横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町下山口|母屋解体前の配置確認!

 
葉山町下山口|母屋解体前の配置確認!
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はあっちこっちに行きましたねー
あっちこっちってどこよ?って聞かれそうなんですけど、主に私の嫌い系な所ばかりです(笑)
銀行に納税に行ったり、税務署に書類出しに行ったり、県税事務所には納税証明証を取りに行ったりで。。
こ〜ゆ〜仕事は、ど〜〜〜も私の性に合わないんですな・・
どっちかって言うと、現場行ってあ〜だのこ〜だの言ってる方が、と〜〜〜っても向いている気がします!
でも、これやらないと、建設業許可の変更が出来ないし、行政書士さんからも『書類まだですか!』って言われちゃっているので、仕方な〜く行きました(笑)
んで、今日は久しぶりのブログに登場となる葉山町下山口に建つ家の案件。
解体前の古家に、ちょっと保管しておきたい荷物があったりとか、近隣のご挨拶回りを行うお宅の現地確認って事でしたので、設計と監督とで建物の配置確認も含めて、現地に行くとの事でした。
ここはあんまりブログに登場する事が無かったから、全然進んでいない感じを受けた方も居らっしゃるかと思うんです。
でもねー、敷地条件にしても、工事をする条件にしても難易度高めな家でして、なにをするにも時間が掛かってしまうんです・・
さらに傾斜地である事から、配置が少しずれただけでも大変な事になってしまう訳なんですよね。
オーナーが声を掛けられた工務店さんの中には『設計と見積を辞退させて頂きます』って工務店さんもあったらしいレベルなものですから。
それだけに進行スピードも通常の家に比べて全然時間が掛かってしまうんですよね。
ま、でも、今年の2月頃に相談を受けたんですけど、建物や敷地の難易度と、高いスペックまでの打ち合わせを行っていた割に、おそらく業界的には京浜急行の快速特急並みのスピードで進んだんじゃないですかね。
そんな訳で難易度高しの現場となる訳で、設計施工の各担当者に任せてはいても、ちょっと私も気になる・・
なので私もちらっと行くか〜的な発想を出しまして、銀行さんを葉山の横浜銀行に行く事にし、ちょっとついでに現場にも寄る事にしたんです。
hayamamachi-shimoyamaguchi-s-kaitaimae-haichi-kakunin.jpg
『敷地どっから測ろうか・・・』って感じなのですが、敷地の形状がまず複雑だって事。
そして敷地は今立っている道路よりも下にあるんです。
さらに建築を行う敷地自体が傾斜地・・
なので、おそらく配置の確認は難航してるだろうなーっと。
職人さんの中では、こうゆうの得意な人と、苦手な人とはっきり分かれてしまうんです。
でもそこはやっぱり私がスーパー大工な訳ですから『ちょっとちょっと〜、俺も混ぜて〜!!』って喜んじゃう(笑)
なんて言うんだろうか、簡単な所よりも難しい方のが面白いって感じかな。


hayamamachi-shimoyamaguchi-s-kaitaimae-haichi-kakunin2.jpg
なので細かく敷地と道路の境界を結んで、さらに道路へ逃げ墨を付けて、その逃げ墨からメインとして配置を降りだす寸法図を設計に。
監督には水糸張りの一番適切な方法を指示しまして、大矩(おおがね)を振るようにと。
ま〜でもだいたいモノの10分位で、寸法を追う順番も書き込みまして、私は県税事務所に急ぐ事にしました。
hayamamachi-shimoyamaguchi-s-kaitaimae-haichi-kakunin3.jpg
地盤調査を行う上でも、基準となる場所を確定しなければなりません。
ここの土間コンクリート、厚みはどうだろうとか、簡単に壊れそうなのかとか、討論をしております。。
さすがにそのコンクリート、私のライダーキックでは壊れそうにありませんので、後日機械を持って来てから行う事に。
なににしても、まずは古家の解体もそうだけど、ちょこっとした土間を削るにしろ、ご近隣にご挨拶を済ませてからでないと、ここの敷地は。。
私の直感によると、相当どえらい事になりそうです。
なので挨拶廻りをきちんと行ってからの、機械使用にしておりまーす。
そうかー、ようやく挨拶回りって所まで辿り着いたんですよねー
設計当初は、どうしてもこの敷地だけが持つ景観を。。
何が何でも、残念な形にしたくないと言う思いがあって、こんな足場まで組んじゃった(笑)
でもようやく解体に入りますので、この足場もそろそろお役御免となります!
hayamamachi-shimoyamaguchi-s-kaitaimae-haichi-kakunin4.jpg
このアングルよりも更に高い所がリビングとなる訳でありまして、このレベルよりも更に良い景色が見える葉山町下山口の家。
な〜んか、やっぱりまだ葉山の夏は終わってないぜ!と思うのは。。
私・・だけ?(笑)
いやいや、これだけの案件ですから、私も超楽しみでーす!
そっかぁ・・
明日明後日の中尾建築工房の定休日は風が強いんだよなぁ・・
明々後日の挨拶回りの日は、あんまり風が無いんだよなぁ・・
挨拶回りだけだと私の出番は無いだろうから、地鎮祭の時に登場する事としよう・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. s内 より:

    中尾さんにお会いする前は、全然進まなくて、ほんとに建つのかな(建たなきゃいいのに)と思っていたのですが、お陰さまで超特急でここまでこれました。
    早く家建たないかな☆最近ここに住むのが楽しみになってきました。(男のロマンなんて私には関係ないと思ってたんですけどね、、何だかいい家になりそうです。)

  2. 中尾建築工房 より:

    s内さん☆
    おそらく御自身で思われる以上に良い家なんじゃないっすかね!男のロマン・・
    ロマンの無い男なんて、逆に言えばつまらないもんですよー
    だいじょうぶ、だいじょうぶ(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です