横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢|毎日Resortしたい家お引き渡し☆

 
横須賀市長沢|毎日Resortしたい家お引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2016年7月24日の建築吉日(たつ)の日に、横須賀市長沢にて建築中でありました『毎日Resortしたい家』のお引き渡しを行わせて頂きましたー☆
yokosukashi-nagasawa-k-t-ohikiwatashi.jpg
横須賀市長沢と言えば。
中尾建築工房のあるエリアなのですが、中尾建築工房は長沢の山奥に存在します。
そして 『毎日Resortしたい家』は、駅近の便利な立地に建てられました。
同じ長沢でも、随分と開きがあるのは否めませんね(笑)
で。
『毎日Resortしたい家』の建築地は、国道134合線の長沢駅入り口の信号の所。
建物のサイズは延べ床面積でも60坪と、比較的に大きい建物です。
さらに、床はないけど2Fリビングの天井部分は大空間が広がっています。
そして外壁には、ホワイトが映える自然素材の漆喰を塗りあげての仕上がり。
言ってみれば、もう隠しようの無い。。
相当目立つ立地でありますから、建築途中からご近所の方にもたくさんお声を掛けられた家でもあります。
オーナー奥様のママ友さん関係(であろう)の方にも、いろいろと家造りの相談を受けるきっかけにもなりました。
『毎日Resortしたい家』の特徴は、工場併用住宅という事で1Fはご主人のお仕事場。
居住空間は眺めの良い2Fに設定される家になっています。
こちらのお宅も不思議な現場監督さんが担当していたのですが。
いきなり消えちゃいましたので、急遽私が担当に変わらせて頂きました!
そして竣工〜♬


yokosukashi-nagasawa-k-t-ohikiwatashi2.jpg
キッチンは、ハイクラスオーダーキッチンメーカーのリネアタラーラ社製のアイランドキッチン。
壁面のパネルに施されたブラックの中にパープルが見え隠れする塗装は、メーカーさんを悩ませてしまいましたが。
その分、奥様大喜びな出来栄え。
さっすがクオリティが高いキッチンですよねー☆
そして背面にあるのは、レッドシダーの板貼りがなされたパントリー収納のハイドア。
無垢材のレッドシダーが醸し出す香り、そして西日の照り返しによる室温上昇を自然素材の珪藻土が抑えるかの如く調和しています。
お引き渡しの際に、私はこんな事を聞いてみたのですが。。
「こんだけ良いキッチン入れたら、食事は相当良いモノばかりが出てくるんだろうねー(わざと奥様へプレッシャー笑)」
そしたらニコニコ顔の奥様の横でご主人の一言。
「いやー、食事はやっぱりすき家でしょ〜笑」
なんと寛大なご主人様だ事!!
ま、確かに私もすき家は嫌いでは無い(笑)
そして他にも〜
yokosukashi-nagasawa-k-t-ohikiwatashi3.jpg
リビングには、これモンの大空間。
ロートアイアンで製作した手摺は、ソリッドブラックのカラーが大空間を引き締めてくれています。
そして中尾建築工房ならではの、ライティングイリュージョン!
これならまさに、毎日がリゾート気分を味わえますね!
yokosukashi-nagasawa-k-t-ohikiwatashi4.jpg
小屋裏収納に上がる階段も、ロートアイアンでフレームを製作して、階段板材を固定しました。
すっきりとスタイリッシュに仕上がったと思います。
こうしてお引き渡しをさせて頂いた『毎日Resortしたい家』
実は足場をバラした後、左官職人さんに外壁の部分的なタッチアップをする様に伝えたのですが。
なぜか頼んでいない部分をタッチアップではなく、大きなハケでボテ塗りをしてしまい・・・
いやいや、それ今すぐ落とさないと駄目だよ〜!!
となったのですが、あまりにも目立ちますので、お引き渡し後。
再度、足場を掛けさせて頂きまして、左官仕上げを行わせて頂きました。
だから一回足場が外れた後、再度足場を組んでいたのは。。
これが理由だったんです。
とにもかくにも、竣工させて頂いた『毎日Resortしたい家』
ご主人、念願の工場も自宅下に装備されて。
奥様もリビングや例の場所から眺める海を満喫出来て。
お子さんたちも、それぞれ大きな天井を持つ部屋があって。
み〜んな、満足して頂けて良かったです!
竣工、おめでとうございまーす☆
yokosukashi-nagasawa-k-t-ohikiwatashi5.jpg
工場オープンのお祝いも、しっかりと生花を出させて頂きました!
併せて、おめでとうございまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です