横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色|ナチュラルテイストの家上棟!

 
葉山町一色|ナチュラルテイストの家上棟!
この記事を書いている人 - WRITER -

2012年10月15日に葉山町は一色にて、ナチュラルテイストの家上棟がしました!
hayama-isshi-o-jyoutou.jpg
当初の予定では17日の上棟予定でしたが、天気予報が悪かったので急遽施行部隊の方で日程を変更させて頂きました。
葉山と言えば堀内に多く実績のある中尾建築工房ですが、今回はごんご家以来の一色と言う事になります。
場所的にはとても静かな場所で、葉山らしい空気を味わえる場所ですねー
さて葉山と言う場所に建てるとすれば、当然ながら無垢の床材に漆喰や珪藻土の壁と言う自然素材派の家を建てる方が多い訳です。
中にはセルフビルドの方法を選択される方も居るのですが、こちらのお宅も施主が施行する珪藻土を選択されています。
と言うのも葉山自体が海と山に囲まれている町ですんで、海と山から溢れ出る湿気を考慮しなくてはなりません。
そこで湿気対策をしていなくては、毎日の生活でじめじめと共に暮らさなくては成りません。
そんな理由もあり、施主施行応援型の中尾建築工房に新築の注文住宅で建てる家造りを依頼された経緯もあると思うのですが、今回のオーナー様(奥様限定)は、ちょっとやばいのです。。
ご主人様はとってもお話も通りやすく、話をしていて会話もスムーズになります。
でも奥様との会話になると。。。


なぜか噛み合ない・・・

まー、打ち合わせをしていると常に驚きが付きまとうと言うか、ミラクルな答えが帰って来たりする事が多いのです。
私もなんだかんだと言って、人の話はきちんと聞きますし、経緯を確認した上で提案&コストダウンの方法などもご教授致します。
でもこちらの奥様との会話に関してはこんな感じ。

AとBの品物があって、Bの方が安いし見た目的にもBを選ばれると思いますが、Bでだいじょうぶですよね?』と聞いたとします。
そうすると
奥様
それならAでお願いします
私の心の声
えー( ̄□ ̄;)

その他にも。。

ここだけは崩さない方が良いと思うから、コストカットするならこっちの方が良いですよね?
奥様
それはやっぱり止めます

どっひゃーっ(  ゚ ▽ ゚ 😉
て感じです・・
なにかがおかしい。。
ご主人のお考えは把握しているけれども、どうも奥様の考えが把握出来ない・・

とまぁ、こんな感じで奥様を要注意人物として、ひさびさマークをしているお宅でもあるのです。
でもそんなお宅でも、ようやく資料もまとまって、上棟までこぎ着ける事が出来ました!
hayama-isshi-o-jyoutou2.jpg
まずは一家の皆様、上棟おめでとうございます!
そしてー
第二ラウンド、開始〜!!

ここまで来たら、御引き渡しをするまで絶対に気は抜かないぜ!
負けないぞー、おー☆


ちゃんと上棟のへいごしも取り付けてありまーす☆
hayama-isshi-o-jyoutou3.jpg


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です