横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

鎌倉・逗子・葉山・ちょこっと横浜エリアでの庭のお手入れ、リフォーム相談先

 
鎌倉・逗子・葉山・ちょこっと横浜エリアでの庭のお手入れ、リフォーム相談先
この記事を書いている人 - WRITER -

新築で家を建てると、家はとにかく良くなった!
でも、庭が・・・
という相談を、引き渡し間近になったりすると、相談を受けたりします。
その工事内容が建築的なモノであれば、中尾建築工房にお願いされても良いのですが。。
例えば植木だったり。。
樹木の伐採があったり。。
って事になると、私ではなく某造園業の方を紹介する様にしています。
理由としてはですね。
本来、職人って生き物は、クライアントに対してのコミュニケーションを取る事が苦手な人が多いんです。
腕は良いんだけど、ちょっと会話をしたりするスキルに関しては苦手な人がホントに多い。
でも、相手が現場監督とか、設計者に対しては、ま〜、普通に会話をする事が出来るんですよね。
ところが、その相手が一般の方になると、たちまち会話が出来なくって、なかなか話がまとまらなくなってしまうケースが実に多い。
では、元々大工の棟梁だったこの私、ある意味で言えばレア的存在な喋れる大工だったりします。
そうなんです、実は私の存在自体が割りとレアなタイプなんですよね〜(笑)
だいたい大工の親方って言えば、ねじり鉢巻に鉛筆差して、いつもブスっとしているイメージが多いと思う。
でも、私はTシャツ短パン、時にはビーサンな大工だったりするので、おそらく緊張感なく話が出来るんだと思います。
まぁ私の事は置いておいて、ご紹介をしている造園の職人さん、実は中尾建築工房で家を建てたオーナー様になります。
でも、仕事は代々続く逗子の造園職人さん。
何故にこの方を紹介出来るのかって言うと、一般個人の方に対して、きちんと会話の出来る職人さんなんです。
だから、ある意味で言えば、私達が間に入らなくても、この方とオーナー様と直接話をしてくれれば、いい提案が受けられると言う事がありまして、庭の相談をされる際には、『だったら吉田さんの電話番号教えます〜』的な話をしている訳なんです。
もちろん、紹介をしたからといって、賄賂とかはありませんからご安心を(笑)
その造園職人さんが、たまたま電話をくれまして、薪の元になる伐採した木を中尾建築工房に運んできてくれました!
yoshida-zouen.jpg
このアングルの吉田さんは、やっぱりオヤジさんに似てるわ・・
現場で伐採した木を頂けるので、後はもうすぐ中尾建築工房へと到着するであろう薪割り機が来れば、これらの玉を薪にする事が出来ます!
つまり、こうやって頂ける事から、私達も冬の暖房費が助かっちゃいます!
実は薪にも種類がいっぱいあるんだけど、中尾建築工房の事務所の場合は、常に冬は炊きつけているので、消費量が多いんです。
なので、広葉樹であれば、ほぼこだわらない。。
こだわり過ぎると、薪の種類にも制約が出てしまって、逆に貰えなくなっちゃうんですよね。
中尾建築工房の場合は、ある意味冬の暖房設備がStoveオンリーだから、ホントに薪を見ると安心します(笑)


yoshida-zouen2.jpg
ちょっとダンプのパワーが足らないらしく、半分以上の玉を降ろしてから、ようやくダンプアップ!
それでも上がらないので、吉田さん、手で荷台を半分持ち上げておりました(笑)
うちのダンプと勝負したら、絶対に負けないな・・
そうそう、この方が吉田造園の吉田さんです。
喋れる職人さんでもあり、提案力もかなり高い方だと思います。
やっぱりあれかね、昔、デザイン系のお仕事をしてたりとか、今でもお花を生けていたりするから、見た目は、もろ職人なんだけど、センスがあるんでしょうね。
ついこの前も、逗子の某お宅をご紹介して庭を吉田さんにお願いをしました。
そのオーナー様からは、ショートメールで『吉田さんにもイイ感じに庭を仕上げて頂きました!イイ方を紹介頂き、ありがとうございます!』とのお言葉を頂いております。
さらにこの人、某海岸線に建つ有名人のお庭も手を入れている方ですから、その腕前は確かですよ。
ま〜、そもそも金銭に関わらずに紹介するって事はさ。
この人だったら、だいじょうぶってお墨付きを付ける訳なんです。
そこで変な仕事されたら、私の顔って言うか、メンツって言うか。。
そういったモノを潰されてしまうと私も困ります。
でも、吉田さんだったら、まずだいじょうぶ!って思っているので、私達が関わらずでも安心してお勧めが出来るって事ですね。
これだけプレッシャー掛けると、おそらく吉田さん嫌がるだろ〜な〜(笑)
あんまり、プレッシャーかけないで下さいよ〜って(笑)

と言う事で、中尾建築工房には造園の事でご紹介出来る造園屋さんが居る。
せっかくなので、リンクでも貼っておいてみましょうかね。
割りと頻繁にブログなども更新をしておりますから、ず〜っと見てみると面白いかもしれませんよ〜
鎌倉・逗子・葉山・ちょこっと横浜エリアでの庭のお手入れ、リフォーム相談先は吉田造園で!
そ〜言えば、吉田さん、結構はずかしがりやなのか、ホームページとかブログでは自分の顔をあんまり分からない様な画像をアップしてる事が多いです。
でも、そんなの気にせず写しちゃったし、思いっきりブログに乗っけてしまった・・

まぁ、いっか(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 吉田造園 より:

    顔出しはNGです(笑)
    ちゃんと事務所を通してからにして下さいヽ( )`ε´( )ノ
    しかし軽トラの荷台もきたないなぁ(泣)
    早く工房のダンプ、お払い箱にならないかなぁ(*´Д`)=з
    いつでも連絡お待ちしておりますm(_ _ )m

  2. 中尾建築工房 より:

    吉田造園さん☆
    なんの芸能事務所ですか(笑)
    軽トラダンプの荷台はペンキかなにか塗って上げればよろしいのでは?(笑)
    中尾建築工房の軽トラダンプは、しばら〜くきっちりと使いますので、他をあたって頂きたいと思いま〜す!

  3. A Bread より:

    〈中尾個人的フェイスブックコメントより転記〉
    おめでとうございま〜す‼
    ついにこの日がやってきましたね♩♩♩
    船頭山ちゃんもきっと嬉しかった事でしょう

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です