横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市での土地探し

 
逗子市での土地探し
この記事を書いている人 - WRITER -

最近の休日は海にも行かず、ほとんどがチビ助を家から連れ出して、土地探しだったりお散歩してたりします。
今週のお休みも習慣の如く、土地探しをしてました。
『無いな〜、掘り出しモノなんて無いよな〜』なんて言いつつ、プラプラと歩いてます(笑)
良く工務店やっているせいか『土地なんて掘り出しモノを見つけやすいんじゃないですか〜』と言われます。
でも実際に掘り出しモノなんて、早々見つかる訳ではないですし、これでも逗子に家を建てると決めてからかれこれ2年以上は探している感じ。
たま〜に不動産広告に出ていない更地の土地を見たり、あきらかに『ここは住んでいないしょ?!』って言うお宅を見つけては、法務局に行き、持ち主の方に売る気が無いかも調べてもらったりしています。
でもそこでの巡り合わせなんてなかなかありません。
こうして逗子市内の土地を一人で歩くなら、まだ良いです。
でも実際には12キロの鉛と言うか、未だ歩けないチビ助を抱えていますから、2時間も歩くと。。


結構、背骨の辺りに疲労感が漂ったりします(笑)
あ〜、やっぱり30代と40代って違うんだな〜って思いつつも、こんな事を言っていると私よりも先輩な年齢の方々に突っ込みを入れられてしまいそうですよね・・・

けっこうぐるぐると御散歩しますが、やはり大工時代の修行ではないので、どこかで休憩を入れなくては疲労感いっぱいになってしまいます。
20代の頃なんて『休憩なんて要らないっしょ?!』って言っていたくらい、元気だったんですけどねぇ。。

zushi-totisagashi.jpg
逗子駅前のスターバックスで、鉛を降ろして休憩(笑)
ちなみにテーブルに載せているお店の袋には、チビ助のオムツ替えセット等々が入っている袋です(笑)

でも、ほんの10分か15分間くらい休憩するだけで、結構違いますよね。。
私的にこのお店を利用するのは少ない方ですが、駅前にこうしたお店があるのは待ち合わせにも良いし、ちょこっと本でも読みたい時にはうってつけのお店ですね!

当然休憩したら、また御散歩になる訳でチビ助を抱きかかえながら散歩を続けます。
でもやっぱりそろそろ歩いてくれたら良いな〜と思いつつ、ちょこっとだけ歩かしてみるも。。
zushi-totisagashi2.jpg
ほぼ、しがみつき状態ですね。。
やはりそうそう簡単には、バランスも取れないようで。。
一人で歩き出すのは、まだまだもう少しだけ時間がかかりそうな感じです。。

でもまぁ、いずれは歩き出してくれるでしょうし、あせらずのんびりマイペースで歩いてくれる事を楽しみにしつつ、また土地探しの旅に出ようと思います!
みなさん、設計事務所だったり、工務店だったりするから土地なんて簡単に見つかるでしょうって言ってもね。。
結構、みなさんと同じ感じなんですよー(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です