横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

ゴールデンウィークの代休から戻って来ました!

 
WRITER
ゴールデンウィークの代休から戻って来ました!
この記事を書いている人 - WRITER -

 

お久しぶりのブログ更新になります(笑)

 

今年のゴールデンウィークは、長い大連休を過ごされた方も多かったのではないでしょうか。

 

私の場合はと言えば、3月は月2回、4月は月1回、そして5月は。

 

5月は25、26、27日の三日間のみの休み。

 

それ以外は全て仕事をしておりました。

 

この5月の三日間は久しぶりに、息子とお母さんの暮らす九州に行っておりました。

 

何をしてたかって?

 

息子の体育会を、見に行っておりました(笑)

 

それではお休み中を、ほんのすこしだけご紹介させて頂きます。

 

1.久しぶりのフライト

久しぶりのフライト

 

羽田を離陸すると、あっと言う間に相模湾を一望する事が出来ます。

 

左側に見えるのは、誰もがご存知の江ノ島。

 

そして西の方には、西のリゾートである初島も見えてます。

 

長い時間をかけての新幹線移動も悪くないのですが、九州まで行くのは結構な時間が掛かります。

 

新横浜から博多までで5時間弱。

 

さらにそこから西鉄を利用すると、+で1時間ほど掛かってしまいます。

 

しかも息子の住む町は電車が無いので、隣の市までしかたどりつく事が出来ません。

 

空を利用すると、羽田から1時間30分ほどで佐賀空港に到着です。

 

しかもお母さんと息子の送迎付きです。

 

だったら、佐賀空港を利用しない理由は無いだろう。

 

そんな気持ちで、久しぶりの空港利用です。

 

すでに何度も足を運んでますから、第二ターミナルの出発ロビーは把握済み。

 

しかも久しぶりの休みですし、たまにはお昼から生ビールでも飲みたいなと(笑)

 

いつもの搭乗口の付近には、お蕎麦とお寿司のお店があるのを覚えていました。

 

あんまり食べたく無いですし、お寿司を5〜6貫と生ビールでも嗜もうかなぁ。。

 

そんな趣で搭乗口に向かったのですが。

 

なぜかこの日の搭乗口は、真逆方面のバスターミナルが搭乗口に指定されておりまして。

 

お寿司のために遠い搭乗口に行くのも、なんだかとっても効率が悪いな・・

 

だったらバスターミナルの方にも、何かしら食べ物屋さんがあるだろう。。

 

そっちで済ませるか・・・

 

と、バスターミナルの方に足を向けたのです。

 

そして到着したのは、バスターミナル前のこのお店。

 

バスターミナル前のお店

 

軽くお寿司をつまむつもりでしたので、何を食べたいかすら浮かびません。

 

こういった際に私の場合は、おすすめ品があったらそれを選ぶ癖があります。

 

店長おすすめきつねうどんいなりセット

 

このクソ暑い日にも関わらず、店長のおすすめ品はきつねうどんいなりセットですか・・・

 

でもいなりも、お寿司と思えばお寿司かも。

 

そんな訳で、おすすめ品を食べる事にしました。

 

普段は滅多に食べないんですよね、きつねうどんとか・・・

 

2.九州2泊3日の初日

九州2泊三日の初日

 

空港に到着すると、すでにお母さんと息子が待っていてくれました。

 

お母さんの運転する車で、宿泊するビジネスホテルまで移動です。

 

お母さんは学校の役員をしているので、送迎が終わったら明日の段取りが詰まっています。

 

子供一人に対して田舎らしい、大人数でのお弁当の準備。

 

さらに朝4時起床からの、体育会の準備。

 

ですから夕食の時間までは、息子を預かってホテルで遊ぶ事にしました。

 

布団で隠れる息子

 

なぜか布団に隠れる息子(笑)

 

基本的にはゲームっ子なのですが、普通の遊びもしたりします。

 

今回は隠れた息子を私がいじると言う、Mっ気たっぷりの遊びの様です(笑)

 

布団から顔を出す息子

 

早く掛かって来なよと言いたそうな、満面の笑みでございます(笑)

 

時間にして2時半間ほどだったでしょうか。

 

ベット遊びのおかげで、私のベットはぐっちゃぐちゃ・・・

 

久しぶりの親子遊びで、私も結構な体力を消耗してしまいました。

 

そして夕食は、お母さんおすすめの赤ちょうちんへ。

 

以前から何軒かお店があるなと思っていた場所なのですが、行ってみたのは今回が初めて。

 

なんでも出してくれるので、息子はハンバークとご飯で食事。

 

私たちは普通に居酒屋メニューで、初日の食事を終えました。

 

神奈川で暮らしていて、こっちに来るとですね。

 

ホントに、物価の違いに驚いてしまいます。

 

赤ちょうちんのお店、本当に激安でございました。

 

3.九州2泊3日の2日目息子の体育会

九州2泊3日の2日目息子の体育会

 

息子は小学校3年生なので、あまり激アツな種目はありません。

 

強いて挙げれば綱引きが、一番ヒートアップする種目です。

 

息子はメガネっ子ですから、どれが息子なのかは分かりやすいのですが。

 

あまりにもそっくりな子供が一人居まして、どっちが息子なのかが分からなかったりする場面がありました。

 

多分画像の子供は違うと思うのですが、体力の面ではまだまだ力が足りない感じです。

 

息子は楽しそうに体育会を楽しんでまして、出番の無い場面では。

 

なぜか息子の周りは、三人の女の子に囲まれとりました。。

 

忠志、お前もなかなかやるじゃねーか・・・

 

お父さんは後ろでまじまじと観察をしておりましたが、ゲーム以外にも意外な才能があった様です(笑)

 

そしてお母さんはと言えば、役員になってますので落ち着く事が出来ません。

 

あっちに行って、こっちに行って。

 

さらには高学年の騎馬戦で、サポーターとして背後で見守る役目もしてました。

 

今時の騎馬戦って、落っこちても大丈夫な様に大人の助けが入るんですね。

 

私も小学校時には、根岸小学校の体育委員長でした。

 

そして白組応援団長。

 

騎馬戦は、もちろん白組の大将。

 

あの頃はバッチバチの記憶しか残ってないのですが、今時はだんだんとやんわり化されて来たのを体感してしまいました。

 

そんな息子の体育会を楽しんで来たのですが、15時過ぎまでの予定だった体育会。

 

それが12時過ぎで、体育会を閉幕をする事になってしまいました。

 

なんでもPM2.5他の物質が、中国からたくさん飛んで来る予報が出たんですって。

 

息子の暮らす町では、結構それらが飛んで来る率が高いのだそうです。

 

気温も高いですし、安全を考慮しての閉会になりました。

 

その後は片付けをお願いされましたので、元大工のパワーをお役に立てるならと。

 

私もテントの撤去や椅子の片付け、入場門や退場門の撤去などをお手伝いさせて頂きました。

 

門の柱は海の家と同じで、掘っ建てで建てています。

 

現役大工の頃には、海の家を実際に現場で建てていた人ですから。

 

 

こんな杉の五寸角なんて、俺一人でたくさんだなぁ。。

 

なんて感じで抜こうとしたら、周りの方に止められてしまいました(笑)

 

まだまだ力だけはズバ抜けてる事を実感してしまいましたが、剛に入れば郷に従え。

 

と言う事で、皆さんと一緒にゆるいお片づけを終えました。

 

そして小学校内でお母さんお手製のお弁当を食べて、しばしまったりしてました。

 

その後はお母さんもぐったりさんですので、しばしのお昼寝タイムを。

 

朝4時起きでしたし、陽差しも半端無かったですし。

 

晩御飯も、外食で済ませてしまおうと言う事になりまして。

 

九州と言えば、とんこつラーメンが定番です。

 

でも最近では鉄板のとんこつラーメンだけではなく、塩や味噌のラーメンなどを提供するお店もある様です。

 

お母さんは九州人なので、鉄板のとんこつ赤ラーメン。

 

そして息子はスタンダードな、とんこつ白ラーメン。

 

神奈川在住の私としては、気になるメニューがありました。

 

豚骨魚介ラーメン。

 

豚骨魚介ラーメン

 

特にトッピングをしている訳ではありません。

 

まさか魚介系が九州で食べれるとは思ってないので、思わずうっかり頼んでしまいました。

 

見た目は凄そうですが、割とあっさりとしているラーメン。

 

地元では、割と人気のあるラーメン店だと言う事でした。

 

お腹も膨らんだ事ですし、お母さんの勧めもありまして。

 

温泉

 

温泉に入る事になりました。

 

これは温泉にある橋の模型です。

 

昔はこの様に、鉄道が走っていたのだと言う模型ですね。

 

久しぶりの温泉も満喫出来ましたし、この日は爆睡。

 

やっぱり疲れた時の温泉は良いものですね。

 

4.九州2泊3日の3日目神奈川へと帰る

九州2泊3日の3日目神奈川へと帰る

 

三日目のこの日、私は最後の便にて神奈川へ帰る予定です。

 

晴れていれば三人で公園に行く予定だったのですが、雨が本降りになってしまいました。

 

ですから家で、息子の作品を拝見する事になりまして。

 

息子の作品

 

なかなか上手に、作品を制作している様でした(笑)

 

このあたりは、同じ血が通っている事がよく分かります。

 

そしてお昼になると、やっぱりお腹が減りました。

 

忠志はお昼ご飯、なん食べたい?

 

お父さん、僕はお肉のうどんが食べたい!

 

んじゃ、うどん屋さんに行きますかと言う事で。

 

私が食したのは、こちらのうどんセットでございます。

 

普段は食べないきつねいなりセット

 

普段は食べないのですが、なぜかきつねいなりセットでございます・・・

 

私は衣笠駅の本陣で、お蕎麦を食べる機会があるのですが。

 

たいていの場合、天ぷらゆで卵そばを注文します。

 

夏になると、冷やしたぬきそばに変える程度です。

 

でもなぜか今回は、二度目のきつねいなりセット。。

 

まぁいっかと言う事で、雨の降る中でしたので。

 

息子ががぶ飲みする牛乳を買いに、近所のショッピングモールに行きました。

 

そこではゲームコーナーもありましたので、息子とゲームで遊ぶ事にしました。

 

お父さん的には、一緒に遊べるものは無いかなと思ってましたが。

 

画面にボールを投げて、敵のロボットを倒すゲームがありました。

 

息子とムキになって、大汗かいて対戦したのですが。

 

なんとかラスボスを倒して、息子共々勇者になる事が出来ました(笑)

 

ただしその場で、すでに筋肉痛になりましたが・・・

 

そのあとは息子とお母さんと、家で寛いでおりました。

 

実は今回の息子の体育会行きは、ANAのマイレージでチケットを取りました。

 

今はスマホでチケットが取れて、行きも帰りも一つのバーコードで全ての手続きが完了します。

 

しかもマイレージをスカイコインに変えてから、チケットを取りますので。

 

とってもお手軽に、タダで航空券をゲットする事が可能になりました。

 

行きは普通のエコノミーだったのですが、帰りは多分ぐったりするだろうから。

 

タダでチケットを取れる事もあり、座席がゆったり出来るプレミアムクラスを取ってました。

 

搭乗も優先的に乗れますし、手荷物も優先的に受け取る事が可能です。

 

そこまでは知っていたのですが、国内線なのにも関わらず機内食も出たりするんですよね。

 

優先搭乗なので、お母さんと息子とはここでお別れ。

 

搭乗の最後まで見送ってもらって、私は神奈川に帰る事になりました。

 

離陸してからはリクライニングを倒して、すでに寝る気満々のこの私。

 

そしたらなぜか、食事が運ばれて来たのです。

 

あんまり食べる気しないのだけど、出してもらって粗末にする訳にも行きません。

 

ちなみに出してもらった食事はこちら。

 

プレミアムクラスの食事

 

メニューが和食だったので、これはとても有難かったです。

 

そして最後に残った、おかずをふと見ると。

 

肉いなり

 

なんとっ!!

 

ここでも肉いなりを、食する事になってしまいました。

 

なんでこんなに、いなり付いた三日間なのだろうか・・・

 

こうして無事羽田空港に到着して、バスラウンジに戻る事になったのですが。

 

私が佐賀に飛び立った後に、トランプさんがやって来てたんですね。

 

厳重に警戒されてたから、誰か来るのかなー程度しか知りませんでした。

 

でも羽田に帰って来てみると、空港内にエアフォースワンが停泊していたので。

 

バスに乗った皆さんは、結構な大騒ぎでございました(笑)

 

私はあんまり興味が無いので、見る事もしませんでしたが・・・

 

5.まとめ

ゴールデンウィークの代休から戻って来ました!

 

羽田からは、そのまま京急で帰って来ました。

 

息子も成長していて、お友達とも仲良くやれている様ですし。

 

お母さんも仕事や、学校の役員を楽しんでいる様で何よりでした。

 

来年は息子も10歳になりますので、2分の1の成人式を行うのだそうです。

 

その際には呼んでくれるとの事でしたので、今から2分の1の成人式が楽しみです!

 

と言う事で息子の体育会を見に行く、ゴールデンウィークの代休は終わりました。

 

ずらした日程でお休みを頂きまして、皆様ありがとうございました。

 

すでに戻っておりますので、打ち合わせご希望の方はいつでもご連絡くださいませー☆

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です