横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻PART3

 
家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻PART3
この記事を書いている人 - WRITER -

中尾建築工房の事務所近くにある通研通り。
横須賀市の中では桜の見所満載の場所でして。
今日も多少は雨に降られたけど、まぁいい感じで咲いてくれておりました!
iraira-max-shoukougun5.jpg
そんな桜を見ながら、気持ちい〜な〜なんて思っていたら。
急遽経理関係の事で、銀行、銀行、銀行・・
朝から超忙しかったので、今日のブログは書き溜めしておいた記事にて更新(笑)
家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻
家族で仲良く家造りが出来ない?|イライラMAX症候群の巻PART2
この手の更新をするとさ。
面白いのだけど、ある特徴があってさ。
み〜んな、コメントには入れて来ないけど。
結構、リアルで私に会った時、色々と聞いて来られるのよね(笑)
まぁ、言いたくても言えない事もあれば。
ちょっと恥ずかしいって事もあるんでしょうけど。
で。
ちょっと前に湘南スタイルマガジンの湘南家造りガイドに掲載されました!
って記事の時、湘南家造り相談室は、イライラMAXの話題だったんだって事をアップさせて頂きました。
その記事の最後に『投影』って言葉を私が使ったのを見て『なんすか、それ?』って聞かれる事が実に多かったんです。
投影って検索すれば、色々と出て来ると思うんですけど。
自分自身が。
無意識に行っているモノの見方。

と言えば、分かりやすいのかもしれない。
簡単に言うと。
自分自身の内側を、外側に投影する。
って事になるんです。
内側?
外側?!
なんすか、それ・・
と思われますよね。
内側って言うのは。
小さい頃に満たして欲しいと思っていた気持ちがあったとします。
その要望が満たされなかった場合。
満たして貰えなかったぁ・・・
うわぁ〜、認めたくないよぉ〜

と言う感じで、そこには心の傷的なモノとして記録されていくんです。


実は人間って、生まれた時から。
全てを外側に満たしてもらう気満々で、生まれて来ます。
だから、自分の脚で立てる赤ちゃんは居ないし。
自分で好きな様におっぱいを飲む事も出来ませんし。
分かりやすく言えば、かまってちゃんと言えば良いのかな。
だから、小さい子供って言うのは。
満たして欲しいと言う要望が強いですから、満たしてもらえるまでアピールしたりしますでしょ?
そして、アピールの度合いが過ぎたりすると、いきなり怒られたり。
そうすると、怒られるのは怖いから。
怒られない為に、親の顔色をしっかりとうかがってみたり。
怒られるのは怖いから、怒られない様にとことん我慢をしたり。
幼いながらに健気に、我慢、我慢、我慢〜って、してしまう。
さらにいい子で居る時は褒められたり。
いい子で居ると構ってもらえるから、必死にいい子になってみたり。
そこでも誉めてもらえるために、必死にいい子になって、刷り込みかの如く、我慢が連続して行われていく事になります。
そして。
あまりに満たされない事に気がつくと。
それがすっかり、怒りのパワーに変わってしまうので。
イライラMAXの出来上がり〜となる訳です。
いわゆるぶちギレですね(笑)
つまりイライラMAX症候群の方は、その要望が満たされていなかった。
だから、自分の内側が怒ってる状態。
そして外側って言うのは。
日々の生活だったり、実際に生活している社会だったりします。
ここまでの理論は理解出来たでしょうか?
で。
内側が怒っているから、ちょっとした事で。
相手にイライラをぶつけてしまったりするんです。
ぶつけられる方は、それって。
そんなに怒る事ないじゃんかー的な意見がほとんどですもんね。
様は、この様に自分の内側に怒りがあったりすると、外側に投影してしまうって事。
投影する原因は内側に怒りがあるから、外に対しても怒りを出してしまう。
しかも。
そのイライラされる外側での原因が。
全然、対した事でもないのに、イライラしてしまう。
だからイライラをぶつけられる方は、対した事でもないのに驚いてしまう。
となる訳なんです。
人間、自分自身の事には、なかなか気付けなかったりするんですね。
だから、廻りに居る方の方が、その人の事を分かっていたりするんです。
ヘタすると、自分がイライラMAX症候群に気がついていない。
そんな方も居らっしゃいます(笑)
と言うか。
むしろ。
『これが平常営業ですけど。なにか?』
と、思われている方の方が圧倒的に多い(笑)
イライラMAX症候群。
投影の原因は、こんなかんじ。
だから、イライラをぶつけられている側の方は。
まぁ、あんまり気にする必要が無いよね〜って事になります。
むしろ、身近にイライラMAXの方が居らっしゃる場合には。
中尾建築工房のブログ、見てみろよ!
俺(私)のせいじゃないよ!
投影してんじゃねーよ!
と、言ってあげるだけで良いのだと思います(笑)
後はねー
あまりにもイライラMAXモードで居ると。
知らない間に緊張状態を造ってしまう事にもなるんですね。
やけに肩がこったり。
体が硬かったり。
意味不明の痛みが体の節々にあったり。
薬を飲んでも頭痛が治らなかったり。
軽〜く、ウツっぽくなってみたり。
こんなのも、そんな症状の1つだったりします。
しかも。
24時間365日、緊張モードを継続していて、常に臨戦態勢なんですから。
体に良い事も無いですよね。
中尾建築工房には、医師の方がオーナー様に居らっしゃるのですが。
特にどうこうって事は無いのに、亡くなられてしまう方も居らっしゃるそうです。
病気では無いのに。
手術は成功しているのに。
なんて感じでね。
だから、イライラMAXモードで、ずっ〜っと居たりすると。
私は、早死にする原因にもなると思うんです。
とまぁ
だって24時間365日緊張モードで生きてる訳だから。
そんな感じでイライラMAXをお持ちの方には。
まずは自分がイライラMAXなのかを家族に聞いてみたりするのも良いですよね。
そうすると、思いがけない言葉が返ってくるかもしれません。
そして、少しでもそんな節があるのであれば。
そもそも、平常営業の自分をよくよく振り返ってみる事です。
そうしないとね。
知らない間に我慢、我慢、我慢〜ってやってる訳で。
そんな感じで生活してると、ず〜っと無意識の中で我慢を強いられる事にもなるんだそうです。
無意識だろうが、意識してる事だろうが。
いずれにしても、自分で我慢MAXを選んでいる訳だから。
そのままどうなるかって言うと。
一生涯、我慢、我慢、我慢の人生に、なるんだそうですよ。
一番手っ取り早いのは。
ヒーリングワークとか。
カウンセリングとか。
そういった所に行ってしまった方が、無理なくスムーズに改善されたりします。
で。
ここ、とっても重要なポイントになるのですが。
『自分は、そんなの行かなくてもだいじょうぶ』
と思っている方。
実はそ〜ゆ〜方ほど、最もヤバいんだそうです(笑)
これ、なんでそうだって言えるかって言うと。
実は私がプロの方から、そう言われた人だからなのです(笑)
だから、行ける人はとっとと行ってしまった方が良いのよね。
ただ、そこに絡んで来るのが、お金のブロック。
お金が掛かるなら、勿体無いから行かない。
って言う思考パターンになったりするんです。
イライラMAX症候群とお金のブロックは、結構セットの組み合わせになってるケースがめちゃめちゃ多いみたいです。
原因としては。
小さい頃に遡るのだけど。
こんな事を言われていた記憶って無いですかね。
お金は無駄遣いしてはいけない。
お年玉は使わないで貯金しなさい。
『あれ、欲しい!』
『駄目!要らないっ!!』

みたいな(笑)
子供って素直だから、そうせざる得ないのだけど。
ここでも人間って凄いなって思うのが。
しっかりと、その時の記憶が無意識で入ってしまっているんですから。
そんな理由で、なかなかお金を払ってまで、行けなかったりするんですけどね。
でもね〜、家造りする際にイライラをぶつけられる方としては。
お金が掛かっても良いから、取り敢えず行って来て!
と言いたくなってしまうのが、イライラMAX症候群な訳でして(笑)
廻りの方が教えてあげた方のが、むしろ好ましいのだと思う訳ですよ。
そこでお金を使ったり出来る様になると。
実は自然とお金も入ってくる様になるんだそうです。
私が自分自身で経験して思うのは。
ビフォーアフターで比較すると。
行く前。
感情麻痺モード24時間365日平常営業で爆発中。
だからそんなの全然気が付かない。
そもそも、俺って元不良だし。
キレるのなんて、当たり前だし。
それが俺って思ってるし(笑)
行った後。
相当、我慢し続けてきたんだなぁ・・
就職してからも、めちゃめちゃ働き過ぎてたんだなぁ・・
相当必死になって生きて来たんだなぁ・・
取り組む物事に対してどんだけ、夢中になってたんだろうなあ・・
良く死ななかったなぁ・・
って感じになりました(笑)
時間が経てば経つほど、180度真逆の考えにもなりましたしね。
後は慌てなくなったと言うのも、最近では感じる事かな。
面白いもんですよ、人間の心理って。
と言う事で。
イライラMAXをぶつけられている側の方は。
投影してんじゃねーよ!
と言ってあげた方が良いのかもしれませんね。
投影してんじゃねーよ!
きっと小網代辺りで、流行るかもしれないな・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です