横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町堀内『のんべんだらりの家』上棟☆

 
  2018/12/30
葉山町堀内『のんべんだらりの家』上棟☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2014年7月10日大安に三浦郡葉山町堀内にて『のんべんだらりの家』が上棟しました!

天気は快晴!
お日柄も大安、よーしっ☆
もう、なんにも問題無い状態での上棟作業です!
さてと、またまた葉山に中尾建築工房の家が上棟を果たしたのですが、ちょっと私なりの気付きが一つありまして・・・
それはなにかって言うとね。
葉山の風早周辺で考えてみると、建てているオーナー宅が、山の方から始まって、段々と海の方に近付ているんです。
何年か前に山側の方で建てた家が、かれこれ6年ちょっと前でしょ〜
そして今年の春先には、風早からちょっと海側に入った『葉山堪能空間|引き寄せの家』は、中尾建築工房のブログをご覧頂いている方には比較的記憶に新しいのではないかと思います。
いずれにしても、いっつも呑み喰いやってんな・・
そして今回の『のんべんだらりの家』は、『葉山堪能空間|引き寄せの家』からさらに海側に建つ家になる。
どれほど近いのかって言うと。。


hayamamachi-horiuchi-o-jyoutou2.jpg
この画像は『葉山堪能空間|引き寄せの家』オーナーのご主人様から、フェイスブック経由で頂いた画像です(笑)
メッセージはなんでも『工房の建物を見・お・ろ・す(笑)』なんだそうです(笑)
ホントに目と鼻の先にある位置関係なんですよね!
そして今は土地を購入されて、これからプランニングに入るお宅は『のんべんだらりの家』から、また更に海側に建つ事になる。
この位置関係、地図をアップするのは個人情報保護的な部分があるのでアップは出来ないんですけどね。
ほぼほぼ山から海まで一直線で、海側に進んでいるんですよねぇ・・
そのうち海岸線の海側まで繋がってしまうのではないかと思っているこの私(笑)
そう、そんな感じで葉山には縁のある中尾建築工房。
さて、上棟に話しに戻すと『のんべんだらりの家』
なんだか一見、だらしない感じの印象を受けるのかも知れせんけど、僕なりに思う節がありました。
そもそもなんで葉山に家を建てるのか?
葉山に住んでらっしゃる方ならお分かりかと思いますけど、自宅は葉山、ご主人(共働きの場合は奥様も)のお勤めは都内や横浜の方が実に多いと思うんです。
家なんて、本来はご主人の仕事場に近い方が通勤は楽ちんなはず。
それでもわざわざ逗子駅から湘南新宿ラインに乗り込んで、葉山から都会に通勤されている。
例えば家族には自然な環境を与えたいって気持ちがある方も居る。
ご主人本人がそういう環境に住みたいって思っているかもしれない。。
いずれにしても、葉山に住むには必ず理由があるんです。
その本質はって言うと。。。
癒やされた〜い!!
これに尽きるんですよ、はっきり言って(笑)
しかも結構皆さん気付いてない方も多かったりするのですよ!

実は私も10代のガキの頃から無意識で湘南の海岸線をバイクで走っている時期がありました。
当時は私も不良でしたし、暴走族を卒業したばかりの頃で、バーテンダーをしてました。
横須賀中央のCLUB(語尾が下がる方)で働いていたから、ホントだったら逗子から田浦を抜けて横須賀に行く方が近かった。
でも、なぜかわざわざ葉山の海岸線を抜けて帰るルートじゃないと、嫌だったんですよね。
真名瀬のタバコ屋さん前でバイクを止めて、なにげに海と富士山を良く眺めていたのを思い返します。
今になって振り返ってみると、私が悪い子供の例だとすれば、世の中には良い子の人達も居る。
良い子悪い子のいずれにしても、親のしつけやら、学校の教育、社会のルールと言う名の締め付けにあっていて、気が付かないうちに疲れていたり、自分自身を麻痺させたりして、知らず知らずのうちにボロボロになっていたんだなぁ〜って、今ではそう思います。
それが当たり前だと思っていたけれど、実は世の中そんな我慢や忍耐は必要無いって事を知りました。
これな〜、ホンっと気付いた時には冗談抜きでビックリした(笑)
自分ではしっかりしてると思ってたけど、そんなんじゃなくて相当ガチガチだったんだなって。。

これは気づいた人から変えていった方がホントに暮らしを楽しめると思います!
ま、そんな訳でね。
大人たちの多くが、必然的に葉山を求めて来るんだなぁって思います。
だから葉山に住むなら我慢なんてしなくても良いんです。
しっかりしなくても、のんべんだらりとしていて良いんです。
休みの日に昼寝して、ふと起きてからビーサン履いて浜辺に行き、夕日を眺めてほっこりするのも全然アリなんです。
それをしたいからこそ、皆さん葉山にお住まいなんだと!
そう気付いた方から、是非とも頑張らない生き方に変えていった方が、物事なんでも上手く行くと思いますよー。
やる時はやる!
でも、年がら年中やる時ばかりじゃないしねー
気〜抜かないと『やってられるかー!(怒)』ってなっちゃうし(笑)

と言う事で、そんな私の思想から是非ともオーナーにはそんな暮らしを実践して頂きたい『のんべんだらりの家』
これから一月半ほど経った頃から、ご主人様は壁塗り作業なども控えています。
まぁ、でもだいじょうぶっしょ!
なんたって中尾建築工房にはスーパー大工の私が居る。
お尻バシバシ叩くケツ持ち位は余裕ですんで、なんの心配もせず作業にあたっていただければと思いまーす!
ん?
私が居るから怖いんだって(笑)
なんか聞こえたぞ〜

hayamamachi-horiuchi-o-jyoutou3.jpg
2015年、夏の湘南葉山に建てたオーナーだけのジブン・Style☆
上棟おめでとうございまーす☆
やっぱ、家造りって楽しいねー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. sta より:

    中尾さん、こんにちは〜。
    今日のブログを読んで、「そう、その通りっ❗️」って思いました。さすが、よくわかってんな〜❗️
    これからプランニングが楽しみです。

  2. 中尾建築工房 より:

    staさん☆
    あの〜、毎回毎回実名なので、私が変更させてもらってますけど・・
    そろそろ御自身の考えて頂けると助かります(笑)
    で。
    いくら良い家を建ててもね。
    『なんとな〜く楽しんで・・・る?』
    な〜んて思ってたりすると、それはホントに良い家に住んでるって事にはならないと思います。
    人間、自分の事を自分自身が分からないって事って多いみたいなんです。
    私自身、自分の事が一番分かってなかったですからねー
    と言う事で。
    白も黒も無いです。
    上も下も無いです。
    善も悪も無いです。
    まずは本気で好きな事して遊んでしまえ−!!
    これ、大事だいじ☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です