横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

藤沢市鵠沼桜ガ丘|潮風 感じる癒やしの家お引渡し☆

 
藤沢市鵠沼桜ガ丘|潮風 感じる癒やしの家お引渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年8月30日建築吉日 とるの日。
藤沢市鵠沼桜ガ丘にて、潮風 感じる癒やしの家をお引渡しさせて頂きましたー☆
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi.jpg
この日、六曜では先負でしたので。
午後からスタートのお引渡しをさせて頂きました。
ちなみに先勝の時は、午前中にやるって感じね!
こちらの家は、以前に中尾建築工房で家を建てたオーナー様とお友達のお宅になりまして。
建てた家を見て、気に入られた方になります。
どちらのお宅も共通なのが、土地探しからのお手伝い。
そして。
どちらの家も、室内の珪藻土は施主施工(笑)
まー、この壁塗りと言ってる施主施工。
はっきり言って、楽な事はございません。
なんと言っても30坪の延べ床面積の家であれば。
左官職人さんが三人で2週間ちょっとの労力を、ご自身でこなさなければなりません。
しかも素人の状態から始める訳ですからね。
そう簡単に。
楽し〜〜♪
とは、なる訳がございません。
なってる方は、よほど凄すぎる方だと認識をして頂ければと思います(笑)
この壁塗りの基本的なルールとしては。
まず最初にトイレや洗面室を塗って頂きまして。
それからクローゼットや収納などで練習してから。
居室や廊下、階段に行きつつ、最後の方にリビングなどを塗れる流れになるのです。
ま、だんだんと上手になるから、リビングとかは綺麗な方が良いですもんね。
中でもリビングの天井などは広いですから。
その日のうちに一気に塗り切れる状態になる必要があるんです。
珪藻土は一度乾いてしまうとね。
プロでもつなげるのは難しい。
と言うか、むしろ繋げるのは無理に等しい。
からなのです。
小さいところから始めるって言うのは、最初なかなか進みませんから。
壁や天井の一面を、確実に塗り切る力を身につける為に。
地道にコツコツと・・・
スピードアップ!
スピードアップ!!
スピードアッッッッッップッッッ!!!
を意識して、やって頂くのがマストなのでございます。
また自分のペースでやって頂く為にも。
最初にやって頂く流れがございます。
この流れ、実は住宅ローンの決済が絡んでおりましてね。
住宅ローンの決済をして頂いてから、本格的な施主施工の始まりにする必要がありまして。
住宅ローンの決済をする為には。
設備機器が据えられて、生活の出来る家になっている必要があります。
でも設備機器をつけてしまうと。
トイレや洗面室の天井や壁は、塗りずらくなってしまうんですね。
トイレの奥の壁なんて、絶対無理になってしまいます。
なので、まずは先にトイレや洗面室を塗って頂きまして。
建物の表題登記申請及び登記完了証受理

建築確認の完了検査申し込み及び合格証受理

住宅ローンの実行
これをやって頂ければ、あとはお好きにどうぞ〜♪
と、個人差は人によってありますが。
一ヶ月でも二ヶ月でもお好きな期間でやってください☆
となるんですねぇ。
そして以前は私も現場に乗り出して、施主施工の指導なども当たってはおりましたが。
最近は施工管理に任せていまして。
まー問題無いんだべなぁ。。ってお引渡しの現場に行ってみると。


hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi2.jpg
五人家族さんなので、玄関で渋滞(笑)
室内に入ってみると〜
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi3.jpg
あらまー・・・
途中でやめちゃダメだって言ってるのに、天井の途中で切っちゃってるじゃん・・・
ダメだって言ってんべよぉ〜?!(語尾上げ)
あ〜ぁ、あとはもう好きにやってください(笑)
あのね、施主施工の壁塗りを検討されてる方。
真似すると大変な事になります!
とまぁ、完成には至ってない状態でのお引渡しになるのですが。
今までお住まいになられていたマンションの引渡しもあるから。
壁や天井は入居してから塗るって事になってます。
なので、家のあちこちは下地の。
石膏ボード仕上げ状態(笑)
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi4.jpg
お気に入りのキッチンも入れられて。
それにしても、良いキッチン入ってるね!(笑)
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi5.jpg
こだわりの食洗機も入りましたねー。
それにしても、良い食洗機入ってるね!(笑)
これはご主人様からの愛の証ですな(●´艸`)ヾ
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi6.jpg
キッチン脇の小上がりには、青森ヒバの縁甲板を壁面や板畳に施工してあります。
キッチン脇に畳の部屋を設ける場合、結構良い現象が起こるのですが。
キッチンで調理したりすると、室温って上がりますでしょ?
そうすると暖気が和室にも流れて来るんです。
結果、青森ヒバの板からヒノキチオール出て来て癒されちゃいますよ!
奥様、イライラMAXの時、是非お勧めです!(笑)
レンジフード回さずに、やかんでお湯を沸かすと良いかも!
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi7.jpg
トイレ脇に設置された手洗い器。
お気に入りのタイルも貼られて、あとは天井や壁が仕上がるのを待つばかり(笑)
こうして施主施工の壁塗りが未完成のまま、お引渡しを迎えた潮風 感じる癒やしの家。
家を建てると言う快挙を成し遂げたパパ。
そしてパパの行動をサポートする奥様。
子供達はとりあえず、元気で走り回れば良いんじゃないかな。
これから施主施工を続けるのだけど。
家族みんなで分担する作業も面白いかと思います!
hujisawashi-kugenuma-sakuragaoka-m-ohikiwatashi8.jpg
ここは家族一丸のポーズね(笑)
一時、購入したマンションから、面積の広い一戸建てへの住み替えも大成功☆
竣工、おめでとうございまーす!
先言っておくけど、どこかの藤沢のオーナーみたいにね。
何年も壁塗り終わってないのは、ダメですからね(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 容疑者k 妻 より:

    外観とっても素敵なお宅ですね(*^^*)★
    珪藻土…大変ですよね…
    思い出したくない(笑)
    残りぜひ頑張ってほしいです!!

  2. 容疑者k より:

    思い出すわ〜地獄の日々!笑
    このあと少しが長くて辛いんですよね。
    それにしても素晴らしい外観!!
    これから涼しくなりますので頑張って今年中に終わらせてください。
    応援してます!

  3. 中尾建築工房 より:

    容疑者k 妻さん☆
    お褒めのお言葉、ありがとうございます!
    珪藻土・・・ねー(笑)
    お気持ち、お察しします!
    始めてしまったら、あとはやるしか無いですからね。
    頑張ってもらいたいと思います!

  4. 中尾建築工房 より:

    容疑者kさん☆
    地獄の日々でしたか(笑)
    そーですねぇ・・
    みなさん誰しも、左官職人さんではありますからねぇ・・
    お褒めのお言葉、ありがとうございます!
    今年中?
    いやいや、もうすぐでしょ(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です