横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

薪ストーブに使う薪の収集に貢献する便利な車

 
薪ストーブに使う薪の収集に貢献する便利な車
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房の冬の風物詩と言えば、薪ストーブであるのですが、これを維持する為には当然燃料となる薪が必要なんです。
完成された薪を購入すると、一冬辺りの燃料代が10万円〜12万円ほど掛かります。
そんな予算があるかって言うと『それはむ〜り〜♩』と言いたくなります。
なので、あっちこっちから薪を集めて、自分たちで割るしかないんですよね。
その薪集めに、なるべく楽が出来る車両を前々から検討しておりました。
これがその車両です。
keitora-danp.jpg
本日、中尾建築工房に到着した軽トラのダンプカーになります!
これがあると、現場から現場への移動の際に、転がっている薪を詰め込む事も出来るし、事務所に降ろすのも楽チンになります。
薪って最初から細い状態で割られている訳ではないですし、元々の薪材は丸太です。
なので降ろす時って結構重たかったりするんです。
そのため、ぐっきり腰にもならなくて済む様な軽トラのダンプカーを検討していたんです。
これがあれば、あっちこっちに行く際に、薪を拾ったりする事も出来ます。
横須賀市内のくりはま花の国近くにある某場所でも、軽トラフル満タンに薪を頂戴に上がったとしても2,000円位で購入出来ちゃったりします。
それを自分たちで割る様にすれば、冬の燃料代は割と浮かす事が出来るって事に繋がります!


ようやく待ちに待った軽トラダンプ!
これからは、おそらく現場で良く見かける事になると思いますぉ〜
そうだ!
吉田造園さんに見せびらかせに行くとしよう(笑)

薪ストーブに火を付けるのも楽しいですけど、こんな車両があれば、薪集めも楽しくなってしまいますね〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です