横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

自然素材、天然素材で建てる家|生活が始まってからの落とし穴

 
自然素材、天然素材で建てる家|生活が始まってからの落とし穴
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日に引き渡しをさせて頂いたオーナー奥様からメールでご連絡を頂きました。
****ここから****
『プチ贅沢な悩みのご相談』
中尾建築工房
中尾さま
いつもお世話になっております。
皆さんのおかげで、日々、快適な生活をしています(*´∀`)♪
大事に大事に使いたい、自慢の家です♪
主人に至っては、魔法のリビングで朝まで爆睡してしまったり、朝食の時にマッタリし過ぎたり。。。
完全に自然素材に遊ばれておりますが(笑)
さて、趣味室のテーブルにアートランバーをと薦めてくださったので、早速購入を。。。と考えておりましたが、私のプチ贅沢な願望が沸々とわいてきまして。。。
「何か、天板になるような無垢の木は無いかな〜」と。
主人も薪も準備しないといけないのに、私の願望にまんざらでは無いのか「俺が大工しようか」なんて言っております。
そこで、スーパー大工さんに作業テーブルになるような木材は無いかしら?という相談です。
よろしくお願いいたします!
*安い杉の一枚板は見つけたけど、杉は柔らかいから向かないだろうな〜って思っていますf(^_^;
ニャンコの母ちゃんより
****ここまで****
さて、このメールを頂いたオーナー様の家は、どんなおうちかと言うと、こんな感じ。
hayama-shizen-tennen-sozai-kouka.jpg


頂いたメール文中には魔法のリビングとありますが、これが魔法のリビング。
なんで魔法なのかって言うと、自然素材と天然素材から放たれる癒し効果なんですね。
まず、床には岩手県産の杉の床材に、ドイツの自然塗料で着色をしております。
そして天井全面とキッチンの背面収納、対面壁にはレッドシダーの板を張り巡らせてあります。
そして壁面にはドイツの天然素材の珪藻土を塗りあげておりまして、薪ストーブの背面壁には天然のスレートも貼られています。
こうなっていると、どーゆー事が起こるのか?!
これね、まず眠たくなってしまいます(笑)
実は中尾建築工房の事務所も、改装してから同じ様な感じの仕上げが施されております。
私も日々、業務はこういった環境で行っているのですが、実は悩みもあったりします。
なにかって?!
猛烈に睡魔に襲われます(笑)
えぇ、もう、うとうと状態で仕事をしなけらばならないこの辛さ・・
むしろ知らない間に寝てしまった経験は、私ですら数々あったりします(笑)

そう、それくらい、癒やされてしまう効果が自然素材、天然素材にはありまして、気を抜くと寝てしまうみたいなね(笑)
木材で言えば特に凄い癒し効果を発揮するのが、私の経験上からだと、青森ひばとかレッドシダー辺りでしょうかね。
これらの木材はヒノキチオールの含有率が高いですし。
今は時期的には、過ごしやすい時期なんですけど、これが冬になって薪ストーブに火を入れた日には、もう大変です。
暖気は天井部分に上昇しますから、暖気の影響によって木材からフィトンチッドが放たれるので、癒やし効果はさらに上向きます。
だから真冬は、今よりももっと凄いと言う事になりますね☆
と、自然素材、天然素材で建てると、そんな癒し効果が得られるって事なのですが、癒される事によって、お財布の紐も緩んでくるんでしょうか(笑)
ランバーコアでいいんじゃないって言っていた趣味室のテーブルに、無垢材を使いたいとの事。
中尾建築工房の作業場にある板の中から、色々と見たんだけれども・・
カウンター材に使う板を剥ぎ付けるのであれば4〜6万円の板を二枚購入して、幅広の板を造る事が出来ます。
けれども板を剥いだりするのも、割りかし手間だったりします。
さらに、ご主人自ら奥様の為に大工をするって言ってんだったら・・
hayama-shizen-tennen-sozai-kouka2.jpg
やっぱり、この中から選ぶしかないですかね。
以前に新木場に行って仕入れてきたブラックウォルナット軍団です(笑)
何度も言っているかもしれませんけど、私は新木場に行って、候補の板を30枚以上は見ています。
でも買って来たのは、たったこれだけ。
理由としては、商店さんは買って欲しいから、色々と見せてくれます。
でも僕は買いたいと思える板のみを買う。
つまり、スーパー大工の私が目利きして購入して来た無垢の板になりますから、悪いモノは無いのよね。
いわゆるお墨付き的な無垢板になる訳です。
ちなみに一番奥の板が一番リーズナブルな価格です。
天板の加工をご主人がやるなら、私が居る時に来てください。
直接お教えしますから、都度確認しながら作業すれば良いと思います。
電気ガンナで荒削りをして、ベルトサンダーで中仕上げ&仕上げの削りを行えば、後はカットしたり自然塗料を塗るだけで無垢板のワークボードが完成します☆
そんで、脚はロートアイアンで造った方が良いでしょうね。
と言う事で、自然素材、天然素材で家を建てると。。
あれもやりたい!
これもやりたい!
要は開放的になってしまうって事なんですかね(笑)

薪はちょこちょこ見に行っているけど、まだ溜まってないよぉ〜


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です