横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

三浦市南下浦|地鎮祭☆

 
三浦市南下浦|地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2013年5月18日の建築吉日に、三浦市は南下浦にて地鎮祭を執り行いました!
今日は建築吉日の中でも赤口(しゃっこう)と言いまして、午前でもなく午後でもなく、お昼のみがとっても良いと言う日でありました。
そのため地鎮祭の開始時間は12時ちょうどから開始させて頂きました。
天気は快晴!でもちょ〜っと風が強かったですね。
午前中は鎌倉の上棟したばかりの現場に行きまして、大工さんと打ち合わせを行いました。
鎌倉からの帰り道では、相模湾も風が強くて割と波も立っていました。
これがまた面白いのですが、相模湾が荒れていても、東京湾はべたなぎだったりする事が良くあるのですが、今日はどっちの海も荒れていましたね。
地鎮祭を執り行わせて頂いた三浦の土地は、海見え立地でもありますから風の影響をもろに受けてしまいます。
でも、今日は海側にそびえる桜の木が風から護ってくれた様でした。
こういう時の樹木って、花は無くても、とっても心強いんですよねー
おかげさまで風の影響を受けずに地鎮祭が行えました!
miurashi-minamisitaura-jichinsai-o.jpg


こちら三浦のお宅は、今年の頭にめでたくお子さんが産まれたお宅です。
地鎮祭と言うと、神主さんや設計担当、施主、施行担当が色々と大きな声を出したりします。
割とおとなしいお子さんなのですが、地鎮祭の時に大泣きするとお父さん、お母さんも大変•••
なので裏方の私たちは、交代でベビーカーを揺らしつつも、一切泣かずに地鎮祭を過ごしてくれたんです。
いや〜、こちらのお子さんはとっても偉い子ですねー
お父さん、お母さんが困らないよーにおりこうさんにしてくれていました。

そして私は午後から設計が始まる横浜市戸塚区の現地へ出向く為、早々に現地を後にする事にしたのですが。。
今日の地鎮祭にお持ちした金目鯛も、これがまたいつになく結構でかかった。。
なので奥様にこんな一言を。
『これ、出来ます?』
『•••』
『誰も出来ないんだったら、夕方で良ければ捌きましょうか?』
『いいんですかー♡』
と言う事で私は横浜での敷地調査を終えてから、すかさず事務所に戻りまして、18時からの打ち合わせの合間に久々お魚を触りました(笑)
そういえば最近全然釣りには行ってないもんな〜
基本、釣るだけ釣って、人にあげるタイプの人だから、もらう人が居ないとな〜
誰か要る人居ないかな〜

なんて独り言を言いつつも、とっととやらないとね(笑)
miurashi-minamisitaura-jichinsai-o2.jpg
miurashi-minamisitaura-jichinsai-o3.jpg
miurashi-minamisitaura-jichinsai-o4.jpg
miurashi-minamisitaura-jichinsai-o5.jpg
設計事務所+工務店なのに、なぜかこういう時に便利な簡易皿がある(笑)
金目鯛は臓物がわりとグロいので、そこはあえてアップしませんけど、こんな感じで捌いてみました。
切り身をあぶったりして、氷水で冷やした後、ゆずとお醤油で食べるあぶりの金目はかなり美味しいのでおすすめです!
こうしてめでたく地鎮祭を執り行えた三浦市南下浦の工事。
地盤も予想以上に良かったので、これから基礎工事着工に向かいます!
まずはめでたい日に、目出鯛でお祝いを出来てよかったっすねー☆
んー、やぱり40才を超えてくると、親父ギャグがだんだんと冴えなくなってくるのが良く分かりますな•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. O妻 より:

    土曜日はありがとうございました☆
    地鎮祭も無事に終わり、ほっと一息ついています。
    まだまだ先は長いですが、よろしくお願いします。
    捌いていただいた金目鯛は、無事私たち夫婦のお腹の中におおさまりました☆
    とっても美味しかったです。

  2. 中尾建築工房 より:

    O妻さん☆
    地鎮祭おつかれさまでしたー
    でも、家造りはここからが楽しい所なんです。
    ぜひとも家造りを楽しんでくださいね!
    そして、新居に引っ越しする時期になったら、お魚くらいは捌けるようになりましょうかね!
    おめでとうございます!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です