横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市浦賀丘フラット35Sの家|地鎮祭☆

 
横須賀市浦賀丘フラット35Sの家|地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2012年8月19日の建築吉日に横須賀市は浦賀丘にて地鎮祭を執り行いました!
やっぱりオーナーの日頃の行いが良いせいもあって、天気はバッチリのこれ以上無い快晴でございます。
そんな天候ですから、ばったりと倒れてしまう人が出てはいけませんので、テントを張り〜の、日影造り〜のと言う感じで神主様と共にオーナーご夫妻をお待ちしておりました。
そしてきっちりとした性格のご一家ですから時刻前には到着。
そして恒例の地鎮祭がスタートです!
yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k.jpg
ほんっと日影を造っておいて、つくづく良かったと思います。
私たちみたいに現場慣れしているタイプの人ならまだしも、日々デスクワークの方にとっては、殺人的な日差しですしね。。
さて話は本題に戻りまして今回建築される家は、中尾建築工房で建てるフラット35s+自然素材を採用した家となっております。
平坦部分の敷地いっぱいに建てられる家は、さぞかし大きくて生活しやすい家となる事この上ない訳です。
でも今はまだ、全部を公開できませんので。。。


見学会をお楽しみにって感じですかね(笑)

実はまだどこでやるかを決めてないですし••

yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k2.jpg
そしてきちんと神主様にお祓いをして頂いた住宅模型もオーナー様の手に渡りまして、暑い中に執り行った無事地鎮祭は終了!
ただ地鎮祭の時には、これで終わりではありません。
この後オーナー様と一緒にご近所のお宅に、ご挨拶回りをするのが中尾建築工房ルールなのです。
そこで一際、活躍してくれた中尾建築工房の新人スタッフ、若いのですが本当に良く働きます。
『今時の若いもんは。。。』なんて事を言われる方もいらっしゃいますし、私自身も厳しい修行を乗り越えて来た経緯がありますから、人を見る目ははっきりとしています。
『駄目だな。。』って思う新人は年齢に関わらず、やはり口だけが先行して廻りが見えていません。
なので試用期間で即×を付けたりするのです。
でも、この子は一味二味も違いますね。
率先して下働きをする姿勢は将来有望株だと言う事がはっきりと手に取る様に分かります!
yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k3.jpg
これ、中身が結構詰まっていますから、それなりに重たい訳なんです。
でも必死に持ち上げ、究極に疲れて来たとしても、やはり両手を使ってさぼらずに配達を続ける姿勢にはおじさんも頭が下がります!
yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k4.jpg
この子は大工にするのは勿体ないな••
うん、大工にはきっとならないな。。
馬鹿じゃ出来ねぇ、利口じゃ出来ねぇ、中途半端じゃなお出来ねぇ。。
見習い時代には、こんな訳の分からない職人話を良く聞いてたっけなー
だったら私はなんだったんでしょう・・・
までも、この子は優秀なパパ似だし、エリートの階段を昇って頂きたい!

このお宅は来週から地盤改良工事が入ってからの着工となりますが、この良き日に幸先の良いスタートが切れたかと思います!
まずはおめでとうございますって感じですね☆
所であの祭壇にまつられていた金目鯛、実は浦賀丘産の金目鯛なのです。
まさに地産地消と言った所でしょうか。。
『んっ、浦賀丘って言う位だから高台なんじゃないの?!金目鯛なんて釣れないでしょ?!』
そんな事を思われる方もきっといらっしゃるでしょう。
でもこれ、本当に浦賀丘産の金目鯛なんです!
これが証拠だ!
yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k5.jpg
『おぉ、もうちょっとで釣上げられるから、おじさんと変わってみな!竿はしっかりと立てるんだぞっ!大きいから逃がさない様になっ!!』
yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k6.jpg
なんとまたもや良く働く新人スタッフ君が、今度は一人で1.5kgの金目鯛を釣上げています。
ね、ホントに浦賀丘産の金目鯛でしょ?!
山にも居るんだ〜、金目鯛って〜
yokosukashi-jishinsai-uragaoka-k7.jpg
ですよね(笑)
居ないですって、山に魚は。。
そんなパロディもありつつ、無事横須賀市浦賀丘の地鎮祭は終了です。
永きに渡った今回のオーナー一家の家造りもいよいよ本格的に着工迎えてスタートします!
中尾建築工房のジブン•Style☆是非ともここから更に楽しんで頂ければと思いまーす☆

新人スタッフ君へ
今日は良く頑張ったから、今度は大工のおじちゃんが大工仕事を教えてあげるね〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. すみす より:

    ありがとうございました!
    無事地鎮祭が終わってホッとしています(^^)
    これからいよいよ家造りですね!楽しみです♪
    長男の夢は大工か宇宙飛行士ですよ!
    おじいちゃんも大工さんだったので、やっぱりね~って感じです(^^)

  2. 中尾建築工房 より:

    すみすさん☆
    そりゃ、ほっとしますよね!
    なんつったって、最初の問い合わせから何年経ってここまで来たんだろうって話ですから(笑)
    家の工事が始まると、基礎工事が終わって足場が建ったり、上棟したりとかなり具体化した辺から、楽しさが増すと思います!
    上棟が待ち遠しいですねー
    大工か宇宙飛行士かぁ。。
    お勧めは宇宙飛行士かも••な。。
    そしたらおじさんに宇宙食ちょーだいねー☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です