横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

デザインのある家には照明でアクセントを!

 
デザインのある家には照明でアクセントを!
この記事を書いている人 - WRITER -

いいプランニングが完成したら、そこで満足するのではなくて照明案なども力を入れると家の見栄えや完成度も高まります。
私が照明のプランニングをする場合、気をつけている事があります。
それは家々によるのですが、お金をちょっと余分目にかけて、更に良い感じの演出をしたりとか。。
そんなの全然興味が無いよ〜と言う方の場合には、それこそ裸電球を使ったりしています。
これはあくまでも個人差がありますので、一概にはなんとも言えません。
でも、やっぱり力を入れた感じの照明案を入れる場合は、同じStyleの家でも全然印象が変わったりするんですよね。
shoumei-keikaku.jpg
この家は外観などに建物からの照明ではなくて、アッパーライトを建物の外から当てている感じですね。
家の周囲にアッパーライトを5発当ててみると、こんな感じの雰囲気が出せたりします。
shoumei-keikaku2.jpg
ここは本やCDを収納する棚を造った所にアッパーライトで間接照明を入れると、非日常的な灯りが演出できたりします。


shoumei-keikaku3.jpg
こちらはリビングに間接照明を入れたケースですね。
ホワイトの珪藻土で仕上がった天井と壁に間接照明の光が乱反射して、とても明るくまったりとする光を出してくれてます。
こういった感じで色んな形で演出をする事が出来るのですが、これは間接照明を希望される方の場合になる訳です。
そして反対の形で、なかにはシンプルにこんな照明を使ったりする事も。。
shoumei-keikaku4.jpg
これはどんなタイプかって言うと。。
shoumei-keikaku5.jpg
一応はこの照明器具はLED電球で、しかも相当リーズナブルな価格の器具だったんです。
なので光熱費重視だったり、見た目なんてどうでも良いって感じの方には、こういった器具を勧める事もあったりします。
とまぁ、こんな感じでピンきりなんですけれども、せっかくデザインのある家を造るなら、どこかリビングだけでもアクセントを入れてやってみると。。
家でちょっとした満足感を得られるかと思いますよ。
んで、今回、間接照明も入れつつ、目立たない所にはこのリーズナブルなLEDランプを入れようとしたのですが。。
ちょっと納得のいかない価格に上がってしまっているんです・・・
ちょっと価格については、明日メーカーに確認してからアップしたいと思うのですが。。
ちょっとメーカーさん、この金額は上げ過ぎだよね・・
と言う事でまた明日!
しーゆー!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です