横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

鎌倉市山崎|『Girl,s House 』上棟☆

 
鎌倉市山崎|『Girl,s House 』上棟☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2011年9月29日の大安に鎌倉市山崎にて『Girl,s House 』が無事上棟しましたー☆
時期的には活発なる秋雨前線の時期と被ってまして、天候とにらめっこしながら基礎工事の方を進めておりました。
そしてようやく上棟!
良いお天気にも恵まれて、敷地いーーーーーーーーっぱいに建てた『Girl,s House 』が姿を現しました!
kamakura-gh-jyoutou.jpg
このお宅、実は以前にお引き渡しをさせて頂いた、鎌倉市山崎に建つ土間のある家から歩いてすぐの場所にあります。
つい先日、土間のある家が神奈川の注文住宅から取材を受けた際に、あまりにも近いモノですから『○○で工事やっているんですよー』と私が言ったら。。
土間のある家奥様談
『え〜、もしかして○○さん?!あ〜、私○○さんのお姉ちゃんと同じ学校だったんだよー』との事(笑)
お互いに思いっきり地元なんですね•••
鎌倉つながりであり、長期優良住宅つながりであり、同じ建築設計事務所+工務店つながりであります!
なんとも奇遇な話でありますが、まぁめでたいって事でね(笑)


今回、鎌倉市に建つ『Girl,s House 』実はこちらの一家は女性が比率が高いのです。
5人家族+2匹のわんちゃんが居るのですが。。
お父さん以外、みーーーんな女性なんですね。
あぁ、なんだかやっぱり女性が多いと、お父さんの意見とか通らないのかなぁ。。。なんて思ったりもします。
でもお父さん、好きなお酒も呑んでる様だし『まぁいっか』って感じなのでしょう(笑)

と言う事で鎌倉市山崎の家は『Girl,s House 』で決定!
ほぼお母さん主導で進んでいた家造り当初は、色んな会社さんに廻られた様です。
あっち行って〜、こっち行って〜、あの工務店はこうで、そっちの建築家さんはあ〜だから。。
なんて話をしておりましたが、結局は中尾建築工房に家造りを委ねられました。
もしかすると『ここまで色んな会社さんを廻った方、今までに居たっけな。。』って思い返す位のレベルでございましょう(笑)
でも家を建てる時って大きな買い物になるし、同時に大きなお金もかかります。
それだけに失敗したくない気持ちになる施主の方は一生懸命に勉強するし、色んな質問をされるのだと思います。
ただ一番大事な事って『なんの為に家を建てるんですか??』的な部分からの話をしないと駄目なんじゃないかなって思います。
住宅の商品化が進む上で『当社は坪○○万円になります』とか『我が社のこだわりは高い気密性と断熱性です!』とか『自然素材の家だから30坪で2500万円以下の話は聞けませんよ』etcなんて施工会社さんが非常に多い様に思います。
家造りのしょっぱなから、相談したい内容とは違う施工会社さんの言いたい事を聞かなくてはならない。。
そして自分達の言いたい、相談したい話を聞いてくれる施工会社が少ないのかもしれませんね。
だからこそ施主の方も色んな会社さんを廻ってしまうのは仕方のない事なのかもしれません。

こういった業界体質、いずれは変わって頂きたいなと切に願います。。

と言う事で無事、上棟を果たした鎌倉市の『Girl,s House 』
あっ
思い出したけど、まだつながりあった!
設計を担当したのは中尾建築工房の設計では唯一女性の雨宮が担当しております。
もちろん土間のある家も雨宮が担当してました。
『あ〜、なんだかんだと色んなつながりがあるんだなー』とブログを更新していて思い返しちゃったりしました(笑)
kamakura-gh-kouzou.jpg
きっとお母さんに聞かれるであろう、金物や部材の話もしておきましょうかね。。
斜めに張り巡らされている板が仮筋交いというモノです。
ルール的には梁と梁を固定する羽子板金物ってモノを締めて、柱が垂直になっているかを確認します。
そしたら、この仮筋交いを入れて、2Fや小屋(屋根部分の事ね)も同様に固定していきます。
屋根に下地の木(垂木と言います)を打ち付けて、屋根の板(野地板と言います)を張り巡らせたら1、2F共に本当の筋交い(本筋って言ったりします)を入れて行くのです。
なのでがっちりと固定出来てからでないと仮の筋交いは外せませんからねー!?(笑)
おかあさん、大町の家を見学した時に聞いてた事、今でも覚えてるかなぁ。。
覚えてないかもなー。。

こうして上棟を果たした『Girl,s House 』
これから木工事がどんどん進んで行きます。
ちょっと天候が気になるので、工程よりも早めに外部工事を進める事になりそうです!
くわしくは施工管理から連絡が行くと思います。
女性の多い一家の夢を載せて棟上げされたジブン•Style☆
お父さん、おかあさん、3人のおねぇちゃん、そして2匹のわんちゃん!

上棟おめでとーございまーす!!

そう言えば私の携帯メールに頂いた0時過ぎって。。
そんな時間に開いてる○○ってあるんですねぇ••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 時計 より:

    お祝いのエントリーありがとうございます☆
    家族は時間があれば外に出て、家をながめてます。
    計画した家が形になっていく様は感慨深いものですね~
    仮筋交いは知っていました、まだ仮筋交いも入っていない状態の家って不安定なもんですね!大工さんが通るたびに二階がユラユラゆれて、大工さんって勇気ありますね!
    羽子板金物って柱の隅あった板状の金物ですよね?直角を確認する役目もあったのですね。
    無事の野地板も張り付けられて、あと防水紙?が貼られれば、雨じまいは少しはいいかしら?
    今晩は雨がふらずにすんでよかったです☆☆☆
    あ、0時ってネット○○ですから、いつでもOKなんですよ。
    なんといっても手数料無料ですからね♡
    今日の夕方には、ライブに行って発散してきます☆たぶん私が最高齢?

  2. 中尾建築工房 より:

    時計さん☆
    ほほぉ〜、仮筋交いは知ってましたか!
    たしかにおっしゃる通りに雨仕舞は良いですね。
    ネット系、たしかに便利ですねぇ。。
    でも忘れちゃったら意味が無いので、ライブに行くのは構いませんけどお忘れなく〜☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です