横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

神奈川県藤沢市長後にて地鎮祭!

 
  2018/12/29
神奈川県藤沢市長後にて地鎮祭!
この記事を書いている人 - WRITER -

2014年6月12日の建築吉日に、藤沢市長後にて地鎮祭を執り行わせて頂きましたー☆
建築吉日ではあるものの、6月着工になる訳です。
6月と言えば、日本では梅雨ってもんがありますよね。
建築業界の中で言えば、梅雨時と夏が終わった後の秋雨前線って言うのが、一番の悩みの種の時期となるんです。
でも、そういった時期でも着工するお宅はありますし、天気予報も気になります。
さらには中尾建築工房の地鎮祭と言うと、神主様が人気のある神主さんにお願いをしている事もありまして、相当前から予約をしないと、神主さんを抑える事すら出来ません。
つまりは直前になって、天候が悪くても決行する必要があるんですよね。
では、もしも雨が降ってしまったらどうするかって言うと。。
hujisawashi-chougo-jichinsai.jpg
中尾建築工房にはファイナルウェポンがある(笑)
画像の通り、様は雨が降らなきゃいいんでしょ?!って事を言いたい!
私は当日、戸塚方面から藤沢市の長後方面に回って来たのですが、ぼちぼち雨が降ってました。
でも現場に近づくにつれ、お空に向かって一言を。
『そろそろ、現場近いから、雨あがってくれていいよ〜』
と言い放つと。。
『なんと言う事でしょう!』(ビフォーアフター風で)
こうやって、雨が上がってしまうんですよねぇ(笑)
ま、ここん家はご主人の日頃の行いも良いせいもあってか、割りと雨を飛ばすのは簡単でしたよ、うんうん。
でも、ご挨拶回りの品を購入している安田養鶏場のお母さんには『社長さ〜、いくらあんたでも今週の地鎮祭の天気は無理だろうねぇ。。』って言われていたんです。
そんな事無いんだな〜
やっぱり気持ちの問題って言うか、オーナーの日頃の行いって言うか、私の晴れ男っぷりパワーと相乗効果の得られるお宅の場合は、こうやって晴れるんですよね!
つまり、中尾建築工房で家を建てたオーナー様宅で、地鎮祭で雨が降ったとか、まさか無いとは思うけど雪が降ったとか。。
そういったお宅の場合は、もうはっきり言って、ちょっと日頃の行いを改めた方がいいかもしれませんねぇ。。
だって絶対に降るって言われていた予報を覆す、私のパワーはやはり健在でしたから!


そんなすこぶる絶好調な藤沢市長後での地鎮祭。
hujisawashi-chougo-jichinsai2.jpg
天気はご挨拶回りをさせて頂いた時間まで、雨は降らない様にしたのですが、やっぱりこういっためでたい日の雨は避けたいもんですよね。
ここで地鎮祭を執り行って頂いている神主さんについて、ちょこっと豆知識を。
中尾建築工房がお願いしている神主様は、猿田彦神社という神社さんにお願いをしております。
元々、猿田彦さんって言う方は、すっごい方なんです。
いつも神主さんが話してくれるから、私も記憶しちゃっているんですけど、こんな感じで説明をしてくれます。
天照大御神のお孫さんにあたります、ニニギノミコトが天孫降臨と申しまして、日本の国土を開拓する為に、天下って来る際のお導きをしたのが猿田彦と言われております。
そのため、猿田彦は国土の神様として崇められており、地鎮祭などには大変ご利益のある神と言われています。
って説明ですね。
私も、もう何十回聞いたか忘れてしまったくらい、聞いてますので、ありがたみはとっても身にしみる思いな訳ですね。
そんな梅雨時の中、地鎮祭を執り行った藤沢市長後の家。
完成宅地の分譲された土地になるのですが、すでに大手ハウスメーカー様が2棟、大手ローコストビルダー1棟、工事に取り掛かっておりました。
まだ、空いている土地はあるものの、すでに建築をされているお宅は全て大手になります。
そこに来て、中尾建築工房の家がドーーーン!っと建ってしまう訳ですよ。
もうはっきり言って、私の中では『勝負あったり!』って感じです(笑)
仕様の選定やデザイン面は私が担当しておりましたので、こちらの家はすでに私の脳内の中では完成しております。
ちょっと中尾建築工房の家の中では、変わった風合いかもしれませんが、その中でもカラーバランスなどは絶対間違い無いので。。
早く家が完成するのが楽しみな一邸ですね!
今年の頭から設計作業が始まった藤沢市長後の家も、こうして地鎮祭を迎える所まで辿り着きました!
まずは無事地鎮祭おめでとうございま〜す☆
だから言ったでしょ〜
私が降らないって言ったら、まず降りませんからね〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. アズボンヌの父 より:

    地鎮祭に、大雪を降らせた日頃の行いの非常に悪い金沢区の家の主です。(笑)
    昨日ハイデッキが、出来上がっていたので、素足で歩かせてもらいました。最高。
    ブランコも最高にかっこよくつけていただきまし た!
    引き渡しの日には雹(ひょう)を降らせますのでお楽しみに

  2. 中尾建築工房 より:

    アズボンヌの父さん☆
    やっぱり来た(笑)
    すでに中尾建築工房では『引き渡しの天気って、どうなっちゃうんだろうね〜』との話が出ています(笑)
    でもまさか雹?
    あるかもしれませんね(笑)
     

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です