横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

無垢板でシンプルな神棚を造りたい!|赤ケヤキの無垢板をDIYで削ってみよう!

 
無垢板でシンプルな神棚を造りたい!|赤ケヤキの無垢板をDIYで削ってみよう!
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日、上棟したばかりの葉山町一色に建つ童心に還れる家。
こちらの家には神棚が付くのですが、実はこれが施主施行(笑)
神棚と言えば、一般的には神棚セットと言うモノが存在します。
工務店で請け負う工事の場合、神棚を付けてと言われれば。
神棚セットを大工さんに取り付けてもらう事で作業は終了。
この他に必要なお社だったり、神具だったりは、また別途で購入して頂く形になる事が多いんですよね。
ご要望があった場合のみ、神具もこちらで選んで販売する事は可能ですけど、最近はそこまでやりたいと言われる方が非常に少ないのが現状。
神棚セットも購入すれば。
それなりの料金が加算されます。
では、神棚セットでは無いけど、無垢の板を自分で削って。
さらにその板を自分で取り付けできないか?
と言うか、元々は中尾建築工房の大工さんが板を削って現場で取り付け。
そんな感じの見積りだったのだけど。
元大工の私から見れば、こちらのご主人は感覚的な部分を見る限り。
この人、自分で多分出来ちゃうな・・
だったら、そこは無垢板販売のみに切り替えて、板のグレードは赤ケヤキに上げてしまって。
私の考えた照明プランにコストが回っちゃうから、神棚部分でコストダウンをしよう!
と言う事で、ご主人さんに削って頂く事になりました。
板の削り方に関しては、以前も無垢板テーブルを削る方法を動画でアップしておりますので、そちらを見て頂ければなぁと思います。


そして早速ご主人様に、無垢板を削って頂きました!
hayama-isshiki-kamidana-mukuita-kakou-diy.jpg
やはり野生の勘が働くご主人と言いますか。。
ガチな作業は飲み込みが早いんですね。
板のビンタ部分も、なるべく巣の状態に削るべく、タワシで削れば良いですよぉ〜とお伝えして。


hayama-isshiki-kamidana-mukuita-kakou-diy2.jpg
木工ペーパーを使うと、ビンタの皮部分を必要以上に削ってしまいます。
それだと質感が変ってしまうので、あえてタワシ(カールケイトとかでもだいじょうぶ)系のモノで擦ったりするんです。
私が大工の小僧(見習いの事)をしていた頃は、荒縄などでひたすら擦る感じでしたが。
今時は荒縄自体も見当たらないですし、そもそもあるモノで充分に磨けます。
だから、これで充分なんですね。
作業自体はご主人の適応能力が高いので、特に問題は無し。
どうやら私の見立てには間違いが無かった様です(笑)
そして、また後日に裏面加工に訪れていただいたのですが、そこでは無垢板自体の反りマジックに翻弄されつつも。
この余裕でございます。
hayama-isshiki-kamidana-mukuita-kakou-diy3.jpg
お昼ごはんを食べた後、中尾ライザップに挑んでいる瀬戸と、無垢板を削るオーナーご主人との一コマ。
実はこちらのご主人、トレーニングに関しては本職以上の凄さがありまして。
瀬戸のリクエストによって、こ〜んなトレーニング方法を教えて頂きました!
hayama-isshiki-kamidana-mukuita-kakou-diy4.jpg
まさにアクロバティックなトレーニング方法なのですが、中尾建築工房の看板フレームに手を掛けて。
そのまんま、ぐりんぐりんと体を捻ってらっしゃいます・・・
これに感動した瀬戸は思わず。。
『私もこれ、やれる様になりたい!』
私も初めて拝見しましたけど、これは動画で見たくなるほど体をぐりんぐりん廻しておりました。
そして、ご主人には無垢板削りを再開して頂いたのですが。。
hayama-isshiki-kamidana-mukuita-kakou-diy5.jpg
手前ではご主人が無垢板を削りながら、反りを確認しています。
私が一般の方に直接、無垢板の削り方を指導する場合、体を動かすよりも。
まずはどこか一番高くて。
どこを削らなければならないか。
これをしっかりと確認しましょう。
と言うお話をしています。
頭がまとまっていないのに、行動してしまうと。
訳ワカメゾーンに突入してしまいますのでね。
であれば、しっかりと削る部分を見極める。
その上で、作業に当たれば。
簡単では無いけれど、出来なくは無い!
と言う事になるんですね☆
と言う事で、無垢板でシンプルな神棚を造りたい!|赤ケヤキの無垢板をDIYで削ってみよう!
やる気になれば、なんだって出来るんだぜっ!!
と言う事に繋がるんでしょうね。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です