横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町下山口|完成宅地に見える土地は果たして買いの物件なのか?

 
葉山町下山口|完成宅地に見える土地は果たして買いの物件なのか?
この記事を書いている人 - WRITER -

新春、土地探しシリーズ第三弾!
先に申し上げておきますと。
この土地は超絶サイテー(笑)
私も数ある土地を今までに見て来ましたけど、この土地の造成工事の中途半端っぷりは。
今までに見た事が無いかもしれません。
と言い切れる位、中途半端なんですよね。
どんな部分がサイテーと言えるのかって言うと。
初見は完成宅地に見えるのだけど、全然完成をしていない。
ざっと言えば、そんなところです。
hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi.jpg
該当する物件。
なぜか、コンクリート擁壁が部分的に存在しまして。
おそらく車を入れるであろう場所は、土を取り除いただけの土地。
単管やら、コンパネやら、土嚢やら。。
業者さんのモラルも無さげだな・・・
そう思わざる得ない、荒れっぷり。。
そこでわたくし、ピンと来まして。
こりゃ〜残地の切り売りかもな・・・
と思いまして、調査をする事に致しました。


hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi2.jpg
これは造成計画の全体図。
赤い印の部分を検討されているとの事。
hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi3.jpg
そしてこちらは、一般的な販売図面と言うモノになります。
これを見る限りですと、全ての土地や道路を宅地造成を行って、敷地を作っている様に見えるのですが。。
私が現場を見る限り、どうも胡散臭いのです。
そして。

葉山町内の特定行政庁は神奈川県横須賀土木事務所が管轄です。
しっかりとお上の印がありますから、これが実際の開発登録簿。
日付を見る限りは、この分譲地はこれ以上の開発を申請しない状態になっている訳です。
販売図面に比べて、全然小さい分譲計画ですね。
これ、逗子や葉山には多い土地の作り方なのですが。
まともに宅地造成をやると。
とんでもない費用が掛かったり。
また、売り価格も上がってしまう為。
必要最低限の工事で、なんとか売値を抑えようとしているやり方になります。
葉山町内で1000万円台の土地があると、確かにお得感はあるのですが。。
けれども、この分譲地は販売開始から数年が経過しているけど。
未だに全部は売れてはおりません。
その理由は。。
hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi5.jpg
開発登録簿を見る限り、逆L型擁壁って記載があるのが、コンクリートの擁壁になりまして。
車を入れたり、敷地に入る為の未整備な荒れてる部分が、土羽と記載している部分。
L型擁壁とは、敷地の内部にベースと呼ばれるコンクリートが存在するのですが。
これを見る限り、逆のL型ですから、擁壁のベースコンクリートは道路内に埋まっている事になります。
何故、この様な計画をしているのって言うと。
hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi6.jpg
ご覧の様に、開発登録簿に計画の記載が無い道路の反対側はただの山になる訳です。
その山の土が開発道路に流れ出て来ない為に、防護壁を設けてるだけなんですね。
購入を検討されている方には分からない事になるのですが、立派に見える擁壁は。
敷地の安全性を確保するためのモノではなく。
道路の保全の為にある擁壁って訳。
コンクリートは半永久的に存在出来るモノではないから。
やりかえる時が、ここは大変です。
だって、ベースは道路に入っている訳だし。
道路は私道。
分譲地の皆さんでシェアしてるから。
所有者すべての方に了承をもらって、何かするならやらなければならないって訳なんです。
そして実際に家を建てる敷地部分は。
hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi7.jpg
これはさ〜
分譲地って販売図面に書いてあるけどさ〜
ここは分譲地ではなく。。
荒・れ・地・。。
これが正しい表現なのだと言えるでしょう。
物件価格は300万円相当の値引きがあるみたいですけど。
ここをまともに使える様に整備をしたらね。
私の経験則から言えば、到底追いつかないでしょうね。
これがホントの安物買いの銭失い。
まさに!!
と言える物件になるかな。
ま、この分譲地は売主さんの懐具合もよろしく無さそうですから。
購入されるなら、道路と平坦な区画を選んでもらった方が。
良さそうですね!
と言うアドバイスをしてみたら。
hayama-shimoyamaguchi-tochi-sagashi-arechi8.jpg
何故か、中尾建築工房で建てる家の目の前を検討されてるみたいなんですね(笑)
ここでも失敗しない為に、お話をしておきましょう。
なるべく。
道路と平坦、道路と平坦、道路と平坦、道路と平坦、道路と平坦・・・
これをご夫婦ともに、1日10回は唱えて頂ければと思います(笑)
完成したら、ここもお向かいさんになってしまうのよね・・・
建売分譲はやってないのに、お隣同志になる率。
めちゃんこ、高いんです(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です