横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

神谷コーポレーション新色総選挙に行って来ました!

 
神谷コーポレーション新色総選挙に行って来ました!
この記事を書いている人 - WRITER -

神谷コーポレーションと言えば、中尾建築工房で採用している室内建具メーカーさん。
このメーカーさん、結構変わっておりまして。
他建材メーカーと違って、ドア製品に特化してるハイドアのメーカーさんになります。
私は、室内の建具、外部の建具は下がり壁を造らない形の。
床から天井までといった、スーッとした意匠が好きです。
なので他メーカーさんに呼ばれた場合は、こういったイベントには行かないのですが。
神谷さんなら、また面白い事をやるんじゃないかと。
新色総選挙に行ってみる事にしました!
新色総選挙って、AKB系じゃないんだから・・・
今回の新色総選挙、内容は以前に試作したドアのデザインに対して。
どの色合いが好きかどうかを、決めるんですって。
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo.jpg
これがそのドア。
前に神谷さん主催の夜会の時、私がバッサリと・・・
無いな、これは。。
と、切ったドアです(笑)


kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo2.jpg
ショールームに入りますと、早速ウェルカムボードが迎えてくれまして(笑)
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo3.jpg
そんな会場って・・・
ショールーム内の一つの小部屋なのに(笑)
中に入って、担当の長尾君の説明を聞きます。
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo4.jpg
そしてどれが良いのか聞かれているのですが・・・
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo5.jpg
と、前回同様(笑)
バッサリと切らせて頂きました(笑)
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo6.jpg
そうですか・・・
ダメですか・・・

と、うなだれてしまう長尾君(笑)
正確に何がダメなのか?!
と言う事ですが、私の印象では綺麗過ぎると言う事。
綺麗の反対は汚い
では、無くですね。
この様に框を作ったデザインのドアに関しては。
綺麗過ぎる木目調シート貼りなんかじゃなく。
厚貼り単板2mm、出来れば3mmほどをドア表面に圧着して。
手間暇掛けて、ブラッシングしたり、木目を徹底的に生かす事。
そしてラスティックな風合いに仕上げる事で、框ドアのデザインにもっともしっくり来る。
ブラウン系のウォルナット色なんかも良いけど。
カラーリングはアッシュで、木目の陰影を生かしたデザインなんかもオススメ✨
この方が、せっかくのチェッカーガラスも活きて来ると思います。
もっとも、神谷さんとしてはコストパフォーマンスも考慮しての。
今回の色選びな訳でして。
私がお勧めする無垢の厚貼り単板だと、当然コストはアップする(笑)
な・の・で・
このシリーズのドアを造るなら。
今回、色を見せてもらった框ドアシリーズのね。
最上級クラスモデルを、ラスティックな風合いで造ってみれば?!
とお伝えして、帰路につく事にしました。
私がこんな事をメーカーに言うのも。
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo7.jpg
このドアメーカーは、やる事がぶっ飛んでる訳でして。
少し前には牛5頭分の皮を使ったドアを作っている訳でして。
そして、お客様でも、工務店さん相手でも価格は100万円のドアを作っていました。
その強気っぷりな部分は、私も共感する部分が多々ありまして。
さらに今回は、牛ドアの5倍する500万円のワニ皮ドアを展示・販売を行っている訳です(笑)
こんなに立派な工場もあるんだしね!
だったら。
kamiya-terracedoor-shinsaku-sousenkyo8.jpg
ワニが出来るならさ。
厚貼り単板くらいでビビってんじゃねー!!
と言う事な訳ですな(笑)
神谷コーポレーション新色総選挙。
私の意見は。
シリーズ最上級を造りなさい!
と言う事で、おまとめさせて頂きましたよー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ニャンコの母ちゃん より:

    私も「厚貼り単板くらいでビビってんじゃねー!!」って思った~!!(笑)
    つい最近、2棟目の打ち合わせをしている夢を見ました。
    今度はどこに建てようかねぇ~☆^(o≧▽゚)o

  2. 中尾建築工房 より:

    ニャンコの母ちゃんさん☆
    2棟目、出来れば青森県の大間でお願いします!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です