横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

家造り初級編|入り口価格と出口価格で間違えるな!

 
  2018/09/27
家造り初級編|入り口価格と出口価格で間違えるな!
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は朝から某ハウスメーカー様にて建築の話が進んでいた方のご相談を受けたり、他地元工務店さんに相談をしている方からの相談を受けておりました。
共に計画している家(本体と一般的な付帯工事費の合計)のご相談のみで話が進むらしく、家の仕様面などやライフライン、外構に地盤改良工事などを考慮しても『それって無理だべ。。』とはっきりと分かる内容でした。
まー、なんと言うか家造りを依頼される皆様も、本当につくづく大変だと痛感されます。
だって興味があるから設計事務所や工務店に問い合わせをして、話を聞きに行く訳です。
ところがこの業界と言うのは『その予算で行けます!』とか『この位あればなんとか。。』という曖昧な形で逃げてしまうのです。
そして契約が決まったと同時に『そこは未確定だったので、追加は出ますよ』とか『注文住宅ですから』というお決まりの逃げ口実で、さらっと交わしてしまいます。
そういった住宅業界の流れが嫌で、悪いモノを安くではなく、良いモノをリーズナブルに提供する為に奮闘をしてきました。
でも、こういう経緯を踏まえて、不信感を感じた方のご相談を受けると『まったくどいつもこいつも、契約の事しか頭に無いのか。。』
そんな事を思います。


私が大工職人として独立をしてからかれこれ12年が経過をしました。
その当時から、この業界特有の入り口価格と出口価格には、ホントに嫌気を感じてました。
そのため、中尾建築工房ではそういった曖昧な事をせずに、オーナー様の許可が頂ければ、見積もりも公開しますし、細かい部分の説明なども詳しく行なっています。
一度でも家造りを経験された方なら、入り口価格と出口価格の意味をはっきりと分かるかと思います。
でも初めて家を建てる方には、これだけは覚えておいてもらい事があります。
家の細かい部分が全て決まった上での契約であれば問題ありません。
でも、間取りとざっくりな仕様面で契約をするのは、やめてください。
その先には、ありえないと思われるえげつない手法が待っています。
家の価格というのは、材料費に職人さんに賃金、そして保険料などの集合体が見積もりに反映される訳です。
でも、契約を取りたいが為に、入り口には一番最低グレードで契約を迫り、変更をしようとすると追加料金でがっつりと行かれてしまう場合がほぼなのです。
また付帯工事費も『そこまではみてませんよ〜』なんてことを簡単に言う事も良く伺います。
なので、様々な工務店や設計事務所、ハウスメーカー様に廻る時には詳細をきちんと確認する事をお勧めします。
細かい事は後日、時間を取ってやりましょう!
これを言い出す所は最もデンジャラスですから、そういった所の契約はしない事
家は高くて、ベンツよりも高級な資産となります。
くれぐれもお間違いの無い様にね。
軽〜くおさらいをしたい方はこちらのリンクをクリックしてください。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です