横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

フルハイトドアの神谷コーポレーション|新しいショールームを見て来ました☆

 
フルハイトドアの神谷コーポレーション|新しいショールームを見て来ました☆
この記事を書いている人 - WRITER -

私はもともと、大工の棟梁だったのですが。
頚椎の圧迫骨折をした後、現役の現場から退きまして。
無垢の木を使った新築の注文住宅専門で。
設計や施工を管理する側に回る事になりました。
大工と言うのは、素材を現場で直接触ります。
木材もさる事ながら。
建材も見てない様で、良し悪しもその場で分かります。
建具の場合で言えば、反りや歪みも。
見てない様で、見てたりするんですね。
先に言ってしまうと、ここの建具はオススメ出来ます!
フルハイトドアをリリースしている、神谷コーポレーションさんから今回お声がかかりまして。
リノベーションされた、ショールームを見に行く事にさせて頂きました!
神谷さんについては、今までもブログに書いているので。
溯りたい方は、下記からどうぞー☆
横浜駅前神谷コーポレーション|建具のショールームに行ってまいりました!
神谷コーポレーション新色総選挙に行って来ました!
早速、ショールームに到着すると。
kamiya-yokohama-door-new-model.jpg
あらまぁ、しっかりと私のお名前があるではありませんか(笑)
早速ソファーごしから、リノベーションされたショールームを見ると。


kamiya-yokohama-door-new-model2.jpg
天井を取り払い、マットなブラックで吹き付け塗装をしております。
これ、良いですね!
私も店舗をリメイクする際、よくやる手法です。
シックな商品を提供するなら、照明強めでマットなブラック。
ナチュラルな商品を提供するなら、やんわりとした照明にマットなホワイト。
これ雰囲気を変える際には、有効な処理ですね。
そしてドアも拝見したものの。
私がこちらの建具を使う場合。
基本的には、ホワイトのドアを選んでいます。
その理由。
本当の無垢材に、偽物の無垢材は合わない。
これ、私の持論。
例えば、お気に入りの無垢のフローリングを選んで。
ホワイトのドアを入れ込むとね。
壁と建具が同化してくれるので。
無垢のフローリングが、協調される事になる。
価格もリーズナブルだし、パッと見でおしゃれ感を出すのには有効なんですよね。
なので、私はホワイトの建具を頻繁に使う訳。
かといって、こちらのドアが偽物の木かと言えば。
表面の素材は突板だから、偽物では無い。
では、なぜに引っかかるかと言うと。。
kamiya-yokohama-door-new-model3.jpg
これ、突板仕上げのフルハイトドア。
これでも良いのだろうけど、私的には。。
んー、おりこうさん過ぎてるのでは無いか?!
木にも人にも、それぞれ個性があるのが良い訳で。
それこそ同じ丸太から突板を挽けば、似た様な木目ばかりなるでしょう。
貴重価値の高い突き板を、より低価格で販売できる努力もされているから。
結果として、無駄の無い突板の使い方をされるでしょう。
さらに、ドアメーカーとしてのスキルも高い事から。
おりこうさん過ぎて、見えてしまう。
であれば。
価格が上がっても良いからさー。
私は神谷コーポレーションの大胆な行動力を、敢えて知っているから思うのですが。
厚貼りの単板(たんぱん)を、木目ごちゃ混ぜにして貼るとか。
そして着色仕上げにするなら、ごちゃ混ぜにせずともそのまま貼るとか。
その方が、ドア自体から出て来る風合いはより強いモノになる。
例えば同じ突き板にしたって。
kamiya-yokohama-door-new-model6.jpg
これ、中尾建築工房で家を建てたOBオーナー様邸宅のキッチンとフロア。
キッチンの扉は、ウォルナットの突板。
フローリングはアカシアの厚貼り単板(たんぱん)。
突板の材料にはこだわりを持ち、トラ杢を持つ突き板を採用しても面白い。
このテクスチャーを出すには、大なり小なりの無駄は出る。
でも、その分だけ質感の高いドアが出来ると思うのです。
素材に関しても。
単板(たんぱん)で作るなら、より木目の個性が出せるアカシアを採用しても良いかと思うのです。
そしてこの反対に。
kamiya-yokohama-door-new-model7.jpg
横浜ベイクォーターに出店していた、キッチンカーのゴミ箱。
こんな風合いだって、今時女子には好評です。
実はうちも、いつ使うかは分からないけど。
敢えて杉の足場板を角のみ面取りして、屋外に放置して。
ビンテージ材を作って保管しているくらいです。
と言う事で。
まずは、木(もく)のドアと言う概念を壊して頂いて。
ランバーとか、無いモノと思って頂いて。
そこに神谷特有の、ありとあらゆるパフォーマンスがあれば。
無垢のフローリングにも負けない、最強のドアが出来ると思うのです。
ここ数年、こちらのメーカーさんには同じ事を言い続けてるのだけど。
ラスティックな風合いで造ってみれば?!
その意見、私の場合は全く変わらない(笑)

さらに、究極のドアが完成したならば。
ドアップで、シンプルなドアから究極のドアに着せ替えが出来たらっ!
過去に建てた方でも、飽きの無い生活を楽しめると思うのです!!
難しいのは分かった上で、言ってみる(笑)
床に合わせるドアとしては、私の意見はそんな感じ。
無垢に関してはね!
でも
こーんな新しいドアもありましたよー
kamiya-yokohama-door-new-model4.jpg
これ、フルハイトドアの自動ドア(笑)
どこかを触ると、開くのだけど。
ドアが賢い様なので、誰かが通ればドアは止まります。
学習機能もあるみたい!
これ、良いねー☆
さらに。
kamiya-yokohama-door-new-model5.jpg
オールガラス製のスライドドア。
これに自動ドア機能をつけて欲しいなぁ(笑)
これ、私は買うつもりです!
と言う事で、よそがやらない事をやるのが神谷コーポレーションさん。
ちょいと私としては。
無垢に合わせるドアを、期待して待つとしますかね!
神谷の皆さん、頑張ってちょーだいねっ☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です