横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

一戸建てを建てた後のシロアリ駆除|本当にお願いした方がいいの?

 
一戸建てを建てた後のシロアリ駆除|本当にお願いした方がいいの?
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房で家を建てたオーナーの皆様であれば、シロアリ駆除は考えて頂かなくともだいじょうぶ。
なぜなら、全棟にて薬剤に頼らない構造と言いますか、シロアリ対策が新築の段階で成されているからなのです。
けれども、友人の家、もしくは親戚の家、はたまた親の家の場合は、またそれぞれのハウスメーカーさんやら、工務店さんで建てているだろうから、微妙っちゃぁ微妙です。
今回、一年ほど前に家を建てたオーナー様から、こんな電話を頂きました。
『うちの実家の家に、シロアリ消毒の営業が来て、送風機を付けた方が良いとか、消毒した方が良いとか言われて◯☓▲●☓△』
あ〜、なるへそ・・
そうなのよねぇ・・
こう言う話になるから、中尾建築工房の家では、新築時にシロアリ対策を構造でシャットアウトする造りにしているのです。
今回のケースではシロアリ自体の実害は、まだ無いとの事。
でも、あまりにも意味なく送風機をつけて、一台7万円×3台で21万円・・・
そしてシロアリ消毒をして15万円・・
経費や消費税も含めると、40万円を超える金額になってしまうらしいのです。
この金額に対して不信感を持たれたご家族や、中尾建築工房で家を建てたオーナー様が私に見て欲しいと言う事になりました。
工事の提案はシロアリ屋さんの見解。
それでは、実際に家を造っている工務店の私が見た場合の提案はと言うと。。。
yokosukashi-nagai-siroari-soudan-shiteki.jpg
現地を見ると、海にほど近い場所に建つ家は、裏側に山を背負っておりました。
あんまり詳しくは画像で出せないけれども、廻りの家も結構古い訳です。
とすれば、全方向の家には必ずシロアリが巣食っていると考えて良いと言えます。
はっきり言ってしまうと、まっさらな新しい団地ならまだしも、古い団地などは、近隣の家も古いっしょ?!
そうすると、あっちこっちにシロアリが居てもおかしくない訳なんです。


今回、依頼のあった該当の家は、裏側に山を背負っている。
そして反対側には海もある。
海と山に囲まれていると言う事は、立地的に湿度も高い。
とすれば、湿気を好むシロアリの温床にはなりやすい事が容易に分かるのです。
そして色々と見て回ると。。
yokosukashi-nagai-siroari-soudan-shiteki2.jpg
こちらの画像は家の山側を撮影した画像になります。
ちょっとした農作物の作業が出来る簡易的な小屋がありました。
すでに山の土が崩れてきて、一部が小屋の壁部分に滞留しておりました。
大きながけ崩れは無いかもしれないけど、本来はこういった場所に小屋があるべきではありません。
これはがけが崩れるか、崩れないかの判断ではなく、シロアリが喰うか、喰わないかの部分の説明ですね。
小屋の廻りには、細い材木が数本転がっていたり、小屋の中にはダンボールや発泡スチロールなども無造作に置いてあります。
今どきのシロアリは、はっきり言ってなんでも食べます。
建築の材料である木材はもちろんの事、断熱材やらアスファルトルーフィングだって、食い荒らされてしまいます。
小屋の中にあるダンボールや発泡スチロールだって、彼らにとっては食料と同じ事。
つまりは危険度高目って事になりますね。
そしてシロアリは本来、土の中に潜んでいます。
小屋に土が滞留して、接していると言う事は、シロアリさんに対して『Welcome!!』と言ってしまっているのと同じ事。
なので、この小屋をそのまま継続して利用されるなら、裏側に滞留した土は処分して、小屋と山の間にはブロックを積むとか、なにかしらの対応をした方が良いでしょうね。
幸い、こちらのご兄弟さんの中には建築現場関係のお仕事をされている方が居らっしゃいます。
なので合間を見て、そんな作業をして頂けると良いのかなと思います。
yokosukashi-nagai-siroari-soudan-shiteki3.jpg
そして他にも見させて頂きましたが、この辺りは☓印を要所要所につけてみました。
まず、地面に敷いているシートがあります。
おそらく雨が降ったりすると、膿んでしまう為なのか、シートが敷かれていました。
これもあんまりよろしくありません。
新築工事の際に、仮で数ヶ月やるならまだしも、家を建てて住んでいる状態ではよろしくありません。
シートの下は他の場所に比べて、温かい訳です。
ジメジメしていて温かい場所は、シロアリにとっては最高の住処になります。
なので、このシートは全撤去。
そして手前に外シンクがあるのですが、シンクの上にモノがいっぱい散乱しています。
この様な状況下だと、中がどうなっているのか分かりません。
ある意味で言えば、隠れ蓑になってしまう要素があるから、シンクはそのまでも良いけど整理した方が良いですね。
そしてシンク奥にある物置。
これももう少し、建物本体から離す事で通気を取った方が良いかと思います。
この他、地面に色々と散乱しているモノが多過ぎる。
地面に置くのではなくて、どこかに整理整頓する事で、温床を造らないで済む事につながります。
あまりにもモノが有り過ぎたら、そこに隠れるスペースがあるって事になりますから。
で、色々と指摘をさせて頂いたのですが、シロアリの消毒が必要か、必要ではないのか?
現段階では、やらなくとも良いと思います。
ただし条件付きで、私が記載した事全てを実行する事。
そうしないと冗談抜きで。。
シロアリさんいらっしゃい♪毎日もれなく営業中!!
って言っているのと、同じですね。
お兄さんのダンプで、ガッツリ処分するモノはした方が間違いないですねぇ・・
と言う事で、一戸建てを建てた後のシロアリ駆除|本当にお願いした方がいいの?
外壁の塗装とかもきちんとされているし、築年数の割には状態もさほど悪くはありません。
でも、片付けをしない状態がそのまま続くと、シロアリ業者さんに頼る事になる可能性があるよって事になりまーす。
ま、多分片付けてくれるんでしょうけど・・

それよりも、あっちの方にお金掛けた方が、こちらの家庭にとっては有益になるんじゃないかなぁとお見受け致しました!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です