横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山家造りプロジェクトスタート☆

 
  2018/12/30
葉山家造りプロジェクトスタート☆
この記事を書いている人 - WRITER -

なんと言いますか。。
葉山や逗子の家造りが終了したと思ったら、鎌倉の工事が始まったり、また新たに葉山で家造りをされる方が居たりで、なんとも湘南エリアとは切っても切れない感じの中尾建築工房です!
やっぱりなんと言ってもこのエリアは空気が違うんですよね。
私が思うに山が多いでしょ?!
そして緑もたくさんあるので、涼し気なんですよね〜

だから住み易いという事もあり、逗子や葉山に家を建てたいと思う方が増えている様に思います。
んで、ちょっと前までは割と遠方に住まれている方が、葉山で家造りをされるケースが多かった。
でも最近では、葉山周辺に住まわれている方が、葉山に土地を購入して家造りをされる方が多くなって来たようです。


やっぱり近いだけあって、風土の良さを体感出来ますもんね〜
大人も子供も楽しめる町になっちゃいましたね、今の葉山は。。
以前はそれこそご年配の方ばかりだったのが、たくさんの若い方達が住まわれて来たので、町自体が活性している感じがします!

ただ、その反面緑も多いし、海も近い。。
住むにはやさしいし、わくわくする町だけれども、家を建てるにはデメリットもあったりします。
どんなデメリットかと言うと、主に湿度と風でしょうね。
山がたくさんある事によって、山有り谷有りの町が形成されています。
そして海と山が近い事も、強い風や気流を生み出し大量の湿度を保有する事にもなります。
また今年の夏は異常に気温が高い事もあり、洗濯物を乾かす時間も影響します。
以前は昼過ぎくらいまでなら、洗濯物もじめじめしなかったけど、気温が高すぎる事で海風の吹く時間が早まってしまいます。
理由は簡単。
海面と地表面では暖かい方へと風が吹き上げます。
地表面が日差しの影響で暖まる事によって、海からの風が地表面に運ばれてくるんです。
温かくなるのが早ければ早いほど、この現象は起きるのです。
だから洗濯物などは下手すると午前中で取り込まないといけなくなったりする訳ですねぇ・・・
この他、建築する上で水や湿度って、結構大敵だったりするんです。
例えばたくさんの窓を取付けて、風を家の中に取り込んでみたりすると、なかなか湿気が抜けにくくなります。
そうすると、抜けない湿気は家の中に残ってしまいますよね。
通気の悪い部屋等に関して言えば、壁紙にカビが生えたり、家の角にあたる隅部分は普通の壁に比べて断熱欠損する可能性が高くなるから、やっぱり黒ずんで来たりもします。
でもやっぱり窓は開けたいし〜
家は寒くも無く、涼しい方がいいし〜
カビなんて嫌だし・・・
って誰もが絶対に思う訳ですよねぇ・・
と言う事は構造体は調湿しても大きな変化を起こさない構造にしたりとか。。
内装に使われる床などは調湿性能のある無垢の床にしたりとか。。
壁に関してもやっぱり多孔質である程度の湿度を取り込み、除湿した空気を放散出来るような家にするのが望ましいですよね!
これからは温暖化も進んでいくと思います。
葉山などで家造りをされる方には、今までと違い必要な窓は付けて、必要じゃない窓はあんまり付けない。
そして外壁面積を多くする事によって、断熱性能を重視する。
そして調湿効果のある内装にする事が、住み易い家を造る上で一番大切なんじゃないかなって思います!
と言う事でこれからまた新たな葉山プロジェクトがスタートします!
今回のオーナーはOBのオーナー様は合った事があるかもしれない方でございます!
覚えてますかね〜
H先生の見学会時に9組ものOBのオーナー様に囲まれた方でございます(笑)

Sさん、まずは土地ゲットおめでと〜ございますっ!
まずはドキドキの土地購入が終わりましたが、これからが楽しい家造りプランのスタートです☆
風土の事、予算の事、叶えたかった要望の事。
これらをぜ〜んぶ考えて、サイコーのプランを完成させましょう!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. すぎ より:

    おめでとうございます!
    夏の南風は、取り込みまくってますが、湿度は全然問題無いですね。
    エアコン無しでやっております。
    やはり、調湿性能の高い素材のおかげです。
    ただ梅雨頃は窓あけられなくてややツライので、エアコンの導入検討開始しました。
    (ところで、ウナ、どんな感じでしょう?
    まだアソコに逃げ込んでいるのでしょうか?)

  2. もりたけ より:

    おめでとうゴザイマス♪
    ステキな快適な家を建てて下さい!!
    ん~ウチもほぼnoエアコン住宅ですもんね~
    今んトコ問題なし!!…我慢してるワケぢゃないケド、ホントに平気なんだよね~★
    冬は100%薪ストーブだし。

  3. 中尾建築工房 より:

    すぎさん☆
    すぎさん家は人の意見に聞く耳持たずハウスだ(笑)
    も〜、勝手にやってくれって感じでしたもんねぇ?!
    でも、すぎさん家はもくもくしすぎるんだよ〜
    だって私、すぎさん家には入れないもんねぇ〜
    青森ひば臭がすっごいんだもん・・・
    もりたけさん☆
    もりたけさん家はエアコン付けるビジョン、確かに浮かばないですねぇ・・
    ちびっ子達もすくすく成長しているみたいで、ブログの方も楽しませてもらってますよ!
    今年はや〜っと事務所の薪ストーブが機能出来ると思います!
    パスタマシーンも置くし、美味い野菜と珈琲も楽しめると思います!
    また遊びに来て下さいね☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です