横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市金沢区|日本家屋の庇造作Part5 FINAL!

 
横浜市金沢区|日本家屋の庇造作Part5 FINAL!
この記事を書いている人 - WRITER -

いや〜、あれから割りと時間も経ちまして、ようやくここまで出来上がる事が出来ました!
yokohamashi-kanazawaku-wahuu-hisasi-zousaku25.jpg
以前の記事は下記のリンクを参考になさってくださいね。
Part1
Part2
Part3
Part4
外壁の左官仕上げも終わりまして、ようやく日本家屋の庇が完成!
銅板も今はピカピカですけど、時間の経過と共に緑青(りょくしょう)と言われる色合いに変化していきます。
これ、私自ら造作をしたのですが、ホントはある事を私が現場でやろうと思っていました。
でもちょっとある事をする為の材料がいつまでも入荷しなかったんです。
なので急遽、ペンキ屋さんに連絡をしまして、この庇に施工をしていただきました。
ある事と言うのは、いわゆる塗装なんです。
それが何かっていうのは、ここでは言えません(笑)
でもね、多分この辺りでは間違いなく同じ施工をされているお宅はないであろう塗装です。
その塗装も仕上がりましたし、一番最後に入る銅工屋(どうこうや)さんにも、雨樋(あまどい)や垂木隠し(たるきかくし)、そして桁丸太(けたまるた)の小口(こぐち)も全て銅板で包んで頂きました!
いや〜、どうですか、これ!
なんだか本職の大工さんみたいですよね〜
まぁ、ホントに大工さんだったんですけど、何故かこう言ってみたい気持ちに駆られてしまいました(笑)


最近ではこうした日本家屋で造られてきた数寄屋造りなどで知られる和風な建築は、なかなか仕事自体も少ないですから、なかなか大工として腕を振るう機会にも恵まれません。
建てる施主側からしてみれば、それぞれ、好きなデザインや風合いも違いますしね。
でも、やっぱり私は大工さんだったので、こういった白木に触るのは好きですね。
建築とは絡まないですけど、風鈴とか。。
あとは蚊取り線香とか。。
これに何故かこうした日本建築が、私には似合うと思えて仕方ありません。。
私の幼い頃のイメージなのでしょうが。。
と言う事で、設計事務所+工務店の社長と言う立場ではなくて、久しぶりに大工の棟梁として、腕を振るった横浜市金沢区の日本家屋の庇造作!
ここまで仕上がっていれば、さすがにオーナーのSさんも、納得なんじゃないっすかね。
やっぱり私、いい腕してると思いました。
事務所で書類のチェックをしたり、ありとあらゆる図面や、打ち合わせだけをさせているのは勿体無いと思います。
もちろん、それは自画自賛(笑)

うん、いい仕事が出来ました!
未来の棟梁を目指す若者が検索した時に続けて見れるよう、PART1からは、続きを見るってリンクを張っておきました!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. オーナーS(或いは最後の女) より:

    社長!
    いくら私でも、さすがに納得してますよ~。
    毎日ピカピカ眩しいでございます。
    外構も石を追加して益々いい感じになってます。
    でもこんなに宣伝しちゃて
    こういう依頼が増えてきちゃったらどうするんですか?
    私との約束はちゃんと守って下さいね❤(ウフッ

  2. 中尾建築工房(勘違いする人が出てくるでしょ!) より:

    オーナーSさん☆
    仕上がり。。ですよね!
    宣伝って言うか、単に私が面白いから書いてるだけっす!
    約束は。。。
    知らん・・・

  3. オーナーS より:

    社長!
    え~、ダメかなぁ「最後の女」
    いいフレーズだと思って気に入ってたんだけど。
    じゃあ、これは?
    25日のran devious 、楽しみにしてます❤

  4. オーナーS より:

    ごめん…
    rendezvous
    (勝手に変換しないで欲しい)
    です

  5. 中尾建築工房 より:

    オーナーSさん☆
    あのぉ・・
    私、三崎高校中退なものですから、英語さっぱり分かりません・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です