横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

自然素材の珪藻土で注文住宅の壁を塗る|壁塗り施主施工ライブ実況中継☆

 
自然素材の珪藻土で注文住宅の壁を塗る|壁塗り施主施工ライブ実況中継☆
この記事を書いている人 - WRITER -

施主施工って、今では結構あっちこっちでやっているところを見かけますね。
中尾建築工房でも施主施工を推進してから、かれこれ10数年の歴史がある。
当初は自然塗料を施主さん達が塗る程度だった。
それが珪藻土を塗ってみたり。
ウッドデッキを造ってみたり。
おしゃれなタイルを貼ってみたり。
そしてつい最近では、ダイニングテーブルやらキッチンまで造っちゃったり(笑)
言い方的には施主施工とか、セルフビルドとかDIYなんて言われたりするのだけれど。。
なんだかどんどんエスカレートしてるんじゃないって思う位、施主施工を希望されるオーナー様には技術提供をさせて頂いております(笑)
その中でも、中尾建築工房独特の施主施工と言えば、珪藻土の壁や天井を塗る施主施工。
これには結構自信がありまして、価格面、そして素材と技術面でのクオリティに関しては、おそらく真似出来ないのではないかと思っています。
何故なら・・・
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou.jpg
まず、コスト面に関しては、珪藻土などの材料を一括購入しています。
一棟一棟、材料をチビチビ買ってると、コストって下がらないんです。
でも、一気にまとめて買いまっせ〜と言う乗りで購入するから、オーナー様にもお安く提供が出来る訳。
そして塗るための道具、副資材の全てを中尾建築工房が無償で提供しているのです。
だから価格面では相当の自信がある訳ね。
で、その結果、中尾建築工房で建てる全ての家が、職人さんが塗る、オーナーが塗る、いずれにせよ天井も壁も珪藻土って事になるんですね。
そして技術的なクオリティ面に関しても、中尾建築工房は独特です。
アップした画像の様に、初めてコテを持つであろう方達にも、こうして天井の珪藻土を塗ってもらったりしています。
そして塗ってもらうだけではなくて、おそらく私にしか出来ないであろう必殺技があるんです。
ここに技術的クオリティを上げる秘密が隠されています。
例えば。。


『中尾さ〜ん、ここの所が上手く出来な〜い!』
と言われれば。。

『さっき教えたばっかだべよ〜、なんでこんくれーの事が出来ね〜のよっ!』と、言い放ちます(笑)
『どうですか〜中尾さん、昨日よりも全然上手くなってませんか?!』
と言われれば。。

『そんなのたいした事ね〜よっ、むしろもう少し丁寧にやんねきゃ駄目だから!』と、再度言い放ちます(笑)
つまりあれです。
家の依頼をしているオーナーに対して、工務店の社長がここまで言いたい放題に言う訳です。
遠慮なんてしませんし、お世辞も全く言いません。
普通の工務店やハウスメーカーの社長は施主に対して、絶対にこんな事を言いません。
むしろもっと営業チックな感じで、下手でも褒めると思います。
『あ〜◯◯さん、とっても上手ですねぇ〜』みたいな(笑)
ここがクオリティに関して、大きく影響している部分なんだと思います。
僕は元々、大工の棟梁。
つまりはガチンコの職人さんだった訳です。
ガチの職人としては、施主施工だろうが、職人施工だろうが、仕事って言うのはきっちりが大事。
妥協すれば作業は楽になるかもしれないけれど、その分クオリティは下がってしまう。
そして一度造ってしまったモノは、ず〜っとそのままの状態で残ってしまうのです。
では、施主側としては、果たしてクオリティの低い家と、クオリティの高い家。
一体、どちらを欲しいと思うのでしょうか?
ま〜、だいたいは後者の方になるだろうから、やっぱり作業レベルを上げる為にも、私は言いたい放題言う訳なんですね(笑)
こんな事を実践出来る工務店の社長さんは、おそらく早々居ないと思いますよ、うんうん。
こんな理由があるから、施主施工のクオリティに関しては、他工務店様が簡単に真似出来ないって事に繋がっているんです。
それに施主施工をやるメリットは、なんと言ってもコストダウンに繋がるから。
それだけに作業は、大工工事が終わった段階から、全てオーナーに施工して頂いております!
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou2.jpg
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou3.jpg
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou4.jpg
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou5.jpg
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou6.jpg
この様に実際にオーナーに施工してもらっていて、私達はほんの少し見本を見せるだけ。
現場であ〜だの、こ〜だの言いつつも、なんとかレベルアップしてもらえる様に指導をするのです。
そして面白いのが、同じ葉山に建てる方つながりで、オーナー様同士が繋がってしまったりする事。
たまたまなんですけど、葉山町一色にてプランニングがスタートした方と、壁塗り中の方とで連絡先を取り交わし、お互いに壁塗りの手伝いをしあう約束をしていたり。。
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou7.jpg
壁塗り中のご主人、あまりにも目が血走っておりましたので、目の部分を消させて頂きました(笑)
hayamamachi-horiuchi-o-kabenuri-seshusekou8.jpg
これまた、たまたまなんですけどね。。
壁塗り中のオーナー宅からほど近い、葉山町堀内にてプランニング中の方が偶然通りかかったり(笑)
こんな感じだからこそ、中尾建築工房は独特の施主施工やら、人と人との繋がりがあったりします。
ま、だいたい施主施工なんてのは、変わった人しかやろうと思わないと思うんです。
私も相当変わった工務店の社長かもしれません。
でもね。
中尾建築工房に依頼をされる皆さんも、充分変わっている方達ばかりだと思います☆
と言う事で、自然素材の珪藻土で注文住宅の壁を塗る|壁塗り施主施工ライブ実況中継☆
普通に普通な家を建てたい方は、中尾建築工房以外の工務店様でお建て下さい。
ジブン•Style!☆な自分らしい家を建てたい!
そう思われる方のみ、中尾建築工房にお越し頂ければと思いまーす☆
多分、今日あたりで2つのトイレも塗り壁作業が終わるんだろうな・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. もりたけ より:

    うひゃひゃひゃ(笑)
    相変わらずの伝統芸能みたいなもんですね。
    誰ですか、こんなコト始めたのは??

  2. ニャンコの母ちゃん より:

    うちは、ごくごく普通の家だと思っていたけどなぁ~
    施主施工っていうか、「やれば出来るんだったら、やっちゃえば」って精神(笑)
    でも、珪藻土塗りは1回で十分です!
    次に建てる時は、プロに任せます!

  3. 中尾建築工房 より:

    もりたけさん☆
    新築では最初にやってたのがもりたけさん(笑)
    ひたすら諦めない事。
    さらなる向上心を持って励んできた事。
    最高最善の改良を加えてきた事。
    これらが融合するから、クオリティも上がる訳ですね☆
    にゃんこの母ちゃんさん☆
    そ〜ね〜
    ごくごく普通な家でさ〜
    な訳ねーだろっ!!
    あの辺ではすっかりランドマーク的な家になってるじゃないですか(笑)
    では、そろそろ落ち着いた頃でしょうから、隣の土地買って、もう一回家造りをしてみましょう☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です