横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

住宅用照明器具にちょっと一手間掛けてみます。

 
住宅用照明器具にちょっと一手間掛けてみます。
この記事を書いている人 - WRITER -

住宅照明と言えば、各照明メーカーに記載されているカタログモノの中から、照明器具を選択しまして取り付けるのが一般的。
照明器具のワット数もそれぞれ違ったり、色温度なども様々なラインナップから選ぶ事が出来る時代です。
でも、注文住宅の場合って、必ずしもその室内の雰囲気にあうモノが必ずあるかと言えば、そうでもなかったりします。
例えば中尾建築工房の場合で多いケースがリビングの天井を板貼りをするケース。
そしてそこにダウンライトを入れる場合などは、私もちょっと悩んだりします。
なぜならダウンライトの縁って白とか黒のいずれか、もしくは和風な色合いの縁になってしまったりするんです。
その色合いが板貼りとあうかと言えば、ちょっと気になる。
そんな時、少しの時間があると、こんな事も出来たりするんですよね!
shoumei-dl-tosou.jpg
これ、箱から出した状態のダウンライトになります。
皆さんは仕上がった所のみご覧頂く事が多かと思うのですが、実際のダウンライトって天井の中に埋まっている部分がこれほどまでにある器具なんです。
へ〜って感じですかね(笑)


shoumei-dl-tosou2.jpg
こうやってダウンライトと縁を固定しているビスなんかも外してしまいます。
shoumei-dl-tosou3.jpg
そしてこの見える部分のダウンライトの縁を塗装したいので、塗装する前に元々の塗装に乗っているクリア仕上げや、後から塗装する塗料がきちんと乗る様に下地のペーパーがけを丹念に行います。
shoumei-dl-tosou4.jpg
こうやって塗装すると、レッドシダーの板貼りの中に木の色合いの縁になりますから、さほど違和感無くさりげない状態でランプを灯す事が出来るんじゃないかな〜っと。
やっぱりこういった作業は地味でもあるんですけど、この地味さ加減がまた楽しいんですよね。
私、どちらかと言えば、デスクワークよりもこっちの方が好きな人種です。
大工さんとは関係の無い作業なんですけど、大工さんになるもっと前の頃には、こんなん良くやっていたんですよね。
shoumei-dl-tosou5.jpg
とっても懐かしい写真が見つかったんですけど、いわゆるバイクに乗っていた頃は、自分のバイクをどれだけ格好良く塗装出来て、弄くり倒せたかが競い合っていたんです。
その頃は言えの近所にダイクマがあって、そこで缶スプレーをいっぱい買って、ご覧のとおりに自分のバイクの塗装をしたりしてました。
だから照明器具の縁を塗るなんて〜のも、全然ヨユーでイケちゃう訳なんです(笑)
いや〜、この頃は確かに若かった・・
と言うことで住宅用の照明器具にちょっと一手間掛けてみます。
時間がある時にしか出来ませんけど、こんな一手間も今どきの家には面白いかもしれませんよね!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です