横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町堀内に建てる注文住宅|景観確認の巻!

 
  2019/05/03
葉山町堀内に建てる注文住宅|景観確認の巻!
この記事を書いている人 - WRITER -

 

先週末、葉山町堀内にてプランニングがスタートしたお宅があります。

 

さて、この敷地からは、果たして海が見えるのか?

 

それとも、海は見えないけれども、プライベートな空間を造る方が良いのか?

 

そんな事を確かめたいので、景観確認に行ってまいりました!

 

hayama-horiuchi-s-keikan-kakunin.jpg

 

この高さ、足場を組んだ訳ではなくて、スカイマスターって呼ばれる高所作業車を運転しておりまーす!

 

こうやって実際に建築可能な高さを見てみると、プランニングの理解度も、より明確に理解する事が出来ます。

 

さて、海方面の景色は果たしてどうなっているのだろうか?

 

hayama-horiuchi-s-keikan-kakunin2.jpg

 

これ、スマホのカメラで撮影した画像の3枚を合成した画像。

 

結構広く景色が分かると思うのですが、海に関してはなかなか・・・

 

これをちょこっと拡大してみましょう。

 

hayama-horiuchi-s-keikan-kakunin3.jpg

 

う〜ん、これだと全然分からないっすねぇ・・・

 

ではでは、以前に葉山町堀内に建てたルーフバルコニーのある家と景色を比較してみましょう。

 

hayama-horiuchi-s-keikan-kakunin4.jpg

 

ご覧頂くと、画像には同じマンションを確認する事が出来ます。

 

そこから少し右にずれていった場所に、江ノ島があるはずなのです。

 

けれども、高さ的に足らないせいか、江ノ島を確認する事が出来ません。

 

あるとするなら、この辺り?って書き込んだ場所に江ノ島が見えるはずなんですけどねぇ・・・

 

と言う事で江ノ島を確認する事は出来なかったですけど、プライベート感を満喫する為に、建築可能な高さでルーフバルコニーを造るプランニングになりました!

 

で、あれば!!

 

hayama-horiuchi-s-keikan-kakunin5.jpg

 

この敷地の場合、西側方面はなんだかんだと逗子の花火が見えたりとか、江ノ島方面が見えたりする訳です。

 

葉山の花火方面はもう少し真西だったか・・・まぁ、いっか・・

 

なので西側面に関しては、普通の手摺の高さで良いかと思います。

 

でも山側になる東南方面に関しては、こ〜んな感じでルーフバルコニーの手摺高さを調整すると。。

 

色々と見えていた周辺の屋根が見えなくなって、空と山の緑だけを切り取る事が出来るんです。

 

これをする事でルーフバルコニーの高さが40〜50センチ位下がるし、階段も二段分位は減らせる事も出来る。

 

壁が高い方が、奥様の要望通り、よりプライベートな空間を感じられると思います!

 

それに海はさほど見えなかったとしても、葉山には独特の夕焼けも見る事が出来ますからね!

 

と言う事で葉山町堀内に建てる新たなジブン・Style☆

 

果たしてルーフバルコニーを死守出来るのか?!

 

今からニヤニヤしておりまーす☆

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です