横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市公郷町新築一戸建ての注文住宅|こちらも模型完成!

 
横須賀市公郷町新築一戸建ての注文住宅|こちらも模型完成!
この記事を書いている人 - WRITER -

という事で二日間続けて模型の完成です!
こちらのお宅は、横須賀市内は公郷町と言うエリアに建築予定なのですが、便利な場所であるけれども意外に知らない方も多かったりします。
市内の方なら知っているけど、市外の方は『公郷?』って感じになるんじゃないですかね。
駅で言えば、京浜急行の堀之内駅と北久里浜駅を利用する事も出来ます。
ちょっと頑張れば、JRの衣笠駅も利用できる場所ですので、駅利用は全部で3つの駅が利用出来るし、なにげに便利な町なんですよね。
横須賀市内の買い物と言えば、以前は横須賀中央が主流でした。
でも、横須賀中央の西友と、さいか屋と言う二つの大きな商業ビルが建て替えや用地利用未定の為、横須賀市内の買い物はかなり平成町の方面に流れている様です。
その平成町にも車ですぐの所ですんで、地元の方なら公郷町の便利さを良く知っているんですね。
今回、その公郷町に建つ家は敷地と道路の関係上、いずれはとっても良い感じになる場所です。
ある意味、将来的な資産と考えると、良い買い物しましたよね!
その公郷町に建つ家は、こんな感じのおうちになりまーす☆
yokosukashi-kugoumachi-h-mokei.jpg


切妻屋根に大きなデッキと玄関ポーチのあるお宅になります。
室内は1Fリビングで、つい先日お引き渡しをさせて頂きました津久井浜のほっこりなごみの家と同じ様な堀座卓をチョイス!
なんだか最近、相当はやってますよね堀座卓。。
そして室内には天然素材の漆喰珪藻土を塗る仕上げになるのですが、私的には施主様がやられるのはあんまりおすすめ出来ません。
だって、こちらの奥様はお子さんを出産してから、出産明けの状態で壁を塗るという意気込み。。
でもさすがにそれはないだろ〜な〜と思いまして『やっぱり大変ですかねぇ。。』と言われた質問に対して『うん、間違いなく大変(笑)』と正直に切り替えさせて頂きました。
あんまり無理をしても、良い事無いですし、ご主人も心配でしょうしね。
私も実際、人に教える位は塗れますし、そこそこ自信もあります。
でも私が家をたてる時には必ず、左官職人さんにお願いする位ですからね。
ちょっと時期的にお産が絡んでいるから、今回は無理しない方が良いかと思います。
こちらも地鎮祭はすでに予定をしておりまして、後は模型で立体感を確認してもらう段階に参りました。
なのでもう少ししたら、地鎮祭、着工、上棟って形に流れていきますから、お楽しみに!

そういえば横須賀市長沢の現場で、解体の確認と、母屋の水道管工事の事で打ち合わせに行った帰りに、ご主人と車ですれ違いました(笑)
私が『あ、○○さんのご主人だ!』と思ったら、ご主人は車を運転してまして、助手席に乗っているご同僚の方とニコニコをお話をしてました(笑)

駄目ですよ〜、車の運転中はきちんと前を見てくださいねあ(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です