横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

釣り人も絶賛の美味しい海の幸|ヒラソウダ☆

 
釣り人も絶賛の美味しい海の幸|ヒラソウダ☆
この記事を書いている人 - WRITER -

私の趣味が相模湾や東京湾の釣りである事は、中尾建築工房で家を建てたOBオーナーの皆様ならご周知の事かと思います。
今だと相模湾は葉山あぶずり港より、コマセカツオマグロ船に乗り込みまして。
まだまだ、カツオやマグロを狙い続けております。
ちなみにですね。
湘南や三浦半島のカツオマグロ船は。
すでにどの船宿さんも、カツオマグロ船はお止めになりまして。
深場釣り、アジ五目、ブリ釣りなどの船に切り変わってしまっています。
一般的には、カツオのシーズンはすでに終ってるって事なのですが。。。
私が乗船している船宿さんは、最後の最後までやりますから。
相模湾内にカツオやマグロのナブラが見つかれば。
それはもう、独占状態と言っても良いほど。
釣果を得られる場合があります。
その反面、もう終わっている釣り物ですから。
ナブラが見つからなければ。
見事撃沈する事もありますので(笑)
ある意味ギャンブル的な要素を持っているんですね。
そんな事情の下、どうしても私が行く理由。
このお魚を釣りに行ってます。
そこらではあまりお見かけしない|絶品のお魚ヒラソーダガツオ!
魚の鮮度等については、上のブログリンクをご覧下さいませ。
このヒラソウダと言うお魚はこちら。
2017-sagamiwan-hirasouda.jpg
上は本カツオで、下の魚がヒラソウダ。
顔はどちらもカツオですが、ヒラソウダは体の模様がサバみたいなお魚です。
私は例年、このお魚を大量にストックしまして。
冬から始まる深場の金目鯛や黒ムツの餌として、超低温冷凍庫に保存します。
今年は10月の後半くらいから、このヒラソウダは釣れ出したのですが。
もちろん食べても美味しいのは、知った上での事なんですけどね。
もちもちとした食感だったり、脂もしっかり乗っていたり。
美味しいのは知ってはいるけど、鮮度落ちが早い。
なので深場の餌などに利用している訳なのですが。。。
私は大きな過ちをしていた事に気がつきました。
今年のヒラソウダは、私が知ってるヒラソウダとは訳が違います。
鮮度落ちが早いのは、変わらないと思うのですが。
今年のヒラソウダは、まさに超絶激美味トロソウダ☆


2017-sagamiwan-hirasouda2.jpg
これが今週に食べた、ヒラソウダのお刺身です。
基本、深場の餌に使うと言う頭が私の中にはありますから。
餌が釣れたと大喜びの私に、船頭の一言。
大船頭
「餌になんて使わないで、すげー美味いから自分で食べなよ〜」

「美味いのは知ってるけどさぁ。。」
と、人の言う事は聞く姿勢もありますので(笑)
「んじゃ、半身だけでも食べてみるか。。」
と食べる事にしたんです。
画像の表面に白っぽく写る部分がありますが、これは皮の下すぐの脂。
見るからに脂ノリノリのトロソウダなのが分かります。
私は基本、魚は食べ飽きてしまっているので。
そうそう、美味しいなんて事は言いません。
ところがこのトロソウダ、食べた瞬間!
「なんだ、この食感?!」
モチモチどころか、トロっとした甘み。
口の中で溶ろける、まろやかなやわからさ。
なんとも言い難い、魚の旨味と言うか。。
深いコクがあり、箸が止まらない状態になりました(笑)
いつもはお刺身を、数枚残してしまうこの私が。
気がついたら、一気食いするほど。
めちゃんこ、美味しい〜♪
これはもう例年のヒラソウダより、明らかに美味しい食味です!
まさにヒラソウダならぬ、口の中で美味しさの塊がとろけるトロソウダ。
いや、トロトロソウダと言えるでしょう!
これね、釣ってすぐのヒラソウダが買える方には。
ぜひとも、味わって頂きたい!
とっても、深い味わいを堪能出来ます。
そしてこのヒラソウダ、私が釣っても差し上げる事は出来ません。
自分で食べる分は半身程度。
あとはやはり、深場の餌に使いますので(笑)
釣りに行ける人は釣りに行けば良いけど。
もう来週前半あたりで、コマセカツオマグロ船も終了になりそうです。。
買うにしても、釣るにしても。
この味わい深さは。
ぜひとも、堪能する事をお勧めいたします!
今ならうちの大船頭に言えば、売ってくれるかも。。
と言う事で、釣り人も絶賛の美味しい海の幸ヒラソウダ☆
ヤバ過ぎるほどの美味しさでございまーす!!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です