横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市大津町にて地鎮祭☆

 
横須賀市大津町にて地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年7月5日の建築吉日(定)の日に、横須賀市大津町にて地鎮祭を執り行わせて頂きました!
yokosukashi-ootsuchou-k-jichinsai.jpg
建築吉日の定(さだん)は、こーんな意義がございます。
物事がすべて定まりとどまる日で、地鎮祭等の建築事 新規事の開始 祝い事に大吉日の日。
となります。
まさにこちらのクライアント様にとっては。
絶対にさだんが良いんだろうなぁ・・・
と思って。
この日をしら〜っと、お勧めさせて頂いたのでですが。
以前にこんなブログを書いた事があります。
実家所有の旗竿敷地|過去の古家はあるものの・・・再建築は出来るのか?
結果的には良好な資産として、残せる事になって良かった☆
私も多くの家造りに携わって来たのですが、いつも考えている事と言いますか。
いつも気にしている事があります。
それは。
トータルで考えて、資産を目減りさせるのは良く無い。
整理が付くモノは、出来る限りの整理をする。
と言う事。


例えば土地をこれから探す方であれば、土地に対しての建築目線でのアドバイスや。
資産価値的なアドバイスをする事もあれば。
すでに土地を購入していて、お越しになられる方も居ます。
この場合は、いかに良い部分を残して。
無駄にならないかを考えて提案もします。
なんて言うか、土地の持っている特性って言えば良いんでしょうか。
その土地の良い部分を取り上げて。
悪い部分は目を瞑るのではなく。
どうしたらデメリットをメリットに変えらえるか?
これを気にしながら、プランの組み立てを行っているんですね。
ので。
今回の色々と問題があった部分は、ご主人が住宅ローンを背負う事で過去を精算をして。
これから新しい建築を進めて行く事が出来る。
マジで定まりましたよね!
そんな事もあってか。
私は地鎮祭を、何度も何度も経験して来ているのだけど。
玉串奉奠(たまぐしほうてん)で、私の順番になった時。
うちのスタッフや宮司さんなら、分かったと思うのですが。
「あれ、今日の社長は随分と玉串が長いな・・・」
yokosukashi-ootsuchou-k-jichinsai2.jpg
玉串奉奠って、この時ね。
と思われたかと思います。
えぇ、そうです。
猿田彦大神様に、いーーーーっぱい!!
お願いさせて頂きました(笑)
結構効くんだ、これがまた。
そして古家を取り壊してから、望んだ地盤調査と地盤の解析結果は。
yokosukashi-ootsuchou-k-jichinsai3.jpg
地盤の長期許容応力度は圧巻の42kn/m²
でも、地盤対策となっておりますが。
これは。
yokosukashi-ootsuchou-k-jichinsai4.jpg
印をされた部分だけ、固化剤を混ぜて入念な締め固めを30㎝毎に行うだけ。
地盤改良判定とまでは、ならなかったと言う事になります。
おっしゃ、こりゃー来てんぞーーーーー!!
ある意味、人生は何でもモチベーション次第って事ですよね(笑)
六曜では友引のこの日。
地鎮祭を終えて、早速お友達にお会いしたみたいですが。
友達にも良き日として、猿田彦大神のお力をお裾分け出来たと思いまーす☆
そんな横須賀市大津町の地鎮祭。
大津と言う地元で育ったこの私。
この家は、後輩にあたる方の家となる。
であれば尚更、いつも以上に。
家造りで、失敗させる訳にはいきません。
と言う事で、物事がすべて定まりとどまった横須賀市大津町の家。
これから着工に向かいます!
yokosukashi-ootsuchou-k-jichinsai5.jpg
宮司さんとの記念撮影もバッチリ!
良き日に迎えた地鎮祭、おめでとうございましたー☆
いやー、ここまで良い仕事出来たなーと思って。
安心して、事務所に帰る事にしたのですが。。
ここに来たら、やっぱここでしょの小川丸。
yokosukashi-ootsuchou-k-jichinsai6.jpg
イカの船上干しを買おうと思って寄ったら・・・
残念、イカはもうしばらく無いんだそうです・・・
「なんだ・・・」
釣り物も変わってるし・・・
俺個人だけは、定まってなかったのね・・・

お後がよろしい様で(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 大津2児の父 より:

    昨日は、ありがとうございました。
    何度か挫折しかけましたが、ようやく地鎮祭までいけました。色々ありがとうございました。
    残りもこの勢いで頑張ります。まだまだご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

  2. 中尾建築工房 より:

    大津2児の父さん☆
    ご家族を思う父としてのお気持ちは、最初にお会いした時からお察しております。
    ちょっと迷い込んでしまったみたいでしたけど、なんとかなりましたね!
    あとはもう、竣工(引き渡し)に向けて頑張るだけです。
    今のうち、手を直して施主施工も頑張って行きましょう☆
    地鎮祭、おめでとうございます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です