横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

神奈川県産材で建てる地産地消のジブン•STYLEの為に!

 
神奈川県産材で建てる地産地消のジブン•STYLEの為に!
この記事を書いている人 - WRITER -

新年を迎えてそろそろみなさんも本格的にお仕事モードに入った頃でしょうか?(笑)
今日、私は神奈川県産材の視察の為に丹沢の山に行って来ました!
私はもともと大工さんだった為、一般の工務店さんに比べて木材の知識はある方だと思います。
そして可能な限り国産の木材を選んで頂けるよう、全国各地を色々と比較して来ました。
そういった積み重ねがあって、今では多くのオーナー様に国産材で建てられる自然素材の家を提案させて頂いています。
私はもともと大工さんですから、当然ながら神奈川県産材に関してもそこそこの知識を持っていました。
ただそれは今から15年ほど前に聞いていた話になります。
当時は『神奈川県産材と言えば足柄上郡。採れる木材は杉が多くて、山の水があんまり良くないせいか死節材が多くて木目的にもあんまり良い材が無い』と言うモノでした。
他に県産材というと、近くの逗子にも山があります。
でもそこで採れる杉材もやはり水が悪いせいなのか、素性の良いモノは無し。。。
しかも木材を乾燥させる釜も無いので、良質な乾燥木材を安定供給するには不向きだったのです。
足柄上郡に関しても逗子に関しても、価格的に安いモノではないと言う事で、コスト交渉までには至らなかった訳なんですねぇ•••
ところが昨年になって、こんな要望をある方から頂きました。
『人生最後の集大成となる終の棲家として、地産地消で建てる家に住みたいのだが相談に乗ってくれますか?』
ふんふん、なるほど。。
色々とお話をすると、神奈川県に建てるのだから神奈川県産材で建てたいとの事。
ただ私の記憶を遡れば、良材は神奈川県産材にはなかなか見当たらない。。。
そこで森林連合組合をツテとし、県産材に力を入れている製材所を調べてみました。
そしたら一件だけ『うちは杉の柱はあんまり良材は無いけど、桧の柱や杉の梁材なら自信があるよ〜』って製材所に巡りあう事が出来たのです!
『ウッソぉー、神奈川県産材で桧なんてあったっけ??』という事で急遽、丹沢の山奥に出向いて来ましたー☆


CA3F0675.jpg
中尾建築工房もLOHASな場所にありますけど、ここも相当LOHASな雰囲気ですよねぇ•••
マジで神奈川県内なのか•••

現地へ行く前に、電話でもある程度聞いていたんだけど。。
『宮ヶ瀬を超えますんでー』
という事は、この湖は宮ヶ瀬湖なのか?!
初めて来ちゃったかも(笑)
CA3F0681.jpg
んー、どんどん山だらけになっていきますなぁ。。
そしてようやく製材所にたどり着き、製材の様子や木材を見学させて頂きました。
CA3F0677.jpg
んー桧の香りがプンプンしますねぇ。。
ここに置いてある木材は、ほぼ神奈川県産の桧材です。
しかも、曲がった丸太もあんまり見かけない。。
多分、良材だけを選定して製材しているのが良く分かりますね。
たいてい、こういった場所に出向く時には製材所の事務所で座りながら話をする感じではありません。
歩きながらとか、立ち話で『この材はこんな特性があって〜』とか『この材はラミナ材にするから〜』とか『こりゃーいい材料だよね〜』なんて感じです(笑)
CA3F0678.jpg
桧の梁ですな。。
こういった太鼓梁も最近は使わなくなったなー
もりたけさん家以来かも(笑)
もりたけ家に使ったら『俺ん家、そば屋みたい!』って、言われたしなー(笑)
でも色々と見せてもらったおかげで、中尾建築工房で建てる神奈川県産材の家は、どの様な適材適所で建てるのかが明確になりました!
桧材も元大工だった私の目に適う良材です。
これなら行けるかも?!
またそのうちに中尾建築工房の家造りメニューが楽しい事になりそうですね!
地産地消の自然素材の家を神奈川県で建てるなら、設計事務所+工務店は中尾建築工房だな!って思われるべく頑張りたいと思います!
こうした産地に出向く時って本当はのんびりしたい所ですけど、なかなかそうも言ってられません。。。
なのでそのままとんぼ帰りだったのですが。。
CA3F0683.jpg
ちょっと、みなさーん!!
今日は平日ですけど。。

私の趣味が釣りなのを知っているのか、どうなのか。。
いいなー、羨ましいなー(ちきしょうめ。。)

ん〜、このあたりの方達は年明けも、のんびりなのでしょうか。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. そば屋チックもりたけ。 より:

    あけおめ★コトヨロ♪
    年々、太鼓梁の雰囲気が良くなってきてるもりたけhouseでありマス。
    あ~オイラもこの製材所さん行って見たかったなぁ…無駄に(笑)
    地産地消の家って言ったら…何となく究極的な雰囲気ありますよね~!!ウラヤマシス
    工房サマのコトだから。
    良い材を目の当たりにして、また良からぬ計画を練ってるトコでしょうな(笑)

  2. 中尾建築工房 より:

    そば屋チックもりたけ。さん☆
    あけましてですね!
    今年もよろしくお願いします☆
    もりたけさん家の太鼓梁も年々味わいを醸し出しているでしょうねぇ。。
    あの梁も最近ではなかなか見れなくなりましたからね。
    良からぬ計画?
    んー、それはどうでしょー(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です