので、二棟連続でお引き渡しをさせて頂いたんですね。
『母の家』は一週間前の2014年6月21日に。
『ばーちゃんを隣に感じる家族団欒の家』は一週間後の本日、2014年6月28日にお引き渡し完了でございます!
yokohamashi-kanazawaku-yanagimachi-h-m-ohikiwatashi.jpg
でも、やっぱ雨ね・・
実は今日、現地に訪れたのは先発隊の監督二名に、設計担当者の瀬戸と私が後から行きました。
色々と書類等の整理をしつつ、私が一緒に行けそうになかったので、瀬戸とのこんな会話があったんです。
瀬戸
『社長の車で一緒に行けばいいんですよね!』

『ん〜、俺もうちょっと書類あるからなぁ・・』
瀬戸
『じゃぁ、社長は後からバイクで来ますよね?』

『お前さ〜、今日誰の家の引き渡しか分かってんの?雨降るに決まってんだからバイクで行く訳ないじゃん!』
瀬戸
『あ〜・・・ですよねぇ・・』
こんな会話が成り立つ位、雨やら大雪やらに出くわした家造りでした(笑)
元々、こちらの家は一つの敷地だった所を敷地分割しまして、二棟建ち上がったお宅になります。
敷地があるという事は、土地を買わなくても良い訳です。
つまり土地があるって事は、家造りをされる上でとっても良い条件だと思う訳ですよ。
土地に何千万も掛けなくても良い訳ですからね。
ただ、閑静な住宅地でもある立地ですから、敷地を分割する為の準備や申請は大変な部分もありましたし、期間も普通の家に比べて長く掛かったと思います。。
でも、こうやって竣工を迎えると『そう言えば、こんな事もあったっけかぁ。。』なんて思うんですけどね(笑)


それにしても、子育て世代の注文住宅を設計したり、施工する事が多い中尾建築工房。
家造りを依頼される当初と、お引き渡しをさせて戴く際の家族の人数が増える事に直面をします。
お母さんのお腹の中に居た、これから生まれてくるであろうお子さんも、引き渡しの頃になると、すでにしっかりとしたお子さんとして、無垢のフローリングでハイハイしてますしね(笑)
でも、生まれてきたお子さん達もいいですよね〜
生まれてから、こんな自然素材の家に住む事が出来る訳ですから。
yokohamashi-kanazawaku-yanagimachi-h-m-ohikiwatashi2.jpg
無垢の杉床は無塗装だけにしか味わえない、とっても柔らかい肌触りが楽しめます。
若干、毛布っぽいと言いますか、無塗装だから味わえる肌触り。
中尾建築工房では岩手県の森林組合連合会から直接、この杉の無垢床を直入れしております。
商社さんが数社入ってしまうと、上乗せされてしまう価格も、直入れですからリーズナブルな価格で提供出来ております。
これには連合会に感謝感謝ですね!
と、話は今日の引き渡しの内容に戻るのですが、引き渡し中はオーナーに家の使い方を一通り説明するスタッフと、私の様に母の家オーナーのばーちゃんと、東京湾のアジの事について語り合ったりもしています。
yokohamashi-kanazawaku-yanagimachi-h-m-ohikiwatashi5.jpg
ばーちゃん
『この前、テレビで千葉県の黄金アジが美味しいって、やってたけど、こっち側のアジはどうなの?』

『いや〜、逆だよ〜、東京湾の中で美味しいアジって言えば、走水、猿島、八景辺りで釣れるアジが美味しいだよ〜、だいたい千葉の船がこっちにまで釣りに来るんだからさ〜』
割りと緊張感の無い系の引き渡しですよね(笑)

そうそう、そんな木と魚の話だけで終わってはいけなかったんだ・・
『ばーちゃんを隣に感じる家族団欒の家』は、何故か起工式も大雪・・
そして上棟の時には雨・・・
さらに電気コンセント等の立会の際にも同じく雨・・・
最後になる引き渡しも、当然の如く雨だった訳です。
ここまで、雨に祟られるケースもあんまり無いんですけど、逆を言えばここまで悪い天候にする事が出来るのも、ある意味で言えば才能なんでしょうか・・
おそらく中尾建築工房始まって以来、無かったこの悪天候の連続。
悪天候チャンピオンという事で、中尾建築工房でご主人を逮捕させて頂きました!
yokohamashi-kanazawaku-yanagimachi-h-m-ohikiwatashi3.jpg
あらら・・
手錠まで出ちゃったよ・・
でも、このオモチャAmazonで買ったはいいけど、後は使い道あんのかなぁ・・・
いや、おそらくもう無いだろうな・・
ヤフオクで売ってしまえばいいか・・

そんな事も振り返りつつ、この地に建っていた奥様のご実家。
そのご実家を取り壊す直前の給湯器の故障とかも、やっぱり新しい家に生まれ変わる故、古家が悲しんだんでしょうね。
そんな軌跡を歩いて、これからは新しい家二棟が建ち上がり、これから二棟の新しい暮らしが始まります。
悲しい事もあったかもしれない。
けれども、その分幸せに暮らしても良いと思います!
なんでもそうだけど、やっぱり乗り越える事って大事ですよね☆
そんな訳で、無事竣工を迎えた横浜市金沢区『母の家』+『ばーちゃんを隣に感じる家族団欒の家』
お引き渡し、おめでと〜ございま〜す☆

ちなみに私、今日は娘さんからとてつもないプレゼントを頂いたちゃいました!
yokohamashi-kanazawaku-yanagimachi-h-m-ohikiwatashi4.jpg
あぁ〜ぁ、溺愛している娘さんが俺んとこ来ちゃったけど、おそらくパパの心境・・
その人だけは止めてくれ・・オーラが。。
な〜んか、出てたみたいですよぉ(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です