横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市に新築一戸建ての家を建てる!施主自ら家づくりに参加して建てた家

 
  2019/04/15
WRITER
逗子市に新築一戸建ての家を建てる!施主自ら家づくりに参加して建てた家
この記事を書いている人 - WRITER -

 

逗子市に新築の一戸建てを建てて、いつは住んでみたい!

 

どうせ建てるなら建売住宅の新築ではなく、注文住宅で家を建てたい!

 

そのためには施主が自ら参加してでも、理想を叶えた自然素材の家を建てる。

 

中尾建築工房が建てる家はジブン・Styleの家づくり。

 

今回は湘南の中でも逗子市と言う、人気のあるエリアに家を建てた家をご紹介させて頂きます。

 

逗子の良いところを存分に楽しめる、若い世代が逗子市に建てた家。

 

逗子市に新築一戸建ての家を建てる!施主自ら家づくりに参加して建てた家 きーもちぃー家

 

無垢の床材に自然塗料で着色した、お好みのフローリング。

 

大きな梁材はホワイトに着色して現し仕上げ。

 

少しだけ天井を高くした開放感のあるリビング。

 

自然素材の漆喰をふわりと仕上げた天井や壁には、庭先に臨む山々の湿気を調湿する家になっています。

 

諦めなければ、逗子市に自然素材の家を建てる事は出来る!

 

それではご紹介をして行きましょう。

 

1. 逗子市に建つ きーもちぃー家にお連れ致します

逗子市に建つ きーもちぃー家にお連れ致します

 

■玄関の特徴

 

  • ご主人とお父さん合作のフェンスやデッキ
  • 構造そのまま現し仕上げ
  • 北欧の家の様な趣のある可愛さがいい

 

誰にでも建てたい理想の家があると思います。

 

叶えたかった要望だって、拾い上げればいくらだってあったりします。

 

けれども建築した場所は、逗子海岸にだってアクセスの良い逗子市です。

 

その難関たるや、逗子市にお住いの方であればご存知だと思います。

 

なんと言っても安い土地は無いのが、逗子市の人気のエリアです。

 

では人気の無い小坪を選択する事が出来るかと言えば。

 

やはり人生で最大の買い物になりますから、なかなか踏ん切りが付かないのが正直なところでしょう。

 

だからこそ自分なりの家を建てる為には、フェンスやデッキだって自作を考えます。

 

家の雰囲気だって、北欧の家の様な趣のある可愛さだって欲しい。

 

構造には自信のある中尾建築工房の、無垢材をふんだんに使ったオリジナルフレームです。

 

そのまま見せれば、重厚感もそのまま感じる事が出来ます。

 

少しずつでも自ら手を入れる事によって、理想の形にする事が出来ますよね。

 

2.玄関に併設された土間収納が便利!

玄関に併設された土間収納が便利!

 

■玄関の特徴

 

  • 収納力のある土間収納
  • 奥様お好みの小物で装飾
  • 千鳥貼りされたお好みのタイル

 

逗子市に建てた、きーもちぃー家。

 

子育て中なら玄関の横には、収納力のある土間収納があって欲しい。

 

公園で遊ぶアイテムだったり、海へ行く時に便利なモノ。

 

土間収納があれば、外で使うモノをなんだって収納出来ちゃいますよね。

 

しっかりと棚を整理すれば、土間収納に扉を付けなくてもOKです。

 

きーもちぃー家の場合は、アーチ状にして玄関の顔にもなっています。

 

シンプルな造りになってますから、奥様チョイスの可愛らしい小物が目立ちます。

 

飾り棚に可愛いペンダント照明、靴ベラなどからこだわりが感じられますよね。

 

工務店側のデザイン力ではなく、完全に奥様のデザイン力に助けられてます。

 

タイルは平角ではなく、横長のタイルをチョイス。

 

千鳥貼りをする事で、可愛さについては二重丸になりました。

 

3.リビングへお越し下さい!

リビングへお越し下さい!

 

■リビングスペースの特徴

 

  • 5連のペンダントライトがお出迎え
  • 奥には重厚感のある薪ストーブ
  • 一面にオイルフィニッシュされた杉の無垢フローリング
  • 大きくて分厚い梁材をシンボルに

 

玄関からリビングの無垢ドアを開けると、その先にはこの光景が目に入ります。

 

可愛らしい5連のペンダントライトは、家の雰囲気をしっかりと主張しています。

 

その奥にはさりげなく置かれた薪ストーブを見る事が出来ますね。

 

ダッジウエスト社のエンライトが、リビングではシンボルと化しています。

 

床には一面に杉の無垢フローリングが貼られて、自然塗料で着色されたオイルフィニッシュの仕上げ。

 

漆喰やタイルのホワイトと、ウォールナットのブラウン色が、コントラストをさりげなく主張しています。

 

さらに天井には大きな梁材が、本来なら隠れてしまうのですが。

 

これだけ立派な梁材なら、見せてしまった方が良いだろう。

 

さりげなく梁材をホワイトに着色して、違和感の無い自然素材の家を建てられています。

 

そしてひっそりと動いているシーリングファンも、この家にとっては快適な風を送るためのマストアイテムです。

 

意外にも見た目だけではなく、シーリングファンは空気の攪拌に効果を発揮しています。

 

4.キッチンをご覧頂きましょう!

キッチンをご覧頂きましょう!

 

■キッチンの特徴

 

  • 壁付けI型ストレートの2550キッチンを採用
  • 対面のタイル壁を造作して対面キッチンに
  • 至る所に奥様のお気に入りの小物

 

キッチンにはごく普通の、壁付けI型ストレートの2550キッチンを採用しています。

 

ただし壁付けだからと言って、対面式を諦めません。

 

そこには対面壁を造作して、お気に入りのタイルで仕上げています。

 

実はこの対面壁のタイル、天板のタイルは中尾建築工房で施工をしておりますが・・

 

壁面いっぱいに貼られたホワイトのレンガ調タイルに関しては、施主様の方で施工をして頂いております。

 

施主が施工に参加する家づくりは、中尾建築工房が創業の頃から行って来ました。

 

タイルもそんなに難しい作業ではありません。

 

むしろお好みのタイルをゆっくり選んで、張れる場所をしっかり確保する事が大切です。

 

家の中でお気に入りのモノに囲まれて暮らすのは、家の中の事をする際に気分も高揚すると思います。

 

この可愛さは、特に工務店側が意図的に施工した訳ではありません。

 

ここでも奥様のこだわりが随所に見れる小物のおかげです。

 

ぬいぐるみだったり、観葉植物だったり。

 

センスの良い施主様に、助けられてしまってます。

 

実は先日、お引渡しを終えた逗子の家があります。

 

ママ友さんつながりで、こちらの家をご覧になったのが始まりでした。

 

何この家、何だかすごい可愛いんだけどー♪

 

そこから中尾建築工房との家づくりが、始まってしまったのを思い出してしまいます。

 

5.洗面化粧台もオリジナルデザインをセレクト

洗面化粧台もオリジナルデザインをセレクト

 

■オリジナル洗面台の特徴

 

  • お好みのデザインを40種類の中から選べます
  • ご主人が寝袋で眠っていた時に塗った洗面室

 

洗面化粧台に関しては、様々なリクエストがあります。

 

コストはそのままで、なるべく可愛い感じの洗面台を選びたい。

 

造作でオリジナルの洗面化粧台にしたい。

 

普通のシステム洗面台でいい。

 

いろんな意見に分かれてしますのですが、一応この様なオリジナルの洗面化粧台もご用意をさせて頂いております。

 

収納力に関しては、メーカーの洗面化粧台に比べて落ちてしまいます。

 

それをどう考えるかと言うのも、自分たちなりの家を建てる時には決め手になるでしょう。

 

この洗面室を見るたびに思い出すのは、ご主人が2Fで寝袋の中で寝ていた事です。

 

忙しい毎日の仕事を終えて、建築地の現場で壁塗りをしていたご主人様。

 

たまたま私たちが作業の様子を見に行くと、2Fでご主人様が寝袋の中でお休みされておりました。

 

これじゃぁ間に合わないかも・・・

 

何気に私たちもお手伝いをして、塗った事を思い出してしまいました。

 

6. リビング併設の小上がりも

リビング併設の小上がりも

 

■小上がりの特徴

 

  • 市松模様の琉球調畳
  • い草の香りと無垢材の香りを楽しめます
  • ちょっとした時にダイブ出来る

 

市松模様がくっきりと浮かぶ琉球調の畳。

 

い草の香りを感じると、つくづく日本人なんだなと思ってしまう場所が畳部屋ですよね。

 

間仕切りを設けない畳のスペースは、い草の香りがリビングに運ばれます。

 

真冬に薪ストーブの熱で暖められると、い草の香りがさらに心地よく感じる事が出来ます。

 

ちょっと疲れた時に、畳に向かってダイブするのも気持ちが良いと思います。

 

そりゃー気持ちいいはずだと思います。

 

なんと言ってもこの家のタイトルは、きーもちぃー家ですからね。

 

7.上にも下にもウッドデッキを

上にも下にもウッドデッキを

 

■ウッドデッキの特徴

 

  • 2Fのウッドデッキは中尾建築工房作
  • 1Fはご主人製作

 

逗子や葉山に建てる家には、ウッドデッキの製作依頼がとても多い地域です。

 

いろんな方の家づくりをお手伝い差し上げているのですが、きーもちぃー家の場合は2Fのみ中尾建築工房の大工作。

 

国産唐松の4寸以上のフレームで、しっかりと造作をしています。

 

そして1Fのウッドデッキはご主人が南洋材で、DIYでウッドデッキを製作されました。

 

壁塗りから始まり、薪ストーブの取り付けだってご主人自ら取り付けています。

 

ウッドデッキやウッドフェンス。

 

ここまで来ると中尾建築工房を頼らずとも、家のメンテナンスは出来るのではないか。

 

そこまでご主人様のDIY能力は、とても高い状態になってしまいました。

 

出来る方にはもちろんの事、最初は皆さん誰もがやった事が無いのです。

 

心さえ折れない自信があるなら、元大工の私に弟子入りして頂ければと思います(笑)

 

8.お子さんの寝室にも個性が

お子さんの寝室にも個性が

 

■子供部屋の特徴

 

  • 仲良く二段ベットでお休みなさい
  • カラーウォールが楽しい
  • 大梁はベットと同様に木目のあるホワイトで着色
  • 梁に登るロープもある

 

くまさんが寝ている二段ベットは、子供部屋のシンボルの様になっています。

 

姉妹で仲良く眠れるかな?

 

そんな子供部屋は、南面にカラーウォールを採用しています。

 

真っ白よりは、見た目的にも気分が上がりますよね。

 

カラーウォールに突き刺さる太い大梁は、ベッドと同じ様に着色仕様。

 

大梁からぶら下がるロープは、姉妹が同時に登れる形になっています。

 

どっちが登るのが早いのか。

 

そんな競争をしている様子が、はっきりと見て取れる子供部屋ですよね。

 

早く寝なさいとは、決して言えない子供部屋のご紹介でした。

 

9.薪ストーブだって楽しみたい!

薪ストーブだって楽しみたい!

 

■薪ストーブの特徴

 

  • ダッジウエスト社のエンライトスモール
  • 炉台も炉壁もご主人製作
  • 薪割りだって頑張ります

 

薪ストーブを導入したいとおっしゃる方は、逗子や葉山にはとても多い声だと思います。

 

中尾建築工房では比較的薪ストーブの導入率が高い様に思います。

 

おそらくですが、私たちが販売するのではなく。

 

個人輸入を私が行ったので、そこをご紹介しているからだと思います。

 

お値段を見て国内で買うのと比較をすれば、その価格の差に驚かれる方も多いです。

 

ご主人が選んだ薪ストーブは、私と同じダッジウエスト社のエンライト。

 

この家ならスモールでも十分なので、スモールタイプを選択されています。

 

薪ストーブ本体や煙突の取り付けはもちろんの事、炉台や炉壁もご主人担当です。

 

意外に思われるかもしれませんが、背に腹は変えられません。

 

薪割りだって造園業社さんと仲良くなれば、薪の原料になるタンコロを頂けたりします。

 

薪ストーブも取り付けた。

 

薪は自ら頑張って割る!

 

あとはやるしか無いの、折れない気持ちがとっても大切ですね。

 

同じ様になんとか薪ストーブを諦めたく無い方。

 

中尾建築工房が、しっかりと応援したいと思います。

 

10.T様らしい逗子のライフスタイルを

T様らしい逗子のライフスタイルを

 

逗子に家を建ててから、あれから7年が経過したきーもちぃー家。

 

ご主人様とはあまりお会いしないのですが、奥様は逗子でちらほらお見かけします。

 

逗子駅近くでお見かけしたり、逗子海岸の辺りでお見かけする事もあります。

 

でも一番面白かったのは、横浜のコストコでお会いした時の事が印象的です。

 

私を後ろから「中尾さーん!!」と、ど突いたのは。

 

おそらくT家の奥様が、最初で最期の様な気がします(笑)

 

近くに居りますので、また何かありましたらご連絡頂ければ幸いです!

 

2012年6月11日に竣工させて頂いた逗子市に新築一戸建ての家を建てる!施主自ら家づくりに参加して建てた家 きーもちぃー家をご紹介させて頂きました。

 

これからも中尾建築工房は人生で最高の家づくりをあなたにご提案させて頂きます。

 

アンケートはこれから送付予定です。

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です