横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢『bamboo house』の屋根・外壁のガルバリウム鋼板は只者ではない!

 
横須賀市長沢『bamboo house』の屋根・外壁のガルバリウム鋼板は只者ではない!
この記事を書いている人 - WRITER -

yokosukashi-nagasawa-bamboo-house-shisatsu.jpg
今日はなんだか芳しくない天気でしたけど、雨の降っていない時間帯に横須賀市長沢に建てている『bamboo house』に行って参りました!
外壁のガルバリウム鋼板の進捗具合を見たかったのですが、まぁほぼほぼ張り終わっている感じですね。
実はこのガルバリウム鋼板、中尾建築工房で取り扱っているのは割りとマニアックなガルバリウム鋼板です。
なにがマニアックなのかといえば、ガルバリウムの厚みだったり、長さの加工がマニアック。
普通のガルバリウム鋼板だと、長さは最大4mまでしか無いので、平家の家ならまだしも2F建ての家になるとかならずジョイントが出来てしまいます。
そんなジョイントなんて『要〜らないっ!』って〜のが私の考え(笑)
なので中尾建築工房のガルバリウム鋼板は1枚モノで貼り上げてしまうのです。


yokosukashi-nagasawa-bamboo-house-shisatsu2.jpg
ね、これは基礎の高さから上に向かって写メ撮ったんですけど、下から上までジョイント入れません。
この外壁はほとんどの工務店さんがおそらく知らないみたいで、たま〜に施主となる方から連絡が来る事があるんです。
たいていの場合が建売業者さんと建物の請負契約をされていて、外壁だけは中尾建築工房のガルバリウムにしたいから教えて欲しいって。
それくらい意匠性、そして厚みに関してもこだわっている中尾建築工房のガルバリウム鋼板。
今はまだ、足場がありますから、はっきりとした姿は見せていません。
けれども足場が外れた瞬間に、この家の外観が姿を表せば、おのずとどんだけ個性出しまくってるんですか!
ってなると思います!
yokosukashi-nagasawa-bamboo-house-shisatsu3.jpg
室内に入ると大工さんが小上がりの座卓廻りを造作してました!
そして昼間なんですけど、足場に掛かっているシートの影響で、昼間でも投光機を付けないと、作業がしにくいです。
でも足場が外れてシートも取れて、室内の天井や壁も珪藻土で仕上がれば、それはそれは明るいリビングダイニングになりますのでご心配なく☆
こんだけ断熱しっかり入っていると、温かく過ごせるから良いですねー。
中尾建築工房で建てている家は、どこの家もそうですけど『bamboo house』も、オーナーの個性が詰まった家と言えるかと思います!
完成が楽しみ〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です