横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色|造作机は施主施工でオリジナルが造れるか?

 
葉山町一色|造作机は施主施工でオリジナルが造れるか?
この記事を書いている人 - WRITER -

ん〜っと。。
先日、お引き渡し済のオーナーさんから、こんな連絡をもらいました。
家はこんな感じのテイストの家になりま〜す!
hayama-isshiki-o-zousaku-tukue.jpg
オリジナルデザインのロートアイアンの手摺は、やっぱり良い感じで映えていますよね!
んで、頂いた相談はこんな感じの内容です。
****ここから****
こんばんは!
実は作業机を作ろうと思いまして、考えてみたんですが…
中尾さんからみて現実的に大丈夫そうかどうか教えて頂きたいのです。
・机の天板は無垢集成材(タモorナラ)
・天板の穴は電源コード等を隠す収納
・コの字型に幕板を貼る
****ここまで****
こちらのオーナー様、相変わらず文章短いので分かりにくいのはいつもの事(笑)
でも参考の画は書いてくれてるみたいでした。


hayama-isshiki-o-zousaku-tukue2.jpg
ちょっと画とモノの縦横比が合ってないのは、一般のオーナー様が書いたって事でご愛嬌(笑)
そっか、そっか、こういったモノを作りたい訳ね。
ん〜っとね〜
Mailで返事するのは大変なので、私が直接Mailを貰った翌日に伺いました。
でも、その日はご不在・・
なので、こちらの方で説明をしておきましょう。
内容はこんな感じでしょ〜
・机の天板は無垢集成材(タモorナラ)
・天板の穴は電源コード等を隠す収納
・コの字型に幕板を貼る
まず奥行き500mmで、長さが2間(3640mm)近くもある事から、素材は確かに広葉樹か広葉樹の修成材になるでしょうね。
仮に集成材で造るのであれば、カウンター材を2枚購入してもらう感じかな。
机の真ん中にある引き出しは、側のみ、カウンターと同素材で造って、内部の方は軽いシナベニヤなんかで良いかと思います。
机の天板を支えるフレームは、カウンター材を切り裂いて、二枚に貼り付け合わせれば、充分強度のある柱や根がらみになります。
ただね、広葉樹の木はホームセンターで売ってないと思うし、おそらく長手に割いたり、接ぎ合わせるテクニックは持ってないだろうから、これは自分で中尾建築工房の作業場で造るしか無いと思います。
機械モノを結構触るだろうから、これは私が事務所に居る時じゃないと駄目ですからね〜
んで、天板の穴。。
これは全然問題無いと思います。
丸〜く穴をカットする為にはジグソーという工具を使って加工します。
ただ、広葉樹の厚モノをカットするのは、私の持っているハイパワーのジグソーじゃないと無理だから、これも作業場加工ですね。
後、コの字型に幕板を貼るってあるけど、どこの部分の事だろう。。
根がらみではないんだろうけど、カウンターの天板に幕板を付けるつもりなら、必要ないかと思います。
その変わり、広葉樹のカウンター材の厚みは30mmは必要でしょうね。
後はそうねぇ〜
多分、引き出しの部分なんかは、敢えて固定はせずに、フリーにも出来る様にした方が使い勝手としては良いかと思います。
引き出し部分の下にキャスターを付けて、天板との隙間は15mm程度の間隔を空けて、引き出し収納を造る。
そしてその隙間を埋めるのは、15mm程度のパッキンを2枚ほど挟んでおけば、充分天板の耐力は取れるかな〜と。
ま、好き好きだと思いますので、まずは頑張って造ってみてください!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です