横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

夏に釣れ出すベルトサイズタチウオの美味しい調理方法

 
夏に釣れ出すベルトサイズタチウオの美味しい調理方法
この記事を書いている人 - WRITER -

東京湾では、夏場になると細っいタチウオが釣れ出します。
真冬の観音崎沖で釣れるタチウオは、大型ばかりが揃うのだけど。
大型ならば三枚に卸して、皮をバーナーで炙ってお刺身にする事も出来ます。
指4〜5本サイズばかりが釣れるから、一匹一匹がとっても貴重なお魚になるんですね。
そして真冬の時期にはほとんど細っいタチウオなんて、交じることも少ないのだけど。
夏にはそんなタチウオばかりではありません。
natsu-tachiuo-n-resipi13.jpg
画像の下側がベルトサイズのタチウオさん。
『あなたはサンマですか?!』
夏場は、そんな問いかけをしたくなるタチウオがほとんど。
それでも、釣れる趣としては。
やっぱり、とっても面白いと言う事で!
『ベルトみたいな細っいタチウオってを貰っても、どうやって調理したら良いのだろう・・』
とかの主婦的不安を払拭して頂く事もありまして。
こんな調理方法もあるんだよって。
アップしておけば、私の釣果を差し上げる事も出来るのかな(笑)
だって前回行った時の釣果で、自食出来るしばらく分の魚は充分キープ出来ちゃったし。
また、タチウオ釣行行きたくなっちゃったし・・

では、どんな調理方法があるかって〜と。
natsu-tachiuo-n-resipi.jpg


これは私の朝食だったタチウオさん。
タチウオ100gとゆで玉子に、レタスを敷きこんだだけのシンプルな焼き物。
ベルトサイズのタチウオをぶつぶつ切って。
スーパーで売っている香草系の塩コショウをまぶして、オリーブオイルで焼くだけです。
これ、結構ふんわりとした食感があって、とっても美味しい白身を頂けます。
さらに。
ベルトタチウオならではのお勧め調理方法があるんですね。
natsu-tachiuo-n-resipi2.jpg
卸したタチウオは。。
natsu-tachiuo-n-resipi3.jpg
ご覧の様に、叩いた梅をペースト状にしてお魚に乗せて、大葉などもトッピングしまーす。
natsu-tachiuo-n-resipi4.jpg
そして、具材を乗せ終わったタチウオさんを、クルクルと巻いてしまいまーす!
natsu-tachiuo-n-resipi5.jpg
また違うバージョンでは。
グリーンアスパラとチーズを乗せて。
natsu-tachiuo-n-resipi6.jpg
同じ様に巻き巻きして行きます。
natsu-tachiuo-n-resipi7.jpg
これはおそらく冷蔵庫の余りモノを使ったと思われるであろう。。
ちりめんじゃこなども、一緒にトッピングしてしまいます。
natsu-tachiuo-n-resipi8.jpg
こんな感じで巻き巻きが完了しました。
これらをオーブンで焼き上げますと〜
natsu-tachiuo-n-resipi9.jpg
こんな感じに焼き上がります!
また、もっと簡単にタチウオを食べるのなら。
natsu-tachiuo-n-resipi10.jpg
ベルトサイズのタチウオさんを、唐揚げにするべく。
今度はジップロックに入れて、モミモミします。
natsu-tachiuo-n-resipi11.jpg
日清のから揚げ粉でも良いのですが、油が勿体無いと思われる場合。
こんなモノもあったりするから、割りと簡単に唐揚げが出来てしまいます。
natsu-tachiuo-n-resipi12.jpg
出来上がったタチウオの唐揚げ。
結構、美味しそうに出来たのではないでしょーか?
こうやってね。
あれこれ作れたりするベルトサイズのタチウオ。
釣り人の私としては、大型タチウオを知っているだけあって。
ベルトサイズのタチウオは、お刺身には向くとは思いません。
けど、こ〜んな感じで調理が出来ると。
とっても美味しい夏のベルトタチウオ。
来週はまた、タチウオ船に乗りたくなって来たから(笑)
誰かリクエストがあれば、お魚はキープしておきたいと思いまーす☆
要は、釣りに行った釣果を誰かに貰って欲しいって訳なのよね(笑)
ちなみに。
今回の料理を作ったのは、実は私ではございません。
この人です。
natsu-tachiuo-n-resipi14.jpg
実は釣り仙人もビックリの、料理が出来るみたいですよ(笑)
女性スタッフにお魚を捌く指導もしていると、こんな事も出来る様になったりするみたいですねぇ。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です