横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

家造り成功の秘訣!住宅ローン必勝法☆自己資金は必要以上に出すな!!

 
家造り成功の秘訣!住宅ローン必勝法☆自己資金は必要以上に出すな!!
この記事を書いている人 - WRITER -

さてと住宅ローン必勝法第二弾!
自己資金は必要最低限で出しましょう。
と言う事が、今回のポイントです!
これは人によって、預貯金がある方と。
または預貯金が無い方とでは、ちょっと違う。
預貯金が数千万円単位である方の場合。
なるべく借り入れ金額を少なくする為に、自己資金をがっつりと放出しようかな〜
なんて考える方がいらっしゃる。
でもね。
そこは出したい気持ちを、ググッと我慢してもらって(笑)
ローンの利率が一番優遇される程度の自己資金を出す程度に。
とどめておいた方が良いですよ。
なぜなら。
預貯金が数千万円単位にたどり着くまで、何年、何十年も掛かっている訳でして。
そこに至るまでは。
それなりに我慢するものを我慢してきた訳ですから。
まずはキャッシュの大切さを、改めて認識して頂きたいんですね。
とするならば。
ここでは、住宅ローンの見方を変える必要があります。
前回記事では、高度経済成長期やバブルの頃の利率をご紹介させて頂きました。
それらの利率であれば、当然早く借金は返しましょう!
と言う事になりますよね。
お父さん、お母さん世代のローン話を聞けば。
そりゃー大変だった訳ですから、借金なんて無い方が良い。
そう思うのも当たり前の事だったりします。
でもね。
今はそう言った時代ではございませんで。
ゼロ金利やマイナス金利と言っても良い位。
利息は安いモノになっています。
そうすると、そもそも住宅ローンは借金と言う概念ではなく。
住宅ローンは大きな買い物をする上で、お金を貸してくれる保険みたいなモノ。
こういった認識に変えられる人が、より良い家造りに近づけます。
私は対面した方の中で、ローンの話が出た時に限ってお話をしておりますが。
だいたい、ローンを背負うご主人さんを。
説明話の内容上では、ひとまず殺してしまいます。。
世のお父さん、すみませんですねぇ。。
でもね、危機管理って一番大切だったりしますのでね。。

で、真面目な話するね。
住宅ローンを組む上で、今では団信(団体信用生命保険)が付きが一般的。
jyutakju-loan-hisshouhou2.jpg


団信とは、ローンを組んだ方がね。
仮にお亡くなってしまったり。
または、高度の障害を背負ってしまったり。
そう言った時には、ローンはチャラになってしまうという。
とっても、ありがたい制度です。
ローンがチャラになるだけではなく。
土地も残りますし、家も残ります。
そして返済は、無くなってしまう訳なのですが。
はい、ここで奥様はよーく考えてね!!
ご主人様が亡くなってしまった。
とっても悲しい状況下にある訳で。
土地と家はあるけれど、お金が無い。。
と言うパターンとね。
ご主人様が亡くなってしまった。
とっても悲しい状況下にある訳で。
土地と家もあるし、現金もある!
と言うパターンがあったとしたら、どちらが良いでしょうか?
ここは本気で真剣に考えておいてね。

おそらく、後者を選ぶ方がほとんどだと思うのですが。
ご主人が生きていてくれれば、何かしらで稼いでくれるけど。
居なくなっちゃったら、お金の部分で不安は残るかと思うのです。
だ・か・ら・
家を建てるでしょ?!
住宅ローン、使うっしょ?!
将来の生活する上でのリスクは極力、減らしたいっしょ?!

だったら!!
キャッシュを放出して、ローンを限りなく減らしたいとか。。
借金をする事は良く無い事だ!とか。。
そう言った思い込みがあったとするなら。
そんなもん、ポイして頂いて結構なのです。
また。
これは40代の方を対象に、私がよく言う話しなのだけど。
35年ローンを組んだとして。
返済が終わる年齢まで。
果たして生きてる事があるんでしょうか?
と言う事も。
私はバリューセットの如く、毎回お伝えしています(笑)
例えば、私が46歳になったんですけど。
ここで35年ローンを組んだとしたら。
81歳まで支払う事になりますよね。
そもそも。
そこまで生きてるかって話(笑)
うちの家系って。
じいちゃん達は、60台後半でお亡くなりになっていて。
父親は50台後半で亡くなっています。
父親と同じはさすがに嫌なので。
じいちゃん達の様でも、ちと短い。。
せめて大台の70代になるまでは、生きていたいかな〜と思ったりもする(笑)
仮に71歳で私が亡くなったとするでしょ?
そしたらさ。
団信のおかげで、10年間分の住宅ローンの返済は。
すっかり無くなってしまうという事になります。
だからね。
私は40代の方達によく言うのは。
予算、予算とカツカツでやってもさ。
ホントに全額返済するかなんて、分からないんだよっ!!
とお伝えをしております。
中には。
「じゃぁ、中尾さんが81歳まで生きていたら、どうなるんですか?」 
と、ツッコミを入れてくる方が居るんですけど。
その時はね。
罰ゲームと思えば、いいんじゃないの〜♡
と、のんきにお伝えをしております(笑)
いずれにしても、現金全てを使ってしまえ!!
と言う事はありませんでして。
キャッシュのストックをしておけば良いんです。
そうすればね。
トランプ大統領が、スゴ技を炸裂させて。
経済が真逆に動き出して。
日銀の基準貸付利率が上がるなんて事があったとしら。
その時に、ドーンとキャッシュを放出をして。
返済を少なくしてしまえば。
良いと言う訳なんですね。
と言う事で、家造り成功の秘訣!住宅ローン必勝法☆自己資金は必要以上に出すな!!
理由はこういう事だったと言う事で。
自己資金があまりない方の場合はね。
これも、前回記事と同様でして。
書きたいんだけど、ここには書けない裏事情があったりする訳なのですよ(笑)

と言う事で、私に直接聞いてもらう形になりまーす(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です