横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町堀内|自然素材の珪藻土を塗る為に必要な心構えの巻!

 
  2019/04/05
hayama-horiuchi-keisoudo-nurikabe-seshusekou-kokoroe2
この記事を書いている人 - WRITER -

 

現在、葉山町堀内の某現場では、施主施工で作業をされている進行中現場がございます。

 

で、普段はあまり私自らが出張って行く事はめずらしいのです。

 

なぜなら、最初にお教えしたら、後は監督達に聞きつつ、塗ったりなんなりすれば良いだけだからです。

 

ところがこちらの葉山町堀内の現場に関しては、かれこれ6回ほど行ってます。

 

では何故、私がここまで連発で行かないとならないのかって言うと。。

 

hayama-horiuchi-keisoudo-nurikabe-seshusekou-kokoroe.jpg

 

これ、私が珪藻土塗の下地となる、パテ塗りの見本として塗ってみた部分です。

 

上の方は文句なしのパテ仕上がりでして、下の方は悪い例を見せています。

 

こうやって悪い例を敢えて見せているのには、理由があったりします。

 

大抵の場合、力の入れ具合が分からないので、どうしても塗るって感じが下の感じになってしまうのです。

 

でも、これでは作業がドンドン大変になってしまうんですね。

 

せっかく塗った所をガシガシとペーパーで削らなければならないから。

 

であれば、最初の一発で、きちんとパテ下地を仕上げる感覚で、作業をしてもらいたいんです。

 

私の実技を見ている方なら、パテの盛り方をご存知かと思います。

 

なので、パテを塗る

 

ではなく。

 

パテを盛って仕上げる

 

この感覚で作業をしてもらうと良いかもしれません。

 

パテ下地が綺麗に出来てれば、その上の珪藻土作業なんて、楽なもんです。

 

パテがヘタッピーでは、珪藻土だってヘタッピーな仕上がりになります。

 

つまり下地がとっても大事なんですよって事。

 

後は力加減ですかね。

 

この土日で、この現場のオーナーの他に、葉山町一色にて計画中のオーナー。

 

そして横須賀市長沢で計画中のオーナー。

 

二組のオーナーが作業のお手伝いをされておりました。

 

どちらのオーナーも力加減に関しては、慣れてもらえれば問題ないかと思います。

 

実際に建てているオーナーに関しては、ちょっと力加減が弱いかもしんないですね。

 

まずはモリモリパワーを出すために、近所のステーキ哲でガーリックステーキなんかを食べた方が良いかもね(笑)

 

それは冗談としても、腕力で押さえる所は押さえていく。

 

コンクリートでも、モルタルでも、パテやら珪藻土にしたって、左官仕事は塗るではなくて、押さえると言う表現を使う位、押さえの作業がとっても大事。

 

なので、施主施工を検討されている方は、こちらの葉山町堀内の現場に行って、是非私が居る時に来てみてください。

 

そうすると、施主施工で大事なポイントが、必ず分かって頂けると思いますので☆

 

そして私がちょこちょこ、葉山町堀内のオーナーに伝えているのが、スピード感向上、使っている道具やバケツを汚さない事を意識して伝えてます。

 

スピード感に関しては、使っている珪藻土やパテ材の硬化時間に作業が間に合ってない。

 

それが間に合わないと、道具も無駄にパテやら珪藻土が付着して汚くなる。

 

となると道具も仕上げ面も自ずと汚くなります。

 

間違いなく、綺麗に仕上がるなんて事は、絶対にありません。

 

パテも開けっ放しだと固くなる。

 

珪藻土だってきちんと蓋を閉めてないと、固まってしまう。

 

せっかく、練り上げたモノを塗らずに捨てるなんて事は。。

 

hayama-horiuchi-keisoudo-nurikabe-seshusekou-kokoroe2.jpg

 

まぁ、普通は絶対にありえませんけどね(笑)

 

と言う事で葉山町堀内の施主施工珪藻土の心構えとは?!

 

全てに於いてキレイに仕上げる為に、道具も材料もキレイにする事が。。

 

仕上がりを良くする、最大の方法だと言う事を覚えて頂ければと思います!

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です