横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

東京湾産松輪サバの食べれる食堂|みうら漁協地魚料理 松輪さん⭐︎

 
東京湾産松輪サバの食べれる食堂|みうら漁協地魚料理 松輪さん⭐︎
この記事を書いている人 - WRITER -

三浦半島には、美味しい地魚を食べさせてくれる食堂がたくさんあって。
とっても、恵まれた環境なのですが。
その中でもですね。
これはあんまり食べれないであろうお魚!!
を、食べさせてくれるお店があったりします。
今回ご紹介させて頂くお店は、みうら漁協直営のお店「松輪」さん。
ざっくりの場所は、この辺りにありまーす!
miurashi-matuwa-saba-matuwa.jpg
マップ上で見ると、小さい湾がある所なのですが、この湾を江奈湾と呼びます。
その湾内にある港が、松輪港。
松輪港は遊漁の釣り船が盛んな港でして。
週末になると、ドでかい駐車場が全て埋まってしまうほど、来客の多い港でございます。
私のイメージでは、港に大きい駐車場があると言うよりも。
大きい駐車場の中に、港があると言いたくなるイメージ(笑)
その駐車場を進んでいくと、漁協が運営するエナビレッジと言う建物が見えます。
エナビレッジの2Fが今回ご紹介させて頂く、みうら漁協地魚料理 松輪さん。
松輪は釣り船の中でも、真鯛やワラサ(ブリの子供)、キハダマグロにカツオ、かわはぎ、ヤリイカ、アジなど、たくさんの釣り物があるのですが。
それとは別にね。
ブランドにもなっている、松輪サバと言う美味しいサバが居るんです。


miurashi-matuwa-saba-matuwa2.jpg
この松輪サバ、職漁の漁師さんが一本釣りで釣ったサバになるのですが。
ここの漁師さん達も気合入っていると言いますか。
松輪サバと呼べるサバを絞って。
東京湾内をトコトン探しまくります!
私が見た事があるのは、主に観音崎沖で松輪サバの一本釣り船を見かけたり。
さらに北上すると、本牧沖でも見かけた事がある位、東京湾を探索しています。
最近では、釣り友達から「アクアラインの所でも見かけたよー」なんて話も聞きますね。
以前に比べて個体数が少なくなっているせいもあるんでしょうけど。
とにかく、でっぷり太ったサバを狙っていくから。
あっちこっち、走り回ってくれているんでしょうね。
そのおかげで私たちも食せる訳ですが、こちらのサバは絶品!
西で美味しいと有名なサバと言えば、九州の関サバ、関アジ。
そして東で美味しいと有名なサバと言えば、松輪サバ、走水のアジ。

これ、結構有名だったりしまーす。
私も走水港から、アジ釣りに行くとね。
でっかいサバが釣れると、松輪サバと同じ魚になるのですが。
松輪サバと言う名称は、みうら漁協のブランド名ですから。
私らが釣ると、大サバとか。
でっかいサバとか言ったりします。
でもねぇ、このサバはなかなか釣れないんですよねぇ・・・
くれぐれもお伝えさせて頂きますが。
スーパーで売ってる、一匹200円で買える、棒みたいなサバではございません。
まんまると太って。
体高もしっかりあって。
尻尾が黄色で。
釣ったらこれぞっ!!と叫んでしまうくらい、貴重なサバでございます。
ま、私の能書きは置いておいて。
何枚かお店の写真を撮ってきましたので、見てみてちょーだい!
miurashi-matuwa-saba-matuwa3.jpg
miurashi-matuwa-saba-matuwa4.jpg
miurashi-matuwa-saba-matuwa5.jpg
miurashi-matuwa-saba-matuwa6.jpg
雰囲気的には、こんな感じー。
私は店内の黒板メニューを見させてもらい、まったく悩まず〜
miurashi-matuwa-saba-matuwa7.jpg
松輪とろサバ炙りたて定食を注文!!
黒板メニューの右側と左下のメニューには、目がまったく向きませんでした(笑)
この日、お客さんもたくさん居たから。
おそらく定食が出て来るまで、それなりに時間が掛かるだろうと言う事で。
miurashi-matuwa-saba-matuwa8.jpg
人生で初めてのノンアルビールを注文(笑)
仕事中じゃなければ、がっつり呑んでるでしょうけど(笑)
そしてノンアルビールを呑み切る辺りで、待ってましたの定食出来上がり!
miurashi-matuwa-saba-matuwa9.jpg
大量のオニオンスライスの下には、とろサバの炙りが一匹分盛り付けられております!
お皿の左下にある赤みのまぐろと、イナワラはこの際NO眼中!
※イナワラとは
釣り客の造語で、ブリの子供でイナダ→ワラサ→ブリとなるのですが。
イナダなのか、ワラサなのか微妙な判定の場合。
イナワラと言ったりします(笑)

さっそく頂いてみると。。。
miurashi-matuwa-saba-matuwa10.jpg
脂の乗りまくった、美味しいサバでございまーす⭐︎
この時期、自分で釣ったカツオを食べたり。
ゆうき食堂さんで、美味しいサンマを食べたりしておりますが。
この松輪サバも、やーっぱりっ!!
文句無しの味わいを楽しませて頂けました!
お値段高めと思われる方も居らっしゃるでしょうが。
漁師さん達も気合を入れて、美味しい魚を探しながら探索して釣って来てくれているんだしさ。
この魚をこのプライスで食べれるなら。
全然、安いモンだと思いますよー
ちなみにこのお店、ペット同伴も可能でして。
室内とテラス席があるのですが、ペット同伴の方はエナビレッジ入り口ではなく、裏側のテラス席入り口の階段から入れるみたいですよ!
江奈湾一望のテラス席でまったりするも良し!
エアコンの効いた室内で、美味しい地魚を召し上がるも良し!
女性一人で来られて、料理と景色を楽しんでらっしゃる方も居たから。
割と入りやすいんじゃないかな〜って思いました!
と言う事で、東京湾産松輪サバの食べれる食堂|みうら漁協地魚料理 松輪さん⭐︎
休日漁師の私も認める、美味しいサバでございましたー⭐︎


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です