横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

住宅エコポイント復活?!

 
住宅エコポイント復活?!
この記事を書いている人 - WRITER -

と言われてますね。
新聞やインターネットニュースなどでは一週間から10日間ほど前からニュースになっています。
*****************以下ヤフーニュースからの転載*****************
前田武志国土交通相は16日の閣議後会見で、復活させる方針を明らかにしていた住宅エコポイント制度について、2011年度第3次補正予算の要求項目に盛り込んだことを明らかにした。被災地を除く地域の新築についてはポイントを半減し、耐震改修も対象に加える。予算額は1千億円超となる見通しだ。
 同制度は、住宅の新築や改修時に、窓や外壁に断熱構造を設置するなど省エネ仕様にした場合、ほかの商品などと交換できるポイントを付与。これまでは省エネ住宅の新築で30万ポイント(1ポイントは1円に相当)、改修では工事内容に応じ上限30万ポイントとしていた。
 新制度では被災地の新築を30万ポイントで据え置いて優遇する一方、その他の地域は15万ポイントに半減。また「現在ある住宅の省エネ化が重要」として改修については上限30万ポイントで、耐震改修を行った場合はポイントを上乗せする。前田国交相は会見で、「持続可能な街づくりのスタートを切る」と力を込めた。
 住宅エコポイントは昨年3月に始まったが、急速な申請拡大で、予算枠(2400億円)を使い切り、当初予定より半年前倒しの7月末で制度を終えていた。
*****************ここまでヤフーニュースからの転載*****************


まぁ、簡単に言うと今までは新築の場合、30万円分のお金が貰える形になっていました。
でも今回は被災地のみが30万円分のポイントで、私たちの活動している神奈川などでは半分の15万円ほどのポイントが貰えるという話になっています。
でもこれ、今現在は予算が通っている訳でもなくて、はっきりとした事は今の所、言えないみたいなのです。
一応、国土交通省にも電話して確認してみました。
そしたら『まだ確定ではないですし、予算も通ってないです。だからあとちょっと待っていてください。』と言われてしまいました。
そこで私も『あとちょっとって、2週間くらい?それとも1月くらい??』
そしたら国土交通省の担当の方は『う〜ん、1月くらいかなー』なんて答えでした(笑)
と言うより、かなり軽ーい感じの受け答えでしたので、正直びっくりですね。
もう少しお固い感じでも良いのかと思いましたが•••

と言う事で今の段階では日時や条件なども全て決まっている訳ではありません。
ただ私の経験から言うと、住宅エコポイントの支給が確定してから土地を探したりしている様では。。
多分間に合いません。
フラット35Sのローン特約が無くなったり、長期優良住宅の補助金が無くなったり、いろんな部分で特典が無くなってきています。
なので少しでもお得な家造りをされたい方に関しては、まず早めの行動をして頂いて、いざという時にきっちりとポイントが貰える様に動きたいものですね。
あったらあったで良いかもしれないけど、またドタバタが始まる気がしてならないのは、私だけでしょうか。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です